2018年2月よりサイト運営開始、日々、見た目や記事の修正を頑張っていますので、何回も足を運んで下さいね。

2018年おすすめのテーマLION MEDIA

2018年おすすめのテーマLION MEDIA

WordPressテーマLION MEDIA

公開日時2018年2月19日 更新日時2018年5月19日

当サイトで使用中のテーマです。

LION MEDIAについて

LION MEDIA

 

このサイトをつくるにあたりWordPressテーマを探していたところ

FITさん制作のテーマLION MEDIAに出会いいました。

こちらのサイトではLION BLOGというテーマもありまして

最初はそちらにしようと思っていましたが

LION MEDIAの方が新しく高機能というこでこちらを採用しました。

詳しくはこちらの公式ページで見てもらえたらわかりますが

55種類の機能が標準で備えられてAMP対応SEO最適化

高機能表示速度高速化されていて無料テーマ有料テーマ

並みの機能が施されてます。

2018年2月15日よりVer2.0.0にバージョンアップしました。

流れてきにはまず会員登録の後、本テーマ子テーマダウンロード

ZIP形式のままでWordPressテーマ新規追加

本テーマアップロードの後、インストール

子テーマアップロードしてインストールです。

子テーマ有効にして子テーマ編集・投稿するように心がけて下さい。

※本テーマ有効にして編集するとアップデートがあった時に

せっかく作成した記事などが消えてしまうからです。

LION Ver2の特徴・機能のまとめ

 

LION BLOG&MEDIA共通の新機能・特徴

01.Header最上部にお知らせを表示する機能を追加

02.目次の初期状態(OPEN or CLOSE)の切り替え機能を

追加

03.目次の表示条件追加(見出しが○件以上のときのみ表示)

04.投稿日の表示/非表示機能追加

05.投稿ページに独自のタイトルを設定できる機能を追加

06.アーカイブページのh1見出しの下に、ターム(カテゴリ

やタグの事)の説明文表示機能を追加

07.アーカイブページのタイトル前部を変更できる機能を

追加

08.記事の終わり部分にCTAエリア追加

09.インフィード広告登録枠を追加

10.記事中にアドセンス等の広告を挿入するショートコー

ド追加

Advertisement

11.投稿/固定ページのスタイルにマーカーデザインを3つ

追加

12.投稿/固定ページのスタイルにボックスデザインを7こ

追加

13.投稿/固定ページの見出しデザインを16パターンから選

択できる機能を追加

14.サイト全体のデザインを、ほんのりリッチ(グラデ+シ

ャドウを追加)に仕上げる機能を追加

LION BLOG限定の新機能

01.投稿詳細ページに次の記事、前の記事を追加

LION MEDIA限定の新機能

01.TOPピックアップ記事3にスマホ非表示機能を追加

02.アーカイブ記事ビューレイアウトにワイドを追加

出典:fit-jp.comより引用やまとし

LION MEDIAを使ってみた感想

 

実際使ってみた感想ですがとにかく無料ブログでは色々とカスタムするには

HTMLCSSを変更しないといけませんでしたが、このテーマでは

ウィジェットなどたくさん標準で装備されていますし簡単操作で

メニューなども設置でき広告の位置なども簡単に変更・設置できます。

 

無料ブログとの違いはやはりSEO対策にあると思います。

こちらのテーマでは決め細かいSEO対策がなされておりSEO対策

表記がたくさんなされています。

このテーマで気にいってるところはアイキャッチの画像の

動くモーションが目を見張りますね、あと小さいサムネの枠とかの

表示が気に入りました。

 

最初は無料ブログ有料サイトの違いに対応できずに

数日悩みましたが、慣れたら簡単に記事が投稿できるように

なりました。

購入したこちらの書籍も役に立ちました。

他のテーマは分かりませんが初心者にもおすすめできる

テーマであると思います。

まだ全機能を使いこなせませんがじっくり使っていこうと思います。

【追記】

このLION MEDIAをロリポップ!レンタルサーバーで使用している方で

AMZONや楽天のウィジェットを使いたい場合はロリポップにログインして

WAFを一時的に無効にして5から10分経つと反映されるので

ウィジェットを貼り付けて下さい。

貼り終わったらWAFを有効にして下さい。

あと、記事下2つ貼れる所も広告を1つずづ貼り付けてください。

2つ一緒に貼り付けるとエラーが出て貼れないようです。

4月4日【追記】

FITの内藤さんからのメールマガジンによると『ライオンブログ』『ライオンメディア』

を超える有償のWPテーマを制作中とのことです。

Advertisement

FITさんのブログを見させてもらいましたが正直凄すぎる。

さすがプロのつくったサイトって感じでかなり期待感あるWPテーマをつくりあげるのでは

ないかと感じさせました。

ライオンメディアの方もさらにバージョンアップしてもらえたら嬉しいですが

有償のテーマと普段の仕事だけでも忙しいでしょうから有償のWPテーマ

がんばって欲しいですし、こちらも頑張らなきゃって思います。

 

