会社の近くの自動販売機にCoke ON対応自販機が設置されているのでCoke ON Pass(サブスク)を契約してみた

Coke ON Passを紹介

最近、Coke ONアプリを使った月額定額サービス(サブスク)が2021年4月12日より開始され、Coke ON対応自販機で毎日1本お好きなドリンクが飲めるサブスクサービスの「Coke ON Pass」が2021年5月31日まで半額で契約できるということで管理人も契約してみましたので紹介します。Coke ON Passが開始される少し前にCoke ONアプリを導入し、会社の知人にも紹介しましたが会社の知人の方が一足先にCoke ON Passを契約したと聞かされたので慌てて管理人も契約しましたが、支払い関連で少し時間を費やしてしまったので、その時のことや実際に購入して飲むまでの様子を紹介していきます。

 

Coke On Pass半額キャンペーン
継続利用でスタンプ2個-

 

 

以前の記事で少しだけ紹介していてPayPayを支払い方法に選んだことなどを書いていますので気になったら閲覧ください。

 

関連記事

モバイルSuicaに続きPayPay(ペイペイ)を導入したので導入理由や連携アプリなどを紹介していきます。2020年までは現金主義でしたが、時代に乗り遅れないようにキャッシュレス化を目指したいところですが、管理人が住んでいる地域はキャッシュ[…]

PayPayで購入を待つ人

 

関連記事

バーコード決済アプリPayPayを導入し、PayPay銀行アプリを導入したのでセブン銀行のATMでスマホATMというキャッシュカードを使わずにスマホで入金や出金などが使えるサービスを使い現金を3万円入金してみました。セブン銀行ATMでの取引[…]

コンビニに到着

 

スポンサーリンク

Coke ONアプリとは

 

Coke ONアプリとはCoke ON対応自販機でお金を使わずにキャッシュレス決済サービスを使い購入できて、ポイントを15本貯めると1本無料でドリンクが飲めます。ポイントを貯める手段が多くあり、一定歩数歩くことでポイントがもらえたり、ミニゲームなどでポイントが貯められたり、ポイントを使用してプレゼントキャンペーンに挑戦できたりと飽きさせない工夫がされています。

現金を入れて購入しポイントだけ貯めることも出来るのでCoke ON対応自販機をよく使う機会が多い方はアプリを入れておいたほうがお得ですし、節約にもなります。キャンペーンなども頻繁に開催されていて、すべてのことを把握するのは難しいですが大事なのは購入したドリンクについているバーコードも読み取ることを忘れないようにするのが大事で、1本ドリンク購入で確実に2ポイントもらえる(Coke On Passは購入しても付かないです)ので1週間ドリンクを購入しポイントを貯めると1本無料になるのでお得です。

Coke ONアプリの使い方は下記の公式ページを確認するかアプリ内の動画をみるとわかります。最初は動画も見ないで試したら時間かかりましたので1回は見ておきましょう。アプリのダウンロード数も2,500万ダウンロード以上と凄いですし、アプリの評判や評価も高かったので管理人もすんなりダウンロードしました。

 

 

アプリは下記からダウンロードできます。

 

Coke ON(コークオン)

Coke ON(コークオン)

Coca-Cola無料posted withアプリーチ

 

コカコーラのサブスクサービス Coke ON Passを契約するまでにしたこと

 

コカコーラが提供を開始したサブスクサービスは北海道で試験的に行ってから運用されたサービスで、ユーザーが継続して契約してくれたことから全国的な展開が行われたようです。音楽や動画配信などのサブスクサービスは多いですが、自動販売機を使った月額定額制(サブスク)は珍しいです。

サービスが2021年4月12日から開始されましたが、デビットカードやプリペイドカードが使えないとのことだったので自動更新されないApple Payを使いたいと考え、Apple Payが使えるように楽天カードのJCBカードを登録することにしましたが、契約者情報を更新していなかったことから予想以上に時間がかかりましたのでApple Payのクレジットカードに楽天カードを使いたい方の参考になればかと思います。

 

Apple Payに楽天カード(JCB)を追加する(トラブルあり)

 

