閲覧いつもありがとうございます!フォローやシェアもよろしくです。

グーグルアドセンスに役立つ書籍を紹介

のんくら本
グーグルアドセンスマネタイズの教科書
グーグルアドセンスマネタイズの教科書

 

購入した「グーグルアドセンスマネタイズの教科書」の紹介と

ブログに関する書籍の紹介

 

グーグルアドセンス審査 合格前後から役立つ本

 

久々にワードプレスに関連する書籍を購入したくなりましたので、

グーグルアドセンスのマネタイズの教科書[完全版]を購入しました。

以前から存在は知っていて、アマゾンでのレビューなどを読んで興味を

持っていましたが、会社が繁忙期に入りじっくりと読む時間がないだろうと

判断して、購入には至っていませんでした。

しばらくして、会社が定時で帰れるようになったので何かWordpressの

書籍を購入しようと思いアマゾンで検索してみると気になる本が

目に止まりました。

 

下記の書籍「グーグルアドセンス攻略ガイドブック」

古川英宏さんの著書です。

 

値段も発売日も購入本と近くなにより安く、2,000円でおつりがくるので

どちらのグーグルアドセンスの本を購入するか悩みました。

そこでレビューを読んだり本のことや著者のこと良くを調べた結果

グーグルアドセンスのマネタイズの教科書[完全版]の購入に至りました。

 

古川さんのことは以前にサイトを閲覧したときに閲覧したことがあり

有名な方であると認識済みでしたし、パッケージの写真ですぐに

わかりましたので、どちらを購入するか悩みました。

正直、両方購入しても3,000円代で購入出来るので両方購入したい所

ですが、実際購入して理解するのに時間もかかると思いますし、

グーグルアドセンスのマネタイズの教科書を読んでアマゾンレビューの

評価が更に良くなったらこちらの書籍も購入したいと思います。

 

まずはグーグルアドセンスのマネタイズの教科書をまず読んで理解すること

が大事ですので、アドセンスの収益が改善しない場合はこちらの書籍も

購入しようと考えます。

 

 

こちらのアドセンス本はアドセンスの基礎、アドセンスの審査の

申請からアドセンスに合格することから始まり、広告の貼り方、

キーワード選定にアクセスの集め方など幅広く網羅されていて

グーグルアドセンスのマネタイズの教科書と同じく広く紹介

されていて、ブログ初心者から中級者向けの内容になっていると思います。

 

ただ、すでにアドセンスには合格しているのが決め手でこの書籍を

購入するのを断念しましたが、今後複数サイトを運営していくには

新サイトではまたアドセンスに合格しないといけませんので、

こちらの書籍を購入する意味があると思います。

 

最近はアドセンスに合格するのが難しいとの評判も聞きますので

1回でアドセンスに合格したとはいえ、さらにアドセンスの知識を得る

のも大事な事でしょうし、グーグルアドセンスの合格を目指す方には

こちらの書籍の方が良いかもしれません。

 

グーグルアドセンスマネタイズの教科書(購入本)

 

こちらの本は非常に人気で本の累計が2.3万部(6版)突破とのことで

非常に人気な書籍になってます。

書籍を書いている著者がのんくら(早川州)さんa-kiさん石田健介さん染谷昌利

さんと数々の書籍を書いてきた有名ぞろいの方たちです。

本の後ろの方に経歴が書かれていますが、凄い経歴の持ち主達で、4人で書籍を

完成させているので信用できる書籍であることは必然でしょう。

 

カバーに

プロが教える、10年先も安定して稼ぎ続ける50の王道

 

と書かれていますので、前から非常に気になっていました。

10年先のアドセンスを活用したブログは正直予想もつきませんし、

アドセンスに慣れてきたユーザもいるのでクリック率の低下も懸念

されますので、言い切れることに自信を感じますし、経歴を見たら

自信があるのもうなずけます。

 

著者の、のんくら(早川修)さんは月間最高670万PVも集める

凄い方で、様々な活動をなされていて、これだけのPVを集める方が

書いている書籍なら信用できる内容であると思いますので購入を

おすすめできますし、現在読んだ限りではブログ初級者から中級者には

おすすめ出来る内容になっています。

 

ブログ上級者が読んでも今までで培ってきた知識を振り返ることが出来る

でしょうし、人間覚えたことはすぐに忘れてしまうので改めて過去を

振り返り、復習するのもいいでしょう。

 

 

チャプター1から3までがのんくらさんが担当で「収益を安定して伸ばす

考え方とテーマの選び方」「AdsenseサイトのSEO戦略」「アクセスが安定

して集まる具体的なサイト構築の方法」が書かれています。

 

