閲覧いつもありがとうございます!フォローやシェアもよろしくです。

ワードプレステーマ 有料テーマをまとめてみた

有料Wordpressテーマまとめ

ちょうど投稿日がワードプレスでブログを始めてちょうど1年になります。

1年間ブログを運営してきて、感じたことをまず書いていこうかと思います。

まず、一カ月ほどJUGEM(ジュゲム)というGMOの運営する無料ブログ

を始ましたが、ワードプレステーマに変更して、まずワードプレスの

無料テーマから始めて、現在はワードプレスの有料テーマを使っています。

 

サーバーもロリポップという安いサーバーを使っていましたが、

現在は高速なサーバーのConoha Wingに乗り換えています。

 

ワードプレス無料テーマ「LION MEDIA」ワードプレス有料テーマ「THE THOR」

 

ロリポップ(低速サーバー)ConoHaWing(高速サーバー)

 

ご覧の通りわずか1年間の間に無料テーマから有料テーマへ

低速サーバーから高速サーバーに変更しています。

結局、テーマ変更やサーバー変更していますので、それぞれ移行のリスクも

ありますし、テーマの使い方やサーバーの使い方などをそれぞれ覚えないと

いけませんので、無駄な時間が多くなります。

 

 

関連記事

約1年間ロリポップレンタルサーバーのライトプランでこのサイトを運営して来ましたが、一年の契約期間の更新が迫って来ましたのでロリポップからConoha Wing(コノハウイング)にサーバー移行することにしました。&nb[…]

ロリポップからConoHa(コノハ)へ

 

 

1年間ブログ運営して来てみて、とにかく覚えることに時間が費やされますし、

ワードプレス有料テーマや高速サーバーを最初から導入した方が効率が

良いですし、SEO上でも有利に作用しますので、PVや収益の結果が

出やすい環境ですので、モチベーションも上がりますし、飽きずに

ブログ運営していけると思います。

 

通常は、はやくても3カ月以上はブログ運営しないと結果が出ずに

ブログを辞めてしまう方が多くなりますので、なるべくはやく結果が出せる

環境が必要ですのでワードプレス有料テーマは必須だと感じます。

 

とにかくブログを運営していくには時短が不可欠ですから有料テーマは

簡単に設定やSEOなどを行ってくれるので、時短出来ますのでおすすめです。

 

現在、一年間サイト運営してきてもやはり内部的な事やSEOやアドセンスの

最適化やサイトスピードの改善やプラグインの厳選や使い方などや外部サービスの

使い方やリライトなど時間が足りません。社会人で仕事を終えてからの時間を

費やして、やっとアドセンスやアフィリエイトで収益化できるようになって

きましたが、広告の配置の位置を選択したり広告の種類やどの広告を選択するか

その他にもテーマの不具合やプラグインの不具合などやサイトにログイン出来なく

なるなどサイトを運営するには、かなりの時間と勉強が必要ですので、時短できる

ワードプレス有料テーマを最初から選んでおいた方が良いでしょう。

正直、こんなに早くテーマ変更やサーバー変更などを行うとは想定外でした

ので、これからブログを始める方には最初から有料テーマをお勧めします。

 

そこで、ワードプレスの有料テーマをまとめてみましたので

紹介していこうと思います。

 

 

ワードプレス 有料テーマをまとめてみました

 

まずはワードプレステーマTCDから紹介していこうと思います。

ワードプレステーマTCDのブランドでは数々の種類のWordpressテーマ

が存在し、最近でもワードプレステーマ「ROCK」が発表になりましたので

テーマのデモを閲覧してみましたが、凄くデザイン性が高いテーマになっていますね。

とにかくTCDのブランドのテーマの種類が多く、用途によりワードプレステーマを

ビジネスに活用したり、ワードプレステーマを企業で使ったりと様々な用途で

使えるようにたくさんのワードプレステーマが用意されていますのでどれを

選択するか悩みますが、テーマの紹介ページでどのような用途に使うように

設計されているか明記されていますので、迷わずに必要なWordpressテーマを

選択出来ると思います。

 

グーグルアドセンスで頻繁に表示されていると思いますので、おそらく使用している

有料テーマではワードプレステーマTCDが公式でもシェアが一番とかかれていますし、

何と言ってもワードプレステーマが現時点で56種類もありましたので、使う用途用に

テーマがたくさんありますので、困る事はないですがどのテーマを選択するか悩むでしょうね(汗)

数が多すぎて全部紹介出来ませんが、小さい画像で紹介します。

見えないかも知れませんが…..テーマ名と価格を掲載しておきますので、

予算により、どのテーマを選ぶか簡単に選択できると思います。

 

