格安SIMシェアNO.1の楽天モバイルの紹介

格安SIMシェアNO.1の楽天モバイルの紹介
楽天モバイル
格安SIM

楽天モバイルの紹介

知人が使ってる格安SIMシェア1位の楽天モバイル

前回デミオで紹介している知人(同僚)が使っている楽天モバイルの紹介です。

知人の協力を得て記事を書いてます。

MMD研究所調べによる最近の調査によると楽天モバイルが格安SIMのシェア

1位で22.2パーセントのシェアを獲得、前回紹介の【IIJMIO】は5位で7.3パーセント

BICSIMと合計しても9.9パーセントで圧倒的な差がついたようだ。

 

MMD研究所の調査は15歳から69歳の男女4万4541人を対象とした結果で

2月16日から2月22日の調査された結果であります。

 

MVNOの利用率は10.1パーセントに増加し、ワイモバイルと合計すると

13.9パーセントになり前年比3.1パーセントの増加になっています。

この分野は年々増加しており今後も目が離せないでしょう。

 

IIJMIOもフルMVNOを2018年3月から法人向けに開始していて

個人にも今後提供予定であり、楽天モバイルも第4の携帯会社参入を

正式に発表しており2019年を目指しているそうであります。

今後のこの2つの会社の展開は期待できそうで要チェックです。

楽天モバイルとは?

2014年10月より楽天グループのフユージョン・コミュニケーションズが

NTTドコモの通信網を利用した格安携帯電話としてサービスを開始

2015年12月には運営元がフユージョン・コミュニケーションズから楽天に移管

2017年9月26日にはプラスワンマーケティングが運営していたFREETELを買収

楽天なので楽天ポイントが貯まるのが一番の特徴でしょう。

あとスーパーホーダイ契約で最大20,000円のキャッシュバックなどの

キャンペーンなどが多いのと扱ってる端末の多さなどでしょうかね。

組み合わせプラン(※価格は税別)

月額料金 

プラン名 通話SIM050データSIM

(SMSあり)

データSIM

(SMSなし)

ベーシックプラン1,250円645円525円
3.1GBプラン1,600円1,020円900円
5GBプラン2,150円1,570円1,450円
10GBプラン2,960円2,380円2,260円
20GBプラン4,750円4,170円4,050円
30Gプラン6,150円5、520円5,450円

※スマホで表が改行される場合は今の所、画面を横向きにすることで解消されます。

  • プラン変更が可能(月1回まで)
  • 余ったデータ通信量は翌月に繰り越し
  • データシェア(ご家族、友人同士など最大5人でシェア)月額料金100円(税別)
  • 楽天スーパーポイントでの支払いも可能
Advertisement

スーパーホーダイ

一年目月額料金(楽天会員適用時)

1,980円(税別)

楽天会員でない場合は2,980円(税別)

2年目以降は2,980円(税別)

  • 通信速度最大1Mbps使い放題
  • 📞国内通話5分かけ放題

スーパーホーダイ料金※価格は税別)

月額基本料プランS

1年目(楽天会員適用時)

1,980円

ダイヤモンド会員適用時

1,480円

2年目以降2,980円

プランM

1年目(楽天会員適用時)

2,980円

ダイヤモンド会員適用時

2,480円

2年目以降3,980円

プランL

1年目(楽天会員適用時)

4,980円

ダイヤモンド会員適用時

4,480円

2年目以降5,980円

データ通信高速通信容量2GB/月高速通信容量6GB/月高速通信容量14GB/月
通話楽天でんわアプリ使用で5分以内の国内通話がかけ放題

※スマホで表が改行される場合は今の所、画面を横向きにすることで解消されます。

※その他、詳しい詳細は楽天モバイル公式ホームページでご確認下さい。

まとめ

格安SIMでシェアも1位であり、楽天ポイントもたまりますし

いろんなキャッシュバックなどのキャンペーンや

端末購入の割引などもあり、今ノリに乗ってる格安SIMであります。

今後も第4の携帯会社を正式に発表しており今後も期待が持てます。

やまとしも楽天モバイルかIIJMIOとどちらにするか迷いましたが

結果、IIJMIOにしましたが今なら楽天モバイルにしていたでしょうね。

格安SIMカテゴリの最新記事