AMPページ画像が表示されない場合、通常ページを閲覧ください。
広告?スポンサーリンク?

アドセンスの広告ラベルは「スポンサーリンク」か「広告」のみらしい

Googleアドセンスの広告ラベルを変更しよう

 

最近WEBを閲覧していてGoogleアドセンスの広告ラベルは現状では

「スポンサーリンク」か「広告」のみしか認めていないというのを

どこかで見かけたので検索して調べてみたら本当だったので紹介します。

ただブログ運営当時から気になっていましたが、どうやら広告ラベルは

義務ではないみたいなので「スポンサーリンク」か「広告」と記載している

方のみ変更する必要があります。

 

広告ラベルの表示

AdSense の広告ユニットには、「広告」と「スポンサーリンク」のいずれかのラベルを表示できます。他の種類のラベルは、現時点では許可されません。詳細については、広告のプレースメントに関するポリシーをご覧ください。

出典:https://support.google.com/adsense/answer/4533986?hl=ja

 

以上のように記載されていますので、WordPressテーマ「ライオンメディア(ブログ)」

では広告ラベルはAdvertisementと表示されるようになっていますが、変更する必要

がありますので変更しなくてはいけませんが、テーマでの広告機能を使うと

Advertisementと表示されてしまいます。

他のテーマではどのような仕様か分かりませんので自信でご確認ください。

大体は「広告」か「スポンサーリンク」なっているとは思います。

 

広告のコードの上に「スポンサーリンク」や「広告」などを付けても良いですが

日本語と英語の両方が表示されてしまいますのでは非表示にさせたい所ですが

グローバル的に考えると、両方の広告ラベルがされていると良いのかも知れませんが

外国からのアクセスは余りないでしょうから「スポンサーリンク」か「広告」

だけで良いかもしれません。

 

サイトを閲覧してみると広告ラベルはそれぞれのサイトによりけりで

  • スポンサーリンク
  • スポンサードリンク
  •  Advertisement
  • 広告
  • PR
  • ad(ads)だったかな?
  • 表示なし

などが確認したところですが有名なサイトはほとんどがラベルの表示すらない

のですが、特に違反になってないのですが最近いろいろと検索アルゴリズム

などが変更になっているので、ちゃんと広告ラベルを表示させたい所です。

最近までは記事中のみ広告ラベルは貼り付けてませんでしたが

リンクユニットの一部以外広告ラベルのコードを設置しました。

 

なにも付けてない方がクリック率は高いかも知れませんが、

知り合いは「スポンサーリンク」とついていた方がカッコイイと

言う方もいらっしゃるので設置していきましょう。

 

プラグインで簡単に広告ラベルを設置しよう

 

それぞれWordPressのプラグイン広告を設置している方も多い

と思いますがやまとしもWordPressプラグイン

「Advanced Ads」を使用していまして過去記事でに紹介しています。

 

関連記事

目次 1 アドセンス(リンク広告)とAdvanced Adsを導入2 アドセンスのリンク広告ユニットを導入しよう2.1 アドセンス(リンク広告)の導入方法3 WordPressプラグインAdvanc[…]

ハリウッド広告

 

こちらの広告のコードの上に

<font size="1">スポンサーリンク</font>

と付け加えることで文字が小さくなりますので目立ちにくくなります

からあまり強調したくない方は小さく表示させても良いですが

自己判断で設置お願いします。

<small>スポンサーリンク</small>

で挟んでも小さく表示出来ますのでそちらでも良いでしょう。

普通の大きさで良ければ広告ラベルが設定できるように設定が

ありますのでそちらにスポンサーリンクか広告と入力してチェックを

入れればいいだけですので簡単です。

 

広告ラベル(設定)

広告見本

広告通常

 

WordPressテーマ「ライオンメディア(ブログ)」の場合

記事下のダブルにはAdvertisementと表示されてしまいますが

簡単に記事下のダブル広告の広告ラベルを設置する方法を紹介しますが

上のコードをただ入れるだけなので簡単です。

 

記事下エリアにテキスト

 

ウィジェットの記事下エリアを選択してテキストを追加します。

 

テキストにコード入力

タイトルは未入力でテキストに切り替えて

<font size="1"><center>スポンサーリンク</center></font>

を入力してビジュアルに切り替えます。

確認すると良い感じに余白ができて簡単に広告ラベルが設置出来ます。

下記の画像のような感じになります。

広告見本

記事下ダブル

 

Advertisement広告の背景のストライプの消し方は検索すると簡単にわかると

思いますので検索して調べてください。

カスタムHTMLや<table></table>を使う方法で出来ると思いますし、

それぞれ使用中のAdvanced Adsなどのプラグインでも出来ると思いますので

検索して調べてください。

やまとしは当分、今のままで行きますので空いた時間に直しましたら追記します。

 

まとめ

 

広告ラベルを表示してない方も多いですが、ちゃんとGoogleアドセンスの

定める規則を守り、アドセンスの配信停止にならないように広告ラベルを

ちゃんと設置していきましょう。

「広告」か「スポンサーリンク」しか現状では許可されていないとの事

なので他の広告ラベルにしている方は変更しましょう。

特に調べた限り広告ラベルは設置する義務はなさそうなので

広告ラベルを付けないという選択も良いでしょう。

※ご自身で確認して判断して下さい。

 

テーマにより広告の貼り方も違うと思うので対応出来ない場合

プラグインに頼り簡単に広告が設置出来るようにしましょう。

AMPを導入している方はAMPの広告にも対応しないといけない

ので面倒ですが対応していきましょう。

やまとしはAMP自動広告のみですので対応しずらいですが、

対応できるようにしたいと思いますが、AMPには広告ラベルなしでいくかもです。

広告ラベルを設置する義務がないようなのでいずれ外す可能性もありますので

ご自身の判断で決断しましょう。

結局、真面目に広告ラベルを設置していた方が損をする可能性があるでしょう。

 

※とにかく広告ラベルで違う広告ラベルを設置している方のみ変更の必要が

ありそうです。

THE THOR(CTA)当サイトで使用中の有料Wordpressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」
高機能なテーマになっていてSEOや集客に強いテーマになっています。
標準でAMP・PWAに対応し、カスタム投稿などにも対応していて自由度も高く
標準使いでもプロの作成したようなデザインが出来ます。
テーマのダウンロードはこちらからどうぞ!
詳細を公式ホームページで見る
広告?スポンサーリンク?
最新情報をチェックしよう!
広告