VTuber配信やテレワーク用途など入門用に購入したWEBカメラ「BSW505MBK」日本メーカー製をチョイス!

オフィスにて

入門用に購入したVTuber(Youtube)用途やテレワーク(ZOOM)用途などを見越して購入した入門用のWEBカメラを紹介します。正確には在庫がないので注文中で、予約キャンセルも可能の状態ですが商品自体が入荷したらメールが届くことになっていて、いつ届くかはわからない状態ではありますが特別急ぐわけでもないので入荷待ちの予約をしました。今回もAmazonでの購入で、商品を調べているうちに同モデルが3パターンあることがわかりましたので紹介していきます。

スポンサーリンク

所持しているノートパソコンのLenovo ideaPad C340(15)にはWEBカメラも標準装備ですがデスクトップPCのドスパラのGALLERIA RT5にはWEBカメラは付属していないので別途購入する必要がありましたので良い機会だと思いました。

今回購入したWEBカメラはBUFFALOの「BSW505MBK」というモデルでAmazonでは「BSW500MBK」 というモデルも販売されていますが「BSW500MBK」の方が無料でソフトがダウンロードできる分、高めの価格になっていますし、一時は40,000円の価格になっていますね!楽天では「BSW508MBK」という型番になっていますが「BSW500MBK」と「BSW508MBK」はCyberlink YouCam6 BE付属(要ダウンロード)となっていて「BSW505MBK」は記載されてないのでソフトは付属しないと思われますが、調べた限り情報が見つからなかったので商品が届いたら追記する予定です。

 

BUFFALOと言えば最近ポータブルSSDを購入したばかりでかなり快適に使えていますし、無線LANもBUFFALO製を使っているので個人的な信頼も高いです。

 

関連記事

購入したBUFFALOのポータブルSSDの「SSD-PSM960U3-B/N」が届いたので開封して使えるようにし、性能を計測していきたいと思います。容量が1TBで、価格も1万円少し(10,979円)で購入出来たのでコスパが[…]

ポータブルSSD

 

BUFFALOのWEBカメラ「BSW505MBK」を購入した理由と詳細

 

入門用のWEBカメラを買うならロジクールのウェブカメラC270nが鉄板って感じでしょうし、購入したソフト「3tenePRO V2+Live2D」で使うのにも良さそうですが、解像度が720Pと低解像度なのが個人的には気になるのでFHDのWEBカメラを探していたところBUFFALOの「BSW505MBK」が目に留まりました。記事作成時の表示価格は4,980円の価格ですが、右下にスクロールしていくとAmazon販売&発送では2,980円(税込、送料込)で購入出来ると記載されていますが、一時的に在庫切れで入荷時期は未定となっていますが入荷確定時にEメールで連絡があり発送時に料金が決済されるようになっています。キャンセルも可能になっていますが、特別、急ぐわけでもないですし、「3tenePRO V2+Live2D」や「Vroid Studio」や「Recotte Studio」などを覚えるのが先決で覚えるソフトがたくさんあるので時間かかっても2,980円でFHDのWEBカメラが購入出来れば良いかなと思ったのが一番の理由です。他にも基本的な性能も高く、プライバシーシャッターが標準で付いているので普段は閉じておけばいいので盗撮や消し忘れによる画像流出のリスクを軽減できます。

 

関連記事

以前の記事でVTuber配信用に導入した3teneFREE V2を使っていましたが、3tenePRO V2+Live2Dを購入しましたので導入方法などを紹介していきます。購入した理由は2020年9月30日まで特別価格で通常2,750円が1,[…]

3tenePRO V2+Live2D買いました

 

関連記事

VRoidスタジオを所持しているデスクトップパソコンGALLERIA RT5にダウンロードして久しぶりに使ってみようと思ったので、Windows版を使ってみたら以前よりもキャラクター作成が簡単になっていて、サンプルか[…]

VRoid Studio&Mobile

 

関連記事

[caption id="attachment_13350" align="alignnone" width="768"] © 2020 AHS Co.,Ltd.[/caption] VOICEROIDやVOCAL[…]

VTuberの集まり

 

 BUFFALOの「BSW500MBK」と「BSW505MBK」と「BSW508MBK」の違い

 

BUFFALOの「BSW505MBK」を購入予約中ですが通常モデルの「BSW500MBK」と楽天で販売されてる「BSW508MBK」も気になったので調べてみましたが、「BSW500MBK」と「BSW508MBK」にはCyberLink YouCam6 BE付属(要ダウンロード)で「BSW505MBK」は記載されていないのでその分、安い価格で購入出来るのだと思いますが、基本性能は同じようですが一応調べてみました。

 

 

型式BSW500MBK(通常モデル)BSW505MBK(Amazon販売)BSW508MBK(楽天販売)
インターフェースUSB2.0Type-AUSB2.0Type-AUSB2.0Type-A
ケーブル長2m(有線)2m(有線)2m(有線)
映像素子CMOSセンサーCMOSセンサーCMOSセンサー
有効画素数200万画素200万画素200万画素
最大解像度最大1920×1080最大1920×1080最大1920×1080
最大フレームレート30fps30fps30fps
ズーム機能フォーカス:固定フォーカス:固定フォーカス:固定
動画フォーマットMJPG(モーションJPG)/YUY2MJPG(モーションJPG)/YUY2MJPG(モーションJPG)/YUY2
焦点距離60cm~∞60cm~∞60cm~∞
開放F値F2.2F2.2F2.2
視野角度約120度約120度約120度
電源USBバスパワーUSBバスパワーUSBバスパワー
外形寸法(幅×高さ×奥行)80×51×50mm80×51×50mm80×51×50mm
質量約110g約110g約110g
製品構成取扱説明書/保証書取扱説明書/保証書取扱説明書/保証書
CyberLink YouCam6 BE付属不明(記載なし)付属
マイク内臓内臓内臓
プライバシーシャッターありありあり
価格(2020年9月08日時点)税込・送料無料5,280円4,980円(Amazon販売・発送は2,980円)4,370円

調べた限り型式の違いとソフトが付属するかの違いだけのようです。ソフトがいらない場合はAmazonの2,980円 がお得ですが在庫がないので待ちきれない場合は楽天で販売されている「BSW508MBK」が良いと思いますが値段的にいったら「BSW505MBK」にソフトが付属していても良い気がするので待てる方は記事の更新をおまちください。

BUFFALOの「BSW505MBK」シリーズの特徴

 

〇 約120度の広視野角レンズ搭載

大人数のZOOM会議などでは120度の広角視野は便利そうですが中央部分以外に歪みが出るようなので注意が必要でしょう。大体通常のWEBカメラは60度から70度のあたりなので貴重なモデルです。ゆがみの問題は実際に確認しないとわからないですので商品が到着したらブログやYouTubeで紹介予定です。

〇 盗撮防止にプライバシーシャッター

標準でプライバシーシャッターが付いている珍しいWEBカメラで個人的にはポイントが高いですし、さすが日本メーカーと思います。

〇 マイク内臓

内臓マイクが付いているのは嬉しいですがノイズキャンセリング月かはわかりません

〇 200万画素&最大30fps

フルHD(1920×1080)で30fps対応は最近は標準なので画質が気になりますね

〇 3WAYスタンド

ノートパソコン、液晶ディスプレイ、平面の3パターンの設置方法がありますがネジ止めしての固定は出来ない模様です。

〇 カメラの向きが自由自在に動かせるフレキシブルネック搭載

フレキシブルネック採用でカメラを前後左右に動かせます。

〇 CyberLink YouCam6 BE付属(BSW500・508MBKのみ?)

「BSW505MBK」はたぶん付属しないと思われますが、CyberLink YouCam6 BEが付属しダウンロードして使えるようです。フェイスログインやセキュリティシステムとしての使用や、ビデオ作成が出来るようです。ただソフトと干渉することも考えられますし、顔認証はいらない方には不要かも知れませんがソフトをダウンロードしなければいいだけなので付属するに越したことはありません!WEBカメラ単体では録画出来ないようなのでWindows10の標準の録画機能を使うか、ロイロゲームレコーダーなどを使うと良いかも知れませんね!

 

 

まとめ

 

ビデオレター

 

VTuber(Youtube)用途やテレワーク(ZOOM会議)など様にBUFFALOの「BSW505MBK」を購入しましたが、現在は在庫がないので入荷したらメールが届き配送されることになっています。最初は中華のWEBカメラも検討しましたが、最終的にはBUFFALOの「BSW505MBK」を選びました。ロジクール製のWEBカメラがベストだと思いますが、「BSW505MBK」も価格が安く、プライバシーシャッター付きでFHDなので入門用のWEBカメラには良いかと思いますが、不安材料としてはYouTubeやWEBでのレビュー記事がないことが気になりますが、そこは管理人(やまとし)がカバーするつもりです。TwitterでAmazonのリンクが大量に貼られているので購入者が多そうな気がしますが、在庫がなくて商品があまり流通してないのかも知れませんね!

グリーンスクリーンも購入してあるのでアイロンをかけて商品の到着を待つことにします。最悪購入出来なかった場合は他のWEBカメラを紹介することになるのでご了承ください。待ちきれなくて他のWEBカメラを購入する人が多いのかもしれませんね。使用目的はVRoid Studioやカスタムキャストで作成したVRMモデルを動かしてモーションを撮影するのに主に使う予定ですが、テレワークやZOOM会議などでも使うことを想定しての購入ですが実家にビデオレターを作成するのも良さそうですね!コロナ過で実家に帰省出来ない方も多いと思うのでたまには家族のビデオレターなどを送ると喜ぶかもしれません。広角なので家族全員が撮影できるのも非常に役に立ちそうですね!商品が届いたらブログとYouTubeでアップする予定です。

 

関連記事

グリーンスクリーン(布)をAmazonで購入し届きましたので、早速「DaVinci Resolve 16」で試してみることにしました。今まではグリーンスクリーン(布)を使ってクロマキー合成を試したことはなかったのでちゃんと綺麗に消せるか不安[…]

プーさん(グリーンスクリーン)

 

オフィスにて
最新情報をチェックしよう!