TOPページの自動広告外す方法

トップページのアドセンス自動広告を外して高速化

ロリポップレンタルサーバーからConoHaWing(コノハウイング)

サーバー移行しましたが、トップページのスマホのスピード(速度)が

17か出ませんでしたので、速度改善に取り組むことにしました。

 

関連記事

約1年間ロリポップレンタルサーバーのライトプランでこのサイトを運営して来ましたが、一年の契約期間の更新が迫って来ましたのでロリポップからConoha Wing(コノハウイング)にサーバー移行することにしました。&nb[…]

ロリポップからConoHa(コノハ)へ

 

割と最近からアドセンスの自動広告を導入してどのような位置に

広告が配置されているかなど気になって確認したりしていましたが、

どうも自動広告を設定してからサイトのスピードが落ちてきた感じが

しましたので、サイトのデザインを簡易表示したりしてそれなりの速度を

維持していました。

さらに追い打ちでサーバー変更によるサイト速度の落ち込みなので

スマホのトップページの速度改善に取り組みました。

 

グーグルアドセンスの自動広告をTOPページだけ外す

 

グーグルアドセンスの自動広告は収入が大きく作用する便利で

簡単に広告を設置できて収益力の高いと判断された広告の配置場所や

広告の種類を判別できる優れたシステムだと認識していますが、

サイトを見てみると最近はアニメーションする広告などが目に付くようになり

速度改善にはまずトップページの自動広告を外すことが可能かググってみました。

 

大体はヘッダーにコードを入れて自動広告を表示させないものでしたが、

とあるページを拝見した時に簡単にアドセンスの自動広告方法が外せる手段が

見つかり、速度テストして試した結果サイトスピードが大幅改善出来たので紹介します。

サイトのトップページはサイトの顔とも言えるところで、SEO上ははっきりとわかりませんが

個人的にはTOPページのSEOはあると思うので、なるべく利便性が高くサイト速度も

ある程度は確保できる状態にするべきだと考えています。

TOPページのSEOを言及している方も多いですし、運営者(やまとし)も

気になるサイトがあったらページをブックマークして後からトップページに

ブックマーク仕直しますから、TOPページは重要だと考えます。

 

PWAを導入してもらっても、まずトップページにアクセスになりますので

ある程度の速度をサイト速度チェックしながら保つのが重要でしょう。

AMPやPWAも高速化の意味もありますし、サイト速度が検索ランキングの一部

要因にもなっていますので、サイト速度が17ではダメですし、要改善でしょう。

そこでトップページのアドセンスの自動広告を外して高速化を狙うのが狙いです。

トップページは色々とサイドバーからヘッダー・フッターと色々と配置するものが

多く、速度が遅いのは当然でしょうが、大部分はページでの収益なので

TOPページに広告が少なくても問題ないでしょう。

前置きが長くなりましたが、アドセンスの自動広告をトップページだけ

外す作業に移ります。

 

 

トップページのアドセンス自動広告を外す方法

 

まずは自分のアドセンスのログインページにアクセスします。

次に【広告】→【自動広告】と進み

詳細URL設定

【詳細URL設定】の新しいURLグループをクリック

良く見たらここにも説明で

 

トップページには広告を表示にしないように指定することもできます。

 

と記載してありますので、テーマにコードを入れてわざわざトップページに

アドセンスの自動広告を表示させなくても、ここでトップページにに自動広告を

表示させないようにできるわけです。

 

グーグルアドセンスの自動広告を外すURLを追加する

 

次にグループに含めるURLを追加する必要があります。

TOPページだけ表示させない場合はそのままチェックを

すれば問題ないですが、ページの自動広告を個別に表示させない場合は

【URLを追加】よりアドセンスの自動広告を表示させたくないページの

アドレスを【URLを追加】から追加してください。

 

新しいURLグループ

 

現在はwww.はついてませんが手違いがありwww.を付けてしまったので

www.のURLのTOPページを追加しました。

 

URLを追加(パス)

新しいURLを追加したい場合はアドレスを入力して追加を押します。

下記のように追加されました。

 

 

URLを追加

 

Googleアドセンスの自動広告を表示させたくないURLが決まったら

チェックを付けて次へをクリックします。

 

次へ をクリック

 

Googleアドセンスの表示させたくない自動広告を選択する

 

