2018年2月よりサイト運営開始、日々、見た目や記事の修正を頑張っていますので、何回も足を運んで下さいね。

ライオンメディア【カスタマイズ】アクセス解析設定、CTA設定

ライオンメディア【カスタマイズ】アクセス解析設定、CTA設定

ライオンメディア【カスタマイズ】アクセス解析

 

アナリティクス

今回はアクセス解析設定とCTAの設定を紹介していきます。

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスは

ブログを運営していくうえで必須ですので

まだ導入していない方は、導入して閲覧者の

解析(アナリティクス)をしていきましょう。

 

ライオンメディアではコードの設置も簡単に

設置出来ますので初心者に優しいテーマになっています。

■Google AnalyticsのトラッキングID

 

Googleアナリティクス トラッキングID
Google AnalyticsのトラッキングIDを入力

■AMP用のGoogle AnalyticsのトラッキングID

 

AMP用のGoogle AnalyticsのトラッキングID
AMP用のGoogle Analyticsの

トラッキングIDを入力

 

上記と同じでも構いませんが、

別々に設定することが推奨されています。

ここの設定は同じにするか別にするか分かれるかと思います。

Googleでは別々にすることが推奨みたいですが

AMPページと普通のページで2つにアクセスが分かれるため

別々に分析しないといけないので人によって設定が

変わるのではないでしょうか?

やまとしは、一応、同じに設定しています。

■Google Search Consoleの認証ID

 

Googleサーチコンソール 認証ID
Google Search Consoleの認証IDを入力

最後の”**********”の**********だけを入力

ここのページを見ている方なら両方のサービスに登録済みだと

思うのでIDの設定をして下さい。

簡単に設定出来るようになっているので、親切だと思います。

 

やまとしはAll in One SEO Packを投稿日に導入しました。

こちらを導入済みなら、もしかしたらここの設定は省けるかも

知れませんが、まだ特に設定してないのでまだ分かりませんが

プラグインの不具合などがあるかもしれないので、

一応設定していた方が良いでしょう。

Advertisement

ライオンメディア【カスタマイズ】CTA設定

■記事下CTAボックス設定

 

CTAボックス
記事下CTAボックスの表示/非表示を選択

  • 表示しない(default)
  • 表示する

記事下CTAボックスのタイトルを入力

記事下CTAボックスの本文を入力

【タグ利用可能】

ボタン上に表示するリンクテキストを入力

リンク先URLを入力

記事下CTAボックスの画像を選択

PC表示時の表示位置を選択

  • 右(default)
  • 中央

スマホ表示時の表示位置を選択

  • 右(default)
  • 中央

CTAボックスとは?

CTA(コール トゥ アクションの略)

日本語で例えると行動喚起という意味で使われています。

主に資料請求やテーマの紹介などに使われているのをよく見かけます。

ということで試しに簡単に作ってみました。

CTAボックス

記事の下のSNSアイコンの下に追加されました。

説明は画像の通りになります。

 

しばらく記事の下に配置しておきますので参考にして下さい。

もちろん友達に追加しても構いませんが

現在の所、ライン@はまだ始めてませんが

友達に追加だけなら絡めると思います。

ライオンメディア 「アクセス解析・CTA設定まとめ」

アクセス解析の方は重要な所なのでGoogleアナリティクス

Googleサーチコンソールに登録して、アクセス解析に

役立てましょう。

 

CTAは色々と使い道があるので一番紹介したい事に

使うのが効果的でしょう。

 

資料請求や広告やお勧め記事やWPテーマなど

色んな用途に使えると思います。

 

記事下が一番、重要なところですから時間をかけて

CTAを作成したいところですね。

LION MEDIAカテゴリの最新記事