チャプター4石田健介さんが担当で、グーグルアドセンスチームに在籍していた

実績を生かし、アドセンスのことを丁寧に書かれています。

 

チャプター5ではa-kiさんが「オーソリティサイト」の構築術を紹介

 

チャプター6は再びのんくらさんの担当で考え方や解決法などのアドバイス

 

染谷昌利さんは全体の構成、監修役を担当しています。

良く書籍の名前で書かれていますので有名な方なのでしょうね。

内容はアドセンスの収益化の事でだけではなく、アクセスの集め方から

キーワード選定から記事を更新しなくても収益が落ちないテーマの

紹介などからグーグルアナリティクスの活用方法などアドセンス以外のサイトに

関することがまとめて書かれていますので、これ1冊で十分な内容になっています。

 

書かれていることはネットでの閲覧でも書かれていることが多いとは思いますが

ネットで情報を集めるのも時間もかかりますし、常時持ち歩き好きなときに

この本を読むだけで初心者から中級者には役立つ内容になっています。

 

ネットで書かれていることも信ぴょう性も不確実ですし、やまとしも

サイトにアクセスできなくなったりと何度か被害にあってますので

実績のある方が書かれた書籍の方が信用できます。

 

ツイッターのブロガー専用アカウント@Moppy_Rappyで

のんくら本購入したことを報告したら著者の、のんくらさんが

リツイートしてもらえましたので、びっくりしました。

Twitteのプロフイールで最高月670万PVがあることや

本が2.3万部突破していることを知りました。

フォロワーが6,000人台と有名な方にしては少な目ではありますが

もれなく、のんくら砲がもらえるかもしれないのも特典でしょう(笑)

 

少し調べてみたら購入した方をリツイートしているようですので、アピールすれば

のんくら砲がもらえるとおもいます。

期待した、のんくら砲は通常通りでしたが、今後伸びるかも知れませんので

期待しています。

 

まとめ

 

紹介したアドセンス本と購入本はどちらもおすすめ出来る書籍で

現在のブログの状況により、どちらを購入するか選択した方が良いでしょう。

出来れば両方購入しておけば、今後のブログ活動に多いに貢献できると思います。

 

やまとしも出来れば両方購入したいのですが、まだグーグルアドセンス

マネタイズの教科書もまで全て理解出来ませんし、少しづつ書籍で得た知識を

活用しながらアドセンスで収益化をしていこうと思います。

 

まだざっと読んだ感じでページ数や文字数も多く読むのに時間がかかると

思いますが、書いてある内容を実践するにはかなり時間もかかりますし、

この本を読んで色々とサブサイトの作成やサーバー変更する決心が出来ました。

 

閲覧者のお陰でこのサイトも他の方には全然及びませんが、ブログ運営1年で

5桁の収益が達成出来そうなので、サーバを移転したりサブPC購入や

書籍に充てていこうと思いますので、しばらくは赤字化するかもしれませんが

閲覧者のパワーをもらい頑張ってブログ運営していこうと決意させる書籍でした。

 

最初はアドセンス本より前にSEOに関する本を購入しようと思っていましたが、

購入したいSEOの書籍は値段が高いですし、この2冊を購入した方が得られる知識が

多いかも知れません。

 

購入したいSEOの書籍はこちら

 

 

購入してないこの2冊も、もしかしたら購入の可能性もありますので

購入したら紹介していこうと思います。

 

仕事が繁忙期であることなどから、購入するかはわかりませんが

1冊購入するだけでも内容を理解するのが時間かかると思いますので、

毎日持ち歩いて会社の昼休みの読みながら毎日少しづつインプット

していますので、ブログ運営で実際試してみて有効であると感んじた

ときは紹介していこうと思います。

 

詳しい内容は記載出来ませんが、値段も安く2000円でおつりがくる

格安な値段で内容が濃いのでおすすめできます。

 

グーグルの広告はほとんどの方が導入していますし、今後10年先も

安定してアドセンスで収益するには「グーグルアドセンスマネタイズの教科書」

は購入しておきたい1冊なので興味を持たれた方はぜひ購入を

おすすめします。

 

 

使用中のWordPressテーマ「THE THOR」
4.5

SEO対策済み、サイト高速化表示対応、AMP・PWA対応で商品管理機能などの高機能な設定が標準装備で、絞り込み検索機能も便利です。テーマ専用のフォーラムもありますのでサポートも安心です。まずはデモサイトでテーマをチェックしてみましょう。

のんくら本
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク