2018年2月よりサイト運営開始、日々、見た目や記事の修正を頑張っていますので、何回も足を運んで下さいね。

ロリポップレンタルサーバーでコンテンツキャッシュ導入してみた。

ロリポップレンタルサーバーでコンテンツキャッシュ導入してみた。

【WordPressが24倍速い】コンテンツキャッシュ「ロリポップ」

 

ロリポップ「ライトプラン」コンテンツキャッシュ正式版

がはじまったようです。

1カ月前よりライトプランでもβが始まっていたようですが

気づかなかったので、今回の正式版より導入に至りました。

 

ロリポップレンタルサーバー

出典:ロリポップレンタルサーバーメールより

2018年5月8日仕事から帰宅後、いつものようにパソコンを立ち上げ

メールをチェツクをしてみると、【WordPressが24倍速い】コンテンツキャッシュ

の文字が目に飛び込んで来ました。

 

最近、アクセスが増えたせいなのか、Google chromeのバックグラウンドの問題

なのか、キャッシュの問題なのかブラウザがかなり重くなってなっていたので

これは、ぜひ導入しないとと思い、帰宅後すぐに記事を書きながら

導入することにしました。

 

※どうやらchromeのバックグラウンドの問題だったようで、軽くなりました。

 

サーバーの性能でWordPressブログのスピードの違いがあるようなので、

【WordPressが24倍速い】という言葉にはロリポップユーザーには

期待度が高いところでしょう。

 

ロリポップはお世辞にもスピードが速いとは言えないので、

とくにやまとしはライトプランですので、さらに遅いので早く

スタンダードプランに変更したいところですが、100記事以上

書くまではライトプランで頑張るつもりです。

 

少し調べたところ、ロリポップ「エンタープライズプラン」と「スタンダードプラン」

では先行でサービスがはじまっていて、ライトプランも2018年4月10日

ぐらいからβ版が始まっていたみたいで、今回のはロリポップ

「ライトプラン」の正式版になります。

Advertisement

ロリポップ「コンテンツキャッシュとは?」

 

ウエブサイトの表示速度の向上や安定した表示に役立つ機能です。

WordPress向けに最適化されたWPキャッシュ機能、画像やCSS

など静的なコンテンツをキャッシュする静的キャッシュ機能

あります。

特にWordPressなど、アクセスの度に表示内容を生成する動的な

ウェブサイトでは、アクセスがある度にウェブサーバーでの処理

を行う必要がありますが、コンテンツキャッシュを有効にする

ことでウェブサーバーでの処理を省けるため、表示速度の向上

が期待できます。やまとし

 

ロリポップコンテンツキャッシュ

出典:ロリポップより

 

やまとしの場合はWordPressですので、WPキャッシュの選択一択になります。

ロリポップ「コンテンツキャッシュ」導入方法は?

ロリポップユーザーページより、コンテンツキャッシュを選択し

下記がめんのOFFからWordPressの場合は赤枠のWPに変更すれば終了です。

ロリポップ(コンテンツキャッシュ)

出典:ロリポップより

 

ロリポップ「コンテンツキャッシュ」を確かめてみた

Googleのサイト測定サイトのPageSpeed Insights

で測定してみましたが、サイトのスピードの改善は見られませんでした。

 

こちらのサイトでも測定出来るので確かめてみて下さい。GTmetrix

 

サイトが混雑した時に効果があるのかも知れませんが、今のところまだ

導入したばかりで確かめようがありませんので様子をみたいと思います。

 

意図しないキャッシュが起こるとのことなので、自己責任で

導入してくださいとのことなので、よく確かめてから導入してください。

 

ロリポップ「コンテンツキャッシュ」まとめ

まだ、やまとしは導入したばかりですが、何回かスピードを計測

してみましたが改善はみられませんでしたが、他のサイトの情報に

よると大幅な改善がみられる方もいるようです。

 

今のところサイトによって大幅な効果がある方と多少の効果しか得られない

方の2パターンの感じがします。

意図しないキャッシュが起こる可能性もあるとのことなので

しばらく様子をみたいと思います。

スポンサーサイト

ロリポップカテゴリの最新記事