ライオンメディア投稿スタイル

ライオンメディア投稿時に使えるスタイルになります。

BOX:線枠

サンプル

BOX:二重線

サンプル

BOX:背景

サンプル

BOX:ペーパー

サンプル

BOX:太文字

サンプル

BOX:括弧

サンプル

BOX:はてな

サンプル

BOX:びっくり

サンプル

BOX:ポイント

サンプル

マーカー:イエロー

これはサンプルです。

マーカー:ピンク

これはサンプルです。

マーカー:ブルー

これはサンプルです。

注釈

サンプルです

 

ライオンメディア注意事項

 

LION MEDIA広告設定の記事にも記載してありますが、

Googleアドセンスを貼る場合[adsense]では貼れませんので、

気を付けて下さい。

 

後、ライオンメディアでは、自分のアクセスを除外出来ないので

chromeブラウザより除外出来るように、設定することをお勧めします。

 

Simplicity等ではテーマで除外出来るんですが、

ライオンメディアでは自分のアクセスを除外出来ないのが少し残念ですが、

 

Googleが提供している、ブラウザの拡張機能の

Googleアナリティクスオプトアウトアドオンを導入すると簡単です。

 

GoogleアナリティクスIPアドレスを除外しても変動IPアドレスだと

すぐにIPアドレスが変更されるので、設定を毎回変更するのも

めんどくさいですからね。

 

Googleアナリティクスオプトアウトアドオン導入方法は

Google chrome右上にあるGoogle chromeの設定より設定(S)

を選択し、一番下に行き詳細設定を選択して下さい。

chromeユーザー補助機能

出典:chromeブラウザより

ユーザー補助機能のchromeウエブストアを開くを選択

chromeウエブストア

出典:chromeブラウザより

 

ストアを検索でGoogle Analytics オプトアウト アドオン

を検索して導入してください。

 

画面下に写っているGoogle Publisher ToolbarGoogleアドセンス

導入したら必須のアドオンなので導入して下さい。

 

注:8月でサービス終了で新しいものに変更されるようですので、

導入するかは、各自の判断で導入して下さい。

 

※Googleアドセンスの広告の誤クリック防止と広告の情報を

調べるのに役立ちます。

 

標準使いでも高機能なライオンメディアですが、

他のサイトとの差別化を図りたいと思いましたら

合わせてこちらの記事も読んでもらえると、ライオンメディアで、

足りない機能もおぎなえると思いますので、こちらで紹介している

Syortcodes Ultimateも導入するとカスタマイズの幅が広がると

思いますので、ライオンメディアの機能を覚えたら、Syortcodes Ultimate

もぜひ導入して覚えてください。

 

※下の方にアニメーションを施してみました。

 

こちらの方でライオンメディアの設定などの目次を紹介しています。

ライオンメディアの基本的な使い方(初心者向け)

LION MEDIAまとめ

2018年5月12日現在、WordPressテーマ「ライオンメディア」

使用していて無料でここまで高機能なテーマは少ししかないと思います。

 

初心者でも標準的な機能と見た目のインパクトで有利になると思います。

このライオンメディアJavaScript(ジャバスクリプト)を使用することなく、

プログラムされているようなので、表示スピードなどの高速化が実現出来て

いるようです。

 

また、中級者以上でもカスタマイズしやすいように配慮されていて、

CSSなどのカスタムなども出来るようになっていますので、中級者、

上級者でも満足できるテーマに仕上がっていると思います。

 

ライオンメディア Ver2よりかなりの機能の向上がなされたので、

初心者のやまとしでも特にカスタマイズすることなく、使っています。

 

足りないと思う機能はプラグインで補って、差別化を図っていけば

良いと思います。

ここを見てね!

LION MEDIAカテゴリの最新記事