テーマの価格が7,980円~49,800円とかなりの幅広くて

もちろん値段が高いほど高機能でしょうけど、使う用途により企業向けのテーマは

高い傾向にありますが、今回は手頃な値段でコストパフォーマンスが良さそうな

テーマをおすすめしてみました。

もちろんでもサイトのデモを見た感じと、機能面でセレクトしましたので

ご自身の気になるテーマをチェックするのが良いでしょう。

 

 

 

TCDテーマ(1)
TCDテーマ(1)

ワードプレステーマ「ROCK」

29,800円

 

ワードプレステーマ「ZOOMY」

49,800円

ワードプレステーマ「DIVA」

25,800円

ワードプレステーマ「NANO」

34,800円

ワードプレステーマ「FAMOUS」

25,800円

ワードプレステーマ「Switch」

24,800円

 

TCDテーマ(2)
TCDテーマ(2)

ワードプレステーマ「ICONIC」

39,800円

ワードプレステーマ「ONE」

22,800円

ワードプレステーマ「AVANT」

24,800円

ワードプレステーマ「AGENDA」

22,800円

ワードプレステーマ「RUMBLE」

19,800円

ワードプレステーマ「BIRTH」

22,800円

 

ここで気になったのはワードプレステーマ「ONE」です。

最近、ワンカラムもよく見かけますし、TCDのテーマのなかでは

定番のテーマでしょうから、安定した王道のテーマを使いたい方向きでしょう。

 

 

 

TCDテーマ(3)
TCDテーマ(3)

ワードプレステーマ「KADAN」

22,800円

ワードプレステーマ「ZERO」

13,800円

ワードプレステーマ「Beauty」

19,800円

ワードプレステーマ「Bloom」

16,800円

ワードプレステーマ「STYLY」

15,800円

ワードプレステーマ「VOGUE」

19,800円

 

TCDテーマ(4)
TCDテーマ(4)

ワードプレステーマ「GENSEN」

39,800円

ワードプレステーマ「BRIDGE」

19,800円

ワードプレステーマ「OOPS!」

19,800円

ワードプレステーマ「ANGEL」

12,980円

ワードプレステーマ「SKIN」

12,980円

ワードプレステーマ「SOURCE」

13,980円

 

ここで気になったのはワードプレステーマ「STYLY」です。

THE THORにも少し似たようなスタイルでギャラリーで目を引きつける

感じのテーマで閲覧者にインパクトを与えられそうです。

 

 

 

TCDテーマ(5)
TCDテーマ(5)

ワードプレステーマ「UNIQUE」

12,980円

ワードプレステーマ「MAXX」

12,980円

ワードプレステーマ「MONOLITH」

12,980円

ワードプレステーマ「STORY」

12,980円

ワードプレステーマ「Avalon」

11,980円

ワードプレステーマ「LOTUS」

12,980円

 

TCDテーマ(6)
TCDテーマ(6)

ワードプレステーマ「VENUS」

12,980円

ワードプレステーマ「ORION」

12,980円

ワードプレステーマ「MAG」

10,980円

ワードプレステーマ「BLOC」

12,980円

ワードプレステーマ「IZM」

11,980円

ワードプレステーマ「AGENT」

12,980円

 

 

 

 

 

TCDテーマ(7)
TCDテーマ(7)

ワードプレステーマ「VIEW」

10,980円

ワードプレステーマ「LAW」

11,980円

ワードプレステーマ「FOCUS」

11.980円

ワードプレステーマ「SWEETY」

11,980円

ワードプレステーマ「AMORE」

12,980円

ワードプレステーマ「CORE」

11,980円

 

 

TCDテーマ(8)
TCDテーマ(8)

ワードプレステーマ「Reviewer」

9,980円

ワードプレステーマ「INNOVATE HACK」

11,980円

ワードプレステーマ「PHOTEK」

9,980円

ワードプレステーマ「CUBEY」

9,980円

ワードプレステーマ「LUXE」

10,980円

ワードプレステーマ「NEXTAGE」

9,980円

 

ここで気になったテーマはワードプレステーマ「CORE」です。

このテーマも見た目のデザインで目を引けるテーマで、情報量が多く

クリックして閲覧されそうなデザインなのでおすすめです。

 

 

 

TCDテーマ(9)
TCDテーマ(9)

ワードプレステーマ「Logue」

8,980円

ワードプレステーマ「Precious」

9,980円

ワードプレステーマ「Opinion」

11,980円

ワードプレステーマ「Canvas」

8,980円

ワードプレステーマ「Chill」

8、980円

ワードプレステーマ「Grider」

7,980円

 

TCDテーマ(10)
TCDテーマ(10)