楽天カードのJCBカードはかなり昔から使っている管理人のカードですが、生活用として使われているので自由には使えないカードになっていますがお金を現金で支払うことで使うことが許可されました(汗)自分のカードなのに(笑)

ApplePayだと自動更新されない仕様で月ごとに契約するので解約し忘れることがないので安心だと考えました。ApplePayを調べてみると使えないカードも多いようなので不安でしたが大丈夫でした。しかし本人確認で電話認証しかできずに営業時間しか電話がつながらない仕様で通話にお金がかかるのと次の日まで待たないといけないので調べてみたところSMS認証も出来るのを確認しました。電話でも認証できますがオペレータにApplePayに利用したい旨を伝えないといけないようです。

Apple Payを楽天カードを登録することは成功しましたが本人確認ができない状態になってしまいましたがさくっと終わらせたいのでSMS認証で本人確認することにしました。

SMS認証するには楽天カードの登録情報の携帯電話番号を記載する必要があるので、SMS認証ができないということは携帯電話の登録をしていなかったことになりますので登録することにしました。

ここでもトラブルがあり、世帯年収で情報が更新できなくて延々と世帯年収とカードのコードの入力の繰り返しになりましたが高めに世帯年収を入れることで回避できました。後でわかりましたが共働き時(夫婦両方正社員)の世帯年収が残っていてかなり高めの世帯年収になっていましたが現在はやまとし(正社員)奥さん(パート)となっていて若干世帯年収は下がっていますので、両方の年収を修正するか高めに年収を入れないと更新できないようです。しかもメールアドレスがDOCOMO(ドコモ)のメールアドレスになっていて、現在は契約していないので使えないメールです。キャリアのメールしか登録できないようなのでメールアドレスは削除し、PCのメールのみとしました。

なんとか無事に本人確認ができたのでApple Payにクレジットカード(楽天JCBカード)を登録ができました。

深夜にCoke ON対応の自動販売機の確認に散歩に出かける

 

自宅から近くのCoke ON対応自販機の確認に歩いて確認にいくことにしました。Coke Onウォークでの歩数を増やすせますし、きっかけとして散歩ができますので健康には良いですね!

 

サービス
Coke ONアプリの左上の三本線を押すとサービスという画面が表示されますが、そのなかにある(真ん中あたり)自販機検索でCoke ON対応の自販機を探せることができます。以前から自販機の位置を確認済みでしたが、自販機を実際に確認したことがなかったことと、その自販機で販売されているドリンクを確認したいので歩いて確認に行くことにしました。サービスのところにCoke ON Pass-定額サービス設定があるので覚えておくといいでしょう。自販機によって販売しているドリンクの種類や品数が違うのでとりあえず一番近くの自販機のラインナップを確認しておきたかったのが一番の理由です。一番近い自販機は建物内にありマップに表示された自販機でしたが、前日にGoogleマップでその先に自販機があることを確認しておいたのでそちらに行ってみることにしました。

 

マップにのっていない近くの自販機

 

マップにはのっていませんでしたがCoke ON対応の自販機でしたが、同じ種類が多すぎるのが個人的にはショックでした。会社の自販機ではペットボトルは130円から140円ですが、普通の自販機では160円でペットボトルの飲料は販売されていますね。ここで購入するとしたらスコールかGEORGIAのカフエオレのペットボトルですかね!

 

スコール
スコールを購入

 

Coke ON Passの使い方で気をつけることや詳細など

 

サブスク
半額キャンペーン

 

Coke ON Passは月額契約(サブスク)で1日1本どれでも好きな飲料をCoke ON Pass対応機で購入出来るサービスで、月額2,700円(税込)でご利用できますが、現在キャンペーンで2021年4月12日(月)00:00~2021年5月31日(月)23:59まで半額で利用できるキャンペーンを開催中です。月額2700円の場合は1本あたりの値段が90円前後になりますが、半額だと1本あたり45円前後になりますのでかなりお得で量販店やスーパーなどで購入するよりも安く購入できますし、原価に近い値段になると思いますので半額サービス中はコカコーラ側も利益はあまりでない気がしますが、継続してユーザーが利用することで利益が出るようになっているのだと思います。

