DaVinci Resolve 17が発売!?新機能を紹介するライブ配信も!期待したいことを書いていく

メールにDaVinci Resolve 17の新機能をご紹介するライブ配信のお知らせが来たので、TwitterやFacebookとYouTubeとインスタグラムのアカウントをチェックしてみたところ、Twitterアカウントはなぜか凍結されていましたのでビックリでした。

TwitterとYouTubeとFacebookでライブ配信を行うということで新機能に期待せずをいられないですが、DaVinci Resolve 16も覚えられないままDaVinci Resolve 17が発売されるでしょう。

はやければ2020年11月9日にも何か情報が入ってくると思われ、日本でも2020年11月10日にライブ配信が行われるということで期待が高まります。

 

DaVinci Resolve 17に期待することと新機能の予想

 

DaVinci Resolve の発表は最近は毎年4月に発表されていたみたいですが11月までずれ込んだのは理由があると思いますし、コロナウイルスの影響もあるかも知れません。

個人的にはiPhone12Pro以上に搭載されている新機能をもりこんだものになるのではないかと予想しています。

Apple Pro RAWやDolby Vision対応HDR撮影に対応などが主な内容でLiDARスキャナで取り込んだものを読み込めるように対応なども考えられるかもしれませんが、DaVinci Resolve 16でも既に読み込めるファイルが多数あるようですし、まだ試していなかったので読み込めるファイルなども試してみたいところです。

DaVinci Resolve 16ではHDR対応動画を扱うには有料版を購入しなければいけなかったですが、無料版でもHDR対応には出来るのではないかと思います。

有料版でApple Pro RAWやDollby Vision対応HDR対応などが可能ではないかとの予想です。

Boris FXのparticle illusionのバンドルも行っていたのでデフォルトで使える可能性も高いでしょうし、ARやVRなどの強化なども考えられますね!

 

DaVinci Resolve 17に期待すること

 

個人的にDaVinci Resolve 17に期待することを書いていきます。

管理人はスマホアプリのCapCutもたまに使いますが、スマホアプリの方が軽く簡単なUIで凄い機能が簡単に出来ますので、DaVinci Resolve 17でも軽いUIで後機能が簡単に使えることに期待します。

管理人はCapCutとDaVinci Resolve 16と組み合わせて動画編集をしようと考えていましたが、DaVinci Resolve 17一つで使えるようになるのに期待したいです。

テキストなどのエフェクトやアニメーションなどがCapCutの方が簡単にインパクトのあるテキストが作成できますのでDaVinci Resolve 17でもテキスト関連の機能を向上させてほしいと思います。

最近はスマホアプリで簡単に凄いことが出来るようになってきているので、簡単に高機能なことが出来るようにして動画編集の時間を短縮できるようにしてほしいと思っています。

まとめ

 

まだDaVinci Resolve 17の新機能についての情報は解禁されていませんが、個人的にも気になりますし良かったら有料版の購入も検討していきたいと思います。

iPhone12Proを購入したので動画撮影で綺麗な画質でアップ出来るようになったので、新機能でiPhone12に関連する機能が多数盛り込まれているのではないかと思っています。

新機能が発表や発売日が決定したら追記などで紹介し、DaVinci Resolve 17の無料版や有料版などの紹介もしていきたいところです。

 

Twitterのアカウントは凍結されていますので下記ののリンクからライブ配信をチェックしてみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!