ワードプレステーマ「AN」

7,980円

ワードプレステーマ「Gorgeous」

8,980円

 

 

ここで気になったテーマはワードプレステーマ「Opinion」が個人的に気になりました。

TOPページで一気に膨大な量の記事が見れますので、閲覧したくなるような

デザインなので大量に記事を書いている方には便利でしょう。

 

 

 

ワードプレステーマ「OPEN CAGE(オープンケージ)」

 

スワロー&ストーク
スワロー&ストーク

 

ハミングバード&アルバトロス
ハミングバード&アルバトロス

 



 

ここのテーマも人気のWordpressテーマで、なんといっても

テーマの価格が安いのにデザイン性もあり高機能なテーマでシンプルで

使いやすそうな機能満載のテーマが4つあります。

 

特にワードプレステーマ「STORK(ストーク)」は良くみかけますので

人気の高さがうかがえます。

 

 

最新テーマワードプレステーマ「SWALLOW(スワロー)」もシンプルなテーマながら

高機能で使いやすそうなテーマですし、今が旬のテーマはこれでしょうね。

 

他にもワードプレステーマ「ALBATROS(アルバトロス)」に

ワードプレステーマ「Hummingbird(ハミングバード)」

があり、ハミングバードはアニメーション処理がところどころに施されていて

人目を惹けるテーマですから、アニメーション処理が好きな方はおすすめでしょう。

 

ワードプレステーマ「STORK(ストーク)」はブログマーケッターJUNICHI監修の

もとOPEN CAGE(オープン ケージ)が開発したテーマで、

ワードプレステーマ「SWALLOW(スワロー)」

プロブロガー八木仁平監修のもとOPEN CAGE(オープン ケージ)が開発したテーマです。

値段も安くてデザイン性もよく使いやすそうなテーマですが、一つのテーマで

一つのサイトしか使えないようですので、複数のサイトを運営したい方は悩むところでしょうが

最初に購入する有料テーマであれば、そんなに複数サイトを運営できないでしょうから

値段も安くてコストパフォーマンスは高いと思います。

 

個人的には最新のテーマ「SWALLOW(スワロー)」気になりますね

最新のテーマなので今が旬のテーマですからテーマの紹介などでPVも集められますし

見た事のないテーマなら気になって何度も閲覧に来てもらえる可能性がありますので

 

 

現在、管理人(やまとし)はワードプレステーマ「THE THOR」を使ってますが

もし「SWALLOW(スワロー)」に先に出会っていたらこちらのテーマに

していた可能性が高いですね。

今、一番気になるコストパフォーマンスの高いテーマです。

 

ワードプレステーマ「AFFINGER5(WING)」

 

アフィンガー5(WING)
アフィンガー5(WING)

 

このワードプレステーマは運営者(やまとし)がブログを始めた時に

購入したいと思わせたテーマですが、結局、無料テーマのワードプレステーマ「ライオンメディア」

を選択しましたが、今見ても買いたいと思わせるデザイン性や高機能なテーマです。

THE THORと機能的にも似たところがありますが、フル機能を使うにはそれなりの値段に

なってしまうので、THE THORと迷うところではないでしょうか?

でもこちらの方が成熟しきったテーマになっていますので、こちらの方が完成度は高い

テーマではあるでしょう。

THE THOR2月に大幅アップデートが行われるので、そちらの様子をみながら

こちらのテーマも検討してみてはいかがでしょうか?

有名なブロガーなど使っている方も多く、満足度が高いテーマになっています。

 

 

光ボタンなどで目を引く演出を施していて、アフィリエイトで稼ぐ

機能が満載になっていますので、名前の通りアフィリエイトに適したテーマ

でしょう。

紹介動画はこちらです。

 

ワードプレステーマ「DIVER」

 

このワードプレステーマ「DIVER」もおすすめです。

情報量も多くて、あちこちアニメーション処理でバリバリ動きますし、

デザイン性も高いですので、インパクトでは負けないテーマでしょう。

売れ行きも好調なようで、人気が高いおすすめテーマで他のサイトでも

おすすめされていますので買っても損はしないテーマでしょう。

ワードプレステーマの有料テーマで初心者にはおすすめといえるでしょう。

 

ワードプレステーマ「DIVA」

 

 

 

ワードプレステーマ「THE THOR」

 

ワードプレステーマ「THE THOR(ザ・トール)

 

そしてこちらが運営者(やまとし)の使用しているワードプレステーマ「THE THOR」

です。まだテーマ自体が新しいので最初は不具合なども多かったですが

テーマのアップデートで対応してくれているので、だいぶ使いやすくはなってきています。

 

