会社の社員が新車登録より12年越えの軽自動車を購入で注意する点も

会社の社員が新車登録より12年越えの軽自動車を購入で注意する点も

新車登録から10年超えた車を購入する時に気を付けること

 

会社の社員の一人が12年を超えた軽自動車を購入しました。

まだ会社に入って2年目の新人でありますが、ある日からダイハツの

初期型タントカスタムに乗って来ましたので話を聞いてみたら

中古で購入したとのことです。

 

ただ、話を聞くと12年落ちの車で3万㌔程度の走行距離らしく

12年で3万㌔は全然走行してないですが、気になるのは12年落ちの

車であることです。

 

さすがに10年を超えた車は車にあまり乗ってなくても電気系統の部品などが

消耗したりと部品の経年劣化が懸念されるので、心配なところであります。

そこで、会社から帰宅して嫁に話をしてみたところ13年超えると税金が

高くなるとの事を聞きました。

もちろん、年数が経てば税金が高くなることはやまとしも知っていましたけど

13年とういう年数までは把握できていませんでした。

自動車税と重量税がともに高くなるようです。

 

ただ、一部値上がりしない車などもあるようでハイブリッド車などは

13年超えても税金が値上がりしないようです。

 

タントカスタムは2003年11月27日に発売されていて、

初代モデルはスライドドアがついてないモデルで2代目のタントカスタムから

スライドドアがついたようですが、やまとしの住んでる地域ではスライドドア

が付いている(付いてない)モデルもいまだに現役で走行しているのを見ますので

中古車店で並んでいるのをよく見かけ、値段が30万前後で販売されてるので

購入価格は特に聞いていませんが、おそらくそのくらいの値段でしょうね。

 

13年経った自動車はどのくらい税金が高くなるのか?

 

電気自動車(EV)、ガソリンハイブリット車(HV)、他は課税の対象外

になるようなので13年超えても高くならないので税制面で優遇

されていますが、13年超えて乗る事はあまりないと思うので

そこまで気にする事はないでしょう。

 

まずは普通車から確認しましょう。

普通車の自動車税(自家用)

排気量13年未満の車13年経過した車
1000cc以下29,500円33,900円
1000cc~1500cc以下34,500円39,600円
1500cc~2000cc以下39,500円45,400円
2000cc~2500cc以下45,000円51,700円
2500cc~3000cc以下51,000円58,600円
3000cc~3500cc以下58,000円66,700円
3500cc~4000cc以下66,500円76,400円
4000cc~4500cc以下76,500円87,900円
4500cc~6000cc以下88,000円101,200円
6000cc以上111,000円127,600円

 

軽自動車の軽自動車税(自家用)

 

初年度検査日13年未満の軽自動車13年経過した軽自動車
平成27年3月31日以前7,200円12,900円
平成27年4月1日以降10,800円12,900円

 

2年車検時の自動車重量税(自家用)

 

区分

車両重量

2年自家用

エコカー減免適用

(本則税率から軽減)

エコカー減免適用なし

エコカー

(本則税率)

エコカー以外
右以外13年経過18年経過
免税50%減H28.3.31

まで

H28.4.1

以後

0.5トン以下免税2,5005,0008,20010,80011,40012,600
~15,00010,00016,40021,60022,80025,200
~1.57,50015,00024,60032,40034,20037,800
~2.010,00020,00032,80043,20045,60050,400
~2.512,50025,00041,00054,00057,00063,000
~3.015,00030,00049,20064,80068,40075,600

出典:国土交通省

このように13年を超えた車を購入すると税金面で高くなってしまうので

出来れば12年ぐらいで車を買い替えた方が良いでしょうが

整備に自信がある方は限界まで乗り続けても良いでしょう。

この13年という年数も大体このぐらいで年数で車を買い替えるのと

車の状態を考慮して決められたようなので、整備に自信があっても

出来るだけ13年より前に買い替えをおすすめします。

 

まとめ

 

会社の若い社員が12年落ちの車を購入したので気になって

いろいろ調べてみましたが、13年超えると経年劣化による部品の

損傷も出てくるでしょうし、部品の在庫なども無くなる可能性も高く

なりますが、ネットで探せば見つかる可能性も無くはないですが、

出来れば13年を超える前に買い替えましょう。

家庭の事情などもあるでしょうから、その場合は自己責任で乗り続けましょう。

自動車税や重量税も高くなってしまうので、出来るだけ早めに

車を買い替えた方が財布に優しいのでおすすめです。

車はこちらのサイトでも一部紹介してますので、少しでも

参考になると幸いです。

カテゴリの最新記事