URLグループの広告設定

 

上記画像はアドセンスの広告の種類の一部の画像ですが、全ての広告を

表示させたくない場合は右のスライドスイッチオフ画像のような状態に

してください。

全てアドセンス広告を画像の状態にすることでトップページに自動広告を表示させなく出来ます。

 

インフィード広告だけでも表示させたい場合はインフィード広告だけチェックを

オンにすれば良いと思います。

まだ試してないので、試してから書き直すと思います。

インフィード広告ぐらいは表示させてもいい気がしますので…

 

とはいえとにかく自動広告を表示させることによりサイトスピードに

かなりの差が出て来ますので、ご自身のサイトスピードを計測して、

速度テストを行い、サイト速度をチェックしてください。

 

TOPページは特にGoogleアドセンスの自動広告はかなり表示されるようなので

最初、速度テストを行ったときにはスマホでの速度が17しか出ませんでしたので

とにかくJavascriptを使った広告やサービスなどは速度が遅く作用します

のでサイトの速度が遅い場合は外すと速度が向上します。

 

最後にURLグループの確認

 

URLグループの確認

URLグループ名を適当な、わかりやすい名前で入力してください。

最後にURLが間違ってないかよく確認して、保存で終了です。

 

まとめ

 

 

特にテーマをいじることなく簡単に自動広告を表示させなく出来る事が出来ました。

トップページはサイトの顔とも呼べるところですので、広告は少なくても

良いですし、TOPページから広告臭を出すのはサイトの離脱につながると思いますので

最低限の広告にとどめておきましょうと有名な著者の方も書いていましたので、

目立たない程度の広告もしくはインフィード広告で目立たなくしておくのも

良いかもしれませんね。

ブログの記事を書きながらインフィード広告ぐらいは貼っておこうかな?と考えながら

記事を書きました。(笑)

インフィード広告はテーマの機能を使いました。

一つでも自動広告を設定すると速度の点数が30前後おちますので

テーマの機能を使うのが一番良さそうです。

 

ロリポップからConoHa Wing(コノハウイング)にサーバー移行して速度が

遅かったので、自動広告の多さでスピードが重いだろうと感じていましたので

今回、サイト速度改善に乗り出せたのはサーバー変更できっかけをもらえましたし、

良かったのかなと思います。

 

サーバーでの改善点はほぼないので、画像や広告の見直しやプラグインや

WordPressテーマでの設定の見直し、でしか改善点はないので

速度改善に挑戦しようと思います。

 

一日、自動広告を外してみましたが、速度は高速になりますが、

収益はやはり落ちそうな気がします。

 

手動で適所に広告を貼るのは初心者ブロガーには難しいですから

TOPページなるべく自動広告を使わないかインフィード広告辺りを

使うかなど最小限の広告に留めて、ページでは自動広告を

使いたいところですが、サイトの速度を測定(テスト)しながら

決めましょう。

現在のTOPページの速度はこんな感じです。

 

リダイレクト後(PC)
リダイレクト後(スマホ)

 

時間帯や込み具合で変わりますが、PCの速度は94までは確認しています。

スマホがまだ改善の余地がありますが、ページのスマホページの方が

遅かったりしますので1カラムにしたら速度も向上するかも知れませんね。

サイトTOPのスマホページ速度が最大74まで上昇しました。

時間帯が込みやすい時間でしたので、空いた時間帯ならまだ高速化できそうです。

 

サーバー変更で速度が遅い場合はまず自動広告から見直せば

かなりの速度の改善が出来ますのでサイト速度の改善に

頑張って、色々と試しながら思考錯誤しましょう。

 

管理人(やまとし)の場合www.ありにサーバー変更でしてしまい

www.ありとwww.なしでサイト速度が違ったので高速な方にしていましたが、

結局www.なしに戻しました。なるべく統一した方がいいので同じ状況になった方

は速度を比べて測定してみましょう。

 

後はやっぱり画像での改善が必須ですね。

ページの速度を自動広告を外した場合はPCでは97まで速度が出ました。

 

ページスピード(PC)
ページスピード(PC)

 

ページスピード(スマホ)
ページスピード(スマホ)

 

スマホは67ともう少し速度を改善させたい所です。

TOPページの自動広告外す方法
最新情報をチェックしよう!

WordPressの最新記事4件