AMPページ画像が表示されない場合、通常ページを閲覧ください。
3Dモデル

スマートフォンアプリ開発に役に立ちそうなサイトなど(キャラ)

スマートフォンアプリ開発をしよう(キャラクター作成)

 

アプリ開発しませんか?

 

スマートフォンアプリも開発が昔より簡単になって来ているようなので

キャラクター作成に役立ちそうなサイトがあるので紹介していきます。

最近発表があったものと前からブックマークしてあったサイトを紹介します。

やまとしも時間があればアプリ開発も勉強してみたいですが、ブログだけでも

手一杯なので時間があまったら勉強できるようにたまに気になったサイトが

あったらチェックしてますので新たにいいサイトがあったら紹介予定です。

 

キャラクターメイカー「VRoid Studioベーター版」

 

こちらはpixiv(ピクシブ)のプロジェクトで3Dアニメーションやゲーム、

VR/ARプラットフォーム上などで利用可能なキャラクターの

3Dモデルを作成可能なキャラクターメイカー「VRoid Studio」のベータ版を

8月3日に一般公開しました。

WINとMacに対応していてやまとしも一応ダウンロード済みで無償で

利用可能で簡単に作成出来そうですが、タッチに対応してないし、

ペン付きでもないので簡単につくるにはそれなりの環境が必要な気がします。

作成した3Dモデルは商用利用も可能なので安心でしょう。

 

VRoid Studioベータ版(Version0.1)の主な機能

  • 髪型のモデリング
  • 目・顔のカスタマイズ
  • 髪・顔・服・身体のテクスチャーペイント
  • VRM形式に対応したボーンの生成
  • VRM形式でのエクスポート

※VRM形式…オープンソースで提供されている3Dアバター

向け汎用ファイルフォーマット

出典:https://www.pixiv.co.jp/

 

ダウンロードサイトは下記になります。

 

 

環境さえそろえば簡単に3Dキャラクターが作成出来そうなので

スマートフォンアプリではなくてもSNSに作成したキャラ画像

などを公開するだけでも「いいね」がもらえるかもしれない

ので時間つぶしと自分の才能を確かめるために作成してみては

いかがでしょうか?

 

キャラクターアニメーションツール E-mote(えもふり)

 

続いてはキャラクターアニメーションツール E-moteです。

こちらは2Dの画像を立体的に動かすツールで、

以前からブックマークしていて紹介する機会を

考えていましたが、VRoidも発表されたのでこちらも紹介

することにしました。

こちらも無料で使えて商用利用は個人・同人のみとのことですが

動きを見るとかなりぬるぬると動きスマートフォンアプリでの採用もあるみたいです。

ただこちらはダウンロードに警告が出たため自己責任でダウンロードお願いします。

 

キャラクターアニメーションツールE-mote(エモート)

2Dイラストが動く、立体になる!…

 

スマートフォンアプリを開発しよう(キャラクターまとめ)

 

今後、盛んにアプリ開発が進むでしょうから覚えておいて

損ではないので時間に余裕がある方でアニメなどを書くのが

得意な方はキャラクター作成に挑んてみてはいかがでしょう。

SNSに作成したキャラをアップしても良いですし、アプリ開発

に挑戦してもいいでしょう。

 

THE THOR(CTA)当サイトで使用中の有料Wordpressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」
高機能なテーマになっていてSEOや集客に強いテーマになっています。
標準でAMP・PWAに対応し、カスタム投稿などにも対応していて自由度も高く
標準使いでもプロの作成したようなデザインが出来ます。
テーマのダウンロードはこちらからどうぞ!
詳細を公式ホームページで見る
3Dモデル
最新情報をチェックしよう!
広告