フォーラムの対応も最初は初心者に優しくないでしたが、最近は対応も改善されて

来ていてテーマのマニュアル説明の対応も今後、改善してくれるようですので

だいぶユーザー目線に切り替えてくれていますし、ユーザーの要望を取り入れた

テーマにしてくれるようで、2月に大規模なアップデートを行ってくれるようで

すので、どの様なテーマになるか楽しみではあります。

 

高機能なテーマなので、プラグインとの相性も悪かったりテーマの設定などで

最初にテーマを購入した方には難しいかも知れませんがこのサイトで

不具合の修正などの試行錯誤した情報を公開していますので参考にして

もらえれば大丈夫だと思います。

また、わからないことはテーマのフォーラムがありますのでそちらに投稿すれば

解決策を教えてくれると思います。

 

 

ワードプレステーマ「JIN(ジン)」

 

JINスタイル パターン
JINスタイル パターン

 

ワードプレス JINも非常に使っている方が多くておすすめのテーマです。

月100万円以上稼ぐアフィリエイターのひつじさんと

テーマ制作(プログラミング)ワードプレステーマ「ATLAS」

開発者の赤石カズヤさんの共同での作成で上記のようにテーマのスタイルが

選べるようになっています。

 

投稿記事のボックスやボタンなども多くの中から選択出来たりと

かなり親切な設計でひつじさんの意見がかなり取り入れてあると思うので

SEO対策や稼ぐアイデアが満載だと思います。

見た目のデザイン性も高くスタイルも選べるので、THE THORと同じ機能ですので

どちらを選ぶかは閲覧者の好みで選ぶと良いでしょう。

 

 

WordPressテーマATLUS(アトラス)の公式サイトはこちら

 

 

 

ワードプレステーマ「SANGO」

 

ワードプレステーマ「SANGO」
ワードプレステーマ「SANGO」

 

こちらもJINとともに人気のテーマで使っている方が多いです。

ワードプレステーマ「SANGO」は他とは違いパステルカラーが特徴のテーマで

ボタンやボックスの種類も多くシンプルかつおしゃれな感じのテーマになります。

ワードプレスでSANGOのテーマを選ぶのは人を選ぶテーマでしょうが、

個人的にはグラーデーションカラーなどを使ったりしますので、好きなテーマです。

機能的にも問題はないですし、少し変わったデザインが好きなかたにはおすすめです。

 

 

まとめ

 

 

初心者がブログ(サイト)で収益化していくにはワードプレス有料テーマは

必須だと思います。

無料のテーマでもいいものはありますが、ブログ運営を長期に渡って運営して

上で、結局は無料テーマで使っていても有料テーマに変更してしまう確率が

多いでしょうし、無料テーマでブログを使うにはカスタムが必須になりますし、

プラグインもかなり多く使うことになるでしょうから、サイトも不安定に

なったり、サイトスピードが遅くなったりしますので、ある程度収益化出来たら

早めに有料テーマに切り替えることをおすすめします。

 

無料でおすすめなワードプレステーマはCocoon(コクーン)一択です。

使っている方が非常に多く、アップデートとサポートが半端ないですから

特に不満が出ないと思いますが、デメリットがあるとすればシンプルすぎる

デザインなところでしょうが、ご自身でカスタマイズ出来るならデメリットは

ほぼ皆無でしょう。

 

 

また、同じくサーバーも高性能で高速なサーバーを使用した方がSEO上

有利になりますので、サーバー移行などのトラブルに巻きこまれるより

最初で高速なサーバーを選んでおくことをおすすめします。

 

運営者(やまとし)もサーバー移行でひとつ間違えただけでかなり苦労は

していますが、だいぶ解決に向けて改善しているので記事などを参考に

してもらえると幸いです。

 

ピンチをチャンスに切り替えることができれば記事も書けますし、

失敗を恐れずに挑戦することも大事ではありますので、苦難の道を

ワザと選択して乗り越えていくのも個人レベルのアップにはなりますので

そういう選択肢も良いでしょうけど、かなり消耗するのでお勧めしません。

 

 

関連記事

ロリポップレンタルサーバーからConoHaWing(コノハウイング)にサーバー移行しましたが、トップページのスマホのスピード(速度)が17しか出ませんでしたので、速度改善に取り組むことにしました。 […]

TOPページの自動広告外す方法

 

 

関連記事

現在、やまとしはロリポップのライトプランで当サイトを運営していますが、複数サイトを運営したくなったので、プラン変更かサーバー移行を考える必要があります。ライトプランではWordpressが1つしか使用出来ない為、プラン変更か[…]

空

 

 

有料Wordpressテーマまとめ
最新情報をチェックしよう!