メニューアイコンの中に最近の投稿があります。

アフィリエイトの広告選びで賢い方法を伝授

ビールの宣伝用広告

サイト(ブログ)で収益化を図るのにアフィリエイトの広告選びは大切ですが

どの広告を選べば良いか悩むことが多いでしょう。

 

ブログ1年目はアドセンスを中心に広告を貼って来ましたが

少ないPVでも収益化が出来るアフィリエイト広告も試してみたくなり

現在使用中の「ワードプレステーマ THE THOR」タグ管理機能を使い

閲覧数やクリック数などの情報を計測してどの広告が需要があるのかを

調べています。

 

下にあるのがザ トールのタグ管理機能です。

アフィリエイトリンクが画像とボタンに一つずつと紹介投稿記事へのリンクが

一つ貼れますが、リンカーやカエレバやアマゾンアソシエイトポストほど

使い勝手が良いわけではありませんが、閲覧数やクリック数などが簡単に計測

出来るのと一度作成すれば簡単に設置出来るのが魅力です。

 

使用中のWordPressテーマ「THE THOR」
4.5

SEO対策済み、サイト高速化表示対応、AMP・PWA対応で商品管理機能などの高機能な設定が標準装備で、絞り込み検索機能も便利です。テーマ専用のフォーラムもありますのでサポートも安心です。まずはデモサイトでテーマをチェックしてみましょう。

 

現在はamazonアソシエイトの広告A8 ネットの広告を中心に貼っていますが

amazonアソシエイトの広告はA8ネットでも貼れますし、昔はもしもアフィリエイト経由

貼る事が多かったですが、閲覧者がリンクを確認した時にアマゾンのリンクの方が

安心感があるのではないかと考えてamazonアソシエイトのリンクをそのまま貼っています。

 

閲覧者の立場になって考えるとamazonのリンクがA8.ネットやもしもアフィリエイトの

リンクの場合にアマゾンのリンクではないと判断された場合にクリックされない可能性を

考慮しての判断です。

 

実際のところA8ネットやもしもアフィリエイトの方がランクを上げるのに貢献できるので

A8yaもしも経由でリンクを貼りたい所ではありますが、アマゾンアソシエイトツールバー

で簡単に広告を貼れますし、アマゾンのリンクでの安心感が閲覧者にはあるであろうと

思いアマゾンのリンクをそのまま使っています。

 

ネコ(バッテン)
通りすがりのネコ
あれ?アマゾンのリンクじゃないニャン!A8? moshimo?って何?

 

やまとし
アマゾンのリンクですよ~(汗)

さて、アフィリエイトの広告の賢い選び方ですが、広告主に立場になって考えると

広告をアフィリエイターなどに頼んでも集客して利益を出したい広告主と

自社でも集客と収益化が出来るが、さらに規模を拡大したい狙いがあると思います。

後者の場合は審査があることが多く広告主のサイトにマッチしたサイトか

PVの多いサイトや収益化ができているサイトしか審査に合格することが出来ないですが、

それでも随時募集で全てのアフィリエイターを受け入れている広告主もありますから、

まずはその中から広告主を選びましょう。

 

広告を貼るアフィリエイターの立場で考えると前者の場合は自社で集客と収益化が

出来ないのでアフィリエイターや企業に広告を貼ってもらい集客化と収益化を

図る目的がありますが、広告主のサイトで集客出来ていない場合、人気がないもしくは

サービスを始めたばかりで集客出来ない可能性がありますから、アフィリエイターに

とっては広告を貼ってもクリックや収益化が出来ない場合がありますのでまず

広告主のサイトにどれぐらいの閲覧者があるのかを調べる必要があります。

 

人気のない広告主の広告を貼っても広告の配信を停止にされる可能性もありますし、

ほとんどの広告主がNoFollowですから集客化に手を貸しただけに終わる可能性も

ありますし、リンク切れでSEOがマイナスに作用する可能性もありますから

なるべく自社でも収益化や集客化が出来ている広告主を選びたいところです。

 

広告マーケティング

 

  
スポンサーリンク

Ubersuggestで広告主のチェックをする

 

Ubersuggest

Ubersuggest

 

競合他社の調査やキーワードのボリュームや候補などののSEO分析で定番の

サイトで無料で使えることから人気が高いので、管理人(やまとし)も

使っています。

 

企業や個人主で余裕のあるところは有料のツールを使っているかもしれませんが

このサイトだけでほぼ十分すぎるSEO対策が出来るのでまだ活用していないかたは

導入してはいかがでしょうか?

 

このサイトで広告主のサイトにどれぐらいの閲覧者が訪問するか調べることが

出来ますから、広告主のドメインをコピペしてサイトのボリュームを調べてみましょう。

この調査であまりにもサイトのボリュームが少ない場合は自社での集客が出来ていない

ことになり、広告を貼っても収益が出ない可能性が高くなります。

 

他にも調査してみてデータがまったくでない場合もあります。

この場合は疑ってかかった方が良いと思いますし、広告を貼るのを見送った方が

良いと思いますが、意図的にデータを調査されないように対応しているサイトも

あるでしょうから一概には言えませんのである程度名前が知れた広告主の場合は

提携して広告を貼って試すのも良いでしょう。

 

広告をクリックされて収益がでても報酬がもらえなかったりする可能性もあるので

広告主の実態がわからない以上信頼関係が築けないからです。

neilpatel.comで広告主のボリュームを調べて、ある程度の集客化が出来ているサイトは

人気の証拠ですし、収益につながる可能性が高くなるので広告を貼る価値が

ありますから提携しておくことをおすすめします。

 

あまりにも広告主のサイトに訪問者が少ない場合は収益が発生しない可能性が高く

なりますので、提携を見送った方が良いですが、新規サイトで収益化できそうなら

提携して試すのも良いでしょう。

ただ余りにもアフィリエイト広告だらけのサイトになってしまうと広告がうざいと思われて

サイトの離脱率が高くなってしまいますので広告の貼りすぎには注意しましょう。

 

競合相手を調べて広告を探す

 

 

 

上記で紹介しているubersuggestの使い方は検索すると紹介されているサイトも

多いと思うので使い方を覚えておいてください。

 

日本語に変換出来ますので、簡単に使えるとは思いますが、たまにおかしいワードに

なることもありますので、翻訳を原文に変更したり日本語に変更したりして

確認しないとおかしいワードを貼ってしまう可能性もあるのでちゃんと確認が必要です。

 

どの広告を選ぶかも競合相手がどのような広告を貼っているかを調べれば良いでしょう。

競合相手の検索ランキングで1ページに表示される相手がどのような広告を使っているかを

とことん調べれば参考にできるサイトが見つかると思いますので、収益化できそうな広告を

見つけたら真似して試しに貼ってみて、収益化できるか調べてみると良いでしょう。

 

後は各ASPの人気の広告を選ぶのも良いですが、なかなか自分の記事にマッチした広告が

見つからない場合も多いと思いますのでたくさんのASPに登録して自分のサイトにマッチ

した広告を探すのが良いでしょう。

 

ブログで広告の収入を得るにはこのような調査も大事で記事ばかり書いていても

PVは増えてもなかなかブログでの収益化が出来ないサイトも多く、低PVでも収益化

が出来ているサイトもありますので、今後の事を考えて低PVでも収益化出来る

サイトを目指すのが今後の運営に役立つのではないでしょうか?

 

まとめ

 

マーケティングが大事と黒板でアピール

 

低PVでもアフィリエイト広告ならグーグルアドセンスより収益化が

出来ますが、広告の選択を間違えると収益化が出来ませんので

広告主と競合相手をよく調べる事で収益化出来るサイトが出来る確率が

アップしますので、記事作成だけではなくインプットも大事にして

ブログやサイト運営で収益化を目指しましょう。

 

a8ネットはアプリもありますので、収益の確認も簡単に出来るのと扱う広告数

も多いので初心者からベテランのサイト運営者でも満足出来るのではないでしょうか?

ランク制のために収益を上げないと新しいプログラムが使えないASPが多いので

なるべく同じASPを使った方がランクを上げることが出来るのでおススメですが、

ASPにより扱う広告なども違いますのでなるべく多数のASPに登録して、自分のサイトに

マッチした広告選びをしましょう。

 

グーグルアドセンスでも特化ブログならジャンル次第ではクリック単価をあげられるので

大きく稼ぐことも可能ですからアフィリエイト広告かグーグル アドセンスかどちらかを

選んでブログ(サイト)の収益化を目指しましょう。

 

無料ブログならCocoon(コクーン)、有料テーマではTHE THORやDIVERやアフィンガーなどで

商品管理機能(タグ管理機能)が備わっていますので閲覧数やクリック数などを計測して

収益化できそうな広告を探しながらサイト運営を頑張りましょう。

サンコーレアモノショップ
4.35



「レアモノ家電」からネタになる面白い家電などが満載でTVでも数多く紹介されています。実店舗もありますので近くに店舗がある方は寄ってみてはいかがでしょうか?

ビールの宣伝用広告
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク