閲覧いつもありがとうございます!フォロー&シェアよろしくお願いします。

購入したipadの設定をしてみた

ipadの初期設定を紹介

前記事で購入したipad mini 新型の開封の儀を行いましたが

今回はipadの設定を行っていきます。

ipad初回設定時はスクリーンショットが行えないため画像は無しになりますが、

後で追加すると思います。

 

関連記事

待ちに待ったipad mini(アイパッドミニ)の新型がApple公式から届いたので開封の儀をしたいと思います。到着したのは2019年4月7日に到着しました。クロネコヤマトの配送状況を確認してみるとipad mini新型が中[…]

購入したipad mini5とスタイラスペン

 

設定自体は後で設定出来るので割とスイスイといくと思いますが、パスワードなどを

忘れていたりして、スムーズにいかないこともあるかも知れません。

 

はい、(管理人)やまとしのことです(笑)

ブログを更新した後にipadの設定を急いで行いましたが、結局もう1回やり直ししました。

ipad(第3世代)からのデータをそのまま移行しましたが、やっぱり新しいipadは

全て新しい真っ白な状態から始めてみたいと思いましたので、いったんデータを削除して

新しいipadとして設定し直しました。

 

初回はiTunesバックアップから復元でおこないましたが、古い設定が残っていたので

Apple IDが違うトラブルでパスワードが設定出来ませんでしたが、その後何とか復旧

したので、そのまま使っても良かったのですが、やはり新しいipadとして使いたくなったので

設定し直しました。

 

  
スポンサーリンク

ipadの初期設定を設定

 

ipadの初期設定は後で行うことが出来るので段取りが良ければ

すぐに終わりますが、それでも待ち時間などがありますので余裕を

持って設定した方がいいので、遅い時間に設定を始めて手間取ると

中々、眠れなくなるので時間に余裕を持ってipadの設定に望みましょう。

 

1. 言語設定と国の地域を選択

 

まずはipadの言語設定からです。

もちろん住んでいる地域は日本だと思うので日本語を選択します。

次に国または地域を選択という設定ページになると思いますので

こちらも日本を選択します。

2. クイックスタート

 

こちらはIOS11以降を搭載したiPhoneかipadをお持ちの方は近づけると

自動的にサインイン出来るようですが、やまとし(管理人)はIOS11対応の

ipadやiPhoneを所持していないので、下にある手動で設定を選択しました。

 

3. キーボード

 

こちらはデフォルト(そのまま)で次へを選択しました。

  • 日本語かな 
  • 日本語ローマ字          ✔
  • 絵文字         ✔
  • English(japan)             ✔

上記のような設定になっていますので、デフォルトで良いと思いますが

中には日本語かなの方がいいという方がいたら変更しましょう。

ipad mini新型
4.7

ipad mini Wi-Fi 64GBモデル シルバー
7.9インチ A12 Bionicチップ搭載
2,048×1,536ピクセル解像度
Apple Pencil(第一世代)対応
持ち運びに便利で最新iphoneと同等の性能
なので電話機能がいらない方にはおすすめです。

4. Wi-Fiネットワークを選択

 

こちらは自分の自宅や会社やフリースポット(無料Wi-Fi)などを選択した後で

パスワードを入力してください。

ipadのWi-Fi+Cellularの方でWi-Fiが不要な方は設定を飛ばしても良いでしょう。

終わったら次へを押します。

 

5. データとプライバシー

 

ここは特に読むだけで続けるを選択で良いです。

時間に余裕がある場合は詳しい情報を見ておきましょう。

 

6.  Touch IDとグリップ調整とパスコード

 

ここはipadの指紋認証とパスコードをを設定できますので、時間はすぐに終わり

ますので忘れないように設定しておきましょう。

Touch IDは後でも設定出来るので、忙しい方はあとで設定でもいいでしょう。

通常は続けるを選択します。

指の指紋を当てながらホームボタンを押していくと設定が進んでいきますが、

次にグリップを調整という設定になりますが、

同じくホームボタンに指を当てながら指紋を当てていきます。

終わったら続けるを選択しパスコードを作成になります。

6桁の入力すべて入力しないと次にいけませんので

パスコード6桁を考えておきましょう。

下の方にパスコードオプションというのがあり、パスコードの

桁数の変更やカスタムの英数字の組み合わせなど色々と出来るようですが、

あまり難しくすると忘れてしまう可能性もありますので、ご自身で考えましょう。

後でも指紋の追加も出来ますので予備にあと一つぐらいは作成しておきましょう。

 

7. Appとデータで確認

 

iCloudバックアップから復元
iTunesバックアップから復元
新しいipadとして設定
Androidからデータを移行
上記の4つの中から選択することになります。
最終的に管理人(やまとし)は新しいipadとして設定を選択しましたが
これは各自の環境で選択する項目ですので良い選択をしてください。
ちなみにiTuneバックアップから復元はPCとの接続が必要で、
ipadをitunesに接続する必要がありました。
新しいipadとして設定はPCとの接続が不要でした。
iTuneからバックアップ

8. Apple ID

ここはApple IDを設定する必要がある重要なところなので
間違えないように気を付けましょう。
既に所持している方はそのIDを入力または新規で作り直すか
選択する必要があります。
その後にパスワードの入力が必要です。
後でも設定出来そうなので、急ぎたい方は後回しにしましょう。

9. セキュリティ&電話番号

アカウントの本人確認の為に2ファクター認証が必要ですので
電話番号を入力しましょう。
SMSか音声通話の確認でコードが送られてきますので、保存可能な
SMSがいいと思いますのでスマートフォンの電話番号が良いでしょう。

10. 利用規約

ここは利用規約を見るだけなので、利用規約に同意するだけで良いです。
後からでもいいので良く読んでおきましょう。

11. エクスプレス設定

ここはipadを探すのサービス用に位置情報の設定やApple製品のサービスの品質向上に
協力するかどうかなどの設定になります。
設定のカスタマイズなども出来ますので、後回しでも良いと思います。
終わったら続けるを押します。

12. ipadを常に最新の状態に

ここは続けるでオッケーです。

13. Apple Pay

ここはクレジット情報などの登録などで時間かかるので
後回しで良いでしょう。

14. iCloudキーチェン

ここも後回しで良いでしょう。
iCloudキーチェンを使用しないも選べますが、続けるで良いでしょう。
基本的に後で設定出来るので、どんどん後回しにして先に進みましょう。

15. Siri

 

ここから設定が前後する可能性がありますが、ご了承ください。
ここは音声アシスタントSiriの設定になります。
ここは初回は先に設定しまして、2回目は飛ばせたので設定が残っていたのかも
知れませんが、基本的に飛ばせないものは設定しておき、飛ばせるものは
後回しでじっくりと設定した方が良いでしょう。
何回か言葉をスピーカーに向かって会話しないといけませんが、深夜に喋るのは
迷惑をかける可能性もありますので、はやめに設定しておきましょう。

16.スクリーンタイム

ここは時間制限が設定できて、ipadを子供などが使いすぎないように
スクリーンタイムを設定できる設定ですが、個人的には使わない設定なので
後回しにしました。
小さいお子様やこどもがゲームなどで遊びすぎないようにする設定です。

17. App解析

ここはAppの品質向上に協力するかしないかの設定なので
ご自身の判断で決めて下さい。

18. True Toneディスプレイ

ここは自動的にipadの明るさを調整するかしないかの設定です。
とりあえず自動調整にしてみましたが、True  Toneなしを試すことも
できますのでお好みで選択しましょう。
まずはTrue Toneディスプレイを試してみて不満がでたらTrue Toneなし
にして、お好みの明るさに調整した方がいいでしょう。

19. 説明

 

後は使い方の簡単説明になります。

基本的な使いかたなので必ずマスターしましょう。

 

  •  Dockに素早くアクセス
  • 最近使用したAppに切り替える
  • コントロールに素早くアクセス
後はようこそipadへと表示が切り替わるので設定は終了ですので
飛ばした設定をしたり、アプリを新規でインストールしたりと自由に使いましょう。
下記画像は設定が終了して初期画面です。
ipad mini5初期画面
ipad mini5初期画面

 

下にあるのはipad ミニ用に購入した100均のタブレットスタンドです。

収納用の入れ物も100均でとりあえず購入しておいて、後から

ipad mini5用のケースなどを購入予定です。

ipad mini4のケースはマイクの位置や音量の位置などの違いから

流用は出来ないようです。

 

アップルペンシルの代用で購入したコスパの良いこちらのスタイラスペンも

2つのペン先の反応も良かったのでおすすめです。

 

 

関連記事

スタイラスペンをipad mini用とandroid用に購入しました。購入したipad miniに使う為とandroidでも使うつもりでのスタイラス購入ですが、本音はアップルペンシルが高価であることから、アップルペンシルの[…]

スタイラスペン購入

まとめ

ipadの設定をやり直ししましたので、結局2回設定しましたが
1回目の設定が残っていたのか飛ばせた設定がありました。
基本的に飛ばせる設定は後から設定した方が設定画面なども設定しやすく
なっていますので、後から設定が簡単で素早く設定できます。
一番の問題は新しいipadとして設定するか以前の設定などを引き継ぐかが
悩むところではありますが、Apple IDだけ引き継ぐことも出来ますので
そのまま新しいipadで設定しておきApple IDを引き継ぐのが設定自体は
素早く終わりますし、簡単ですが個人のお好みで設定した方が良いでしょう。
少し説明不足ではありますが、画像や文字を追加してわかりやすくしていく予定
なので、またの閲覧で参考にしてもらうと幸いです。
この後もipad miniの設定などを紹介していく予定です。
関連記事

2019年3月19日、突然発表されたipad mini5(アイパッドミニ5)と言われていた、ipad miniの新型が発表されました。 合わせてipad Air(アイパッド エアー)の新型も発表されどちらを[…]

ipad mini新型
4.7

ipad mini Wi-Fi 64GBモデル シルバー
7.9インチ A12 Bionicチップ搭載
2,048×1,536ピクセル解像度
Apple Pencil(第一世代)対応
持ち運びに便利で最新iphoneと同等の性能
なので電話機能がいらない方にはおすすめです。

ipadの初期設定を紹介
最新情報をチェックしよう!

パソコン関連の最新記事8記事