対応の決済サービスはクレジットカードとApple Payでデビットカードやプリペイドカードは使えないので注意が必要です。クレジットカードは自動で更新されますがApple Payだと月ごとの契約になりますので安心なのでApple Payを選びました。

毎日1本で、買わなくても(利用しなくても)料金は変わらないので休みの日でも毎日自販機に向かい利用することが大事で、特に飲まなくてもお家の冷蔵庫や常温保存ストックするのが良いでしょう。なるべく近くにCoke ON Pass対応の自販機があることが望ましいですが、中にはCoke ON Passに対応していない自販機もありましたので注意が必要です。

 

非対応自販機

 

ポイントはつく

 

Coke ON Passは基本的にポイントは付きませんがバーコードを読み取ることでキャンペーン用のポイントは使えますのでドリンクに付いているバーコードは忘れずに読み込みましょう。

 

Coke ON Passの契約方法

 

Apple Payで支払い

 

Coke ON Passと書かれたバナーや左上の三本線のCoke ON Passの契約などから上記の画面にいきましょう。

 

お支払い方法を選択肢します。管理人はまずは2021年4月16日から4月30日までの契約になり、日割り料金で675円になりました。15日なので1本あたり45円になります。

 

チェックをつける

ご確認の上チェックを付けてApple Payで購入を押しました。

4月ご利用分
1日1本どれでもプラン

 

Coke ON Passを継続利用でスタンプ2つプレゼントのキャンペーンもお得です。

 

実際にCoke ON Passを使い購入してみる

 

Coke ON Passで購入

 

基本的に使い方は同じでCoke ON Passの場合は上に「Coke ON Passを使用します」と表示されますし、「交換する」と表示されますので確認しましょう。

商品を選んだら上にスワイプして購入しましょう。なるべく高いものを購入するのがお得でしょう。160円までのドリンクが対応とどこかで見た気がしますが、価格が高い地域はどうなるのかはわかりませんし、全ドリンク対応なのでどれでも大丈夫でしょう。

 

製品購入

 

製品を交換しましたとでるので無料交換チケットと同じですね。

 

15個貯まった
無料チケット

 

ポイントを15個貯めるとドリンクチケットもらえて、1本無料でもらえますがプレゼントすることもできます。ブログやSNSの企画でいずれは無料で1本プレゼントしたいところですね!管理人はもう2度めのチケットをもらっています。通常購入の場合は購入で1ポイント付き、ドリンクのバーコードを読み取ることで1ポイントつきますので1週間ほどで15ポイントは貯まります。

 

まとめ

 

コカ・コーラが提供する月額契約のサブスクサービス「Coke ON Pass」はキャンペーンで通常月額価格2,700円が1,350円となり1本あたり45円前後で2021年5月31日まで使え、お得なサービスなのでドリンクを飲む機会が多い方は契約するのがいいでしょう!

問題としては休み時にも自販機にいく必要があり、近くに自販機がない方はアプリを導入して自販機検索で探してみましょう。マップにない自販機も多く、管理人も使える自販機探しや製品のラインナップのチェックにでかけました。

Coke On ウォークの歩数稼ぎに利用するのもいいですし、健康のためのきっかけとして利用するのもいいでしょうね!

 

Coke ON ウォーク

管理人も歩いたので35,000歩クリアーで上記にある画像の無料チケットをもらい交換しました。

Coke On Passは管理人は5月31日まで利用し解約するつもりですが、ずっと使っているうちに気がかわる可能性もありますので、自販機探しやキャンペーンを利用しCoke ONアプリを使い倒そうと思います。お得なサービスなのでアプリを導入してポイントだけでもためてお得に節約生活しましょう

 

使用中のWordPressテーマ「THE THOR」
4.5



SEO対策済み、サイト高速化表示対応、AMP・PWA対応で商品管理機能などの高機能な設定が標準装備で、絞り込み検索機能も便利です。テーマ専用のフォーラムもありますのでサポートも安心です。まずはデモサイトでテーマをチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
Coke ON Passを紹介
最新情報をチェックしよう!