AMPページ画像が表示されない場合、通常ページを閲覧ください。
MAZDAデミオ

車検で代車(MAZDA デミオ)を借りたので改めてレビュー

MAZDAデミオ

マツダ アクセラスポーツが車検になりましたので、代車を借りることになりました。

今まで代車は旧型デミオ、CX-3などでしたので今回はCX-5辺りを期待していましたが、

安定のデミオでした。

まあ、デミオの台数が多いのでデミオになる確率が高いと予想していましたが、

1500ccの年次改良されたデミオならレポートのし甲斐がありましたが、

今回お借りしたのは1300ccのデミオでした。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイが未搭載でしたのでグレード的には13S辺りに

ナビを付けた車だと思われます。

以前も写真の掲載の許可を得ていますので、今回もナンバーと景色を一部、隠して掲載します。

1300ccのデミオとはいえ、サイトなどで閲覧しても出来が良いと評判ですので、

今回は3日間乗る機会がありましたので、改めてレビューしたいと思います。

 

デミオフロント

 

 

マツダ デミオ1300ccガソリン車の再レビュー(エクステリア)

 

以前、会社の知人のデミオの記事でデミオを紹介していますが、あちらはデミオの1300ccの

13S Touring L Packageという高級グレードなのですが、基本的な性能は一緒ですし、

試乗したのは今回がはじめてでしたので、アクセラスポーツと比べて感じたことを

書いていこうかと思います。

現在はデミオは1500ccのデミオになっていますので、そちらの方が確実に動力性能が高い

ですが、ディラーの中古や中古販売店などで安くで購入できるかも知れませんので少しでも

参考になれば幸いです。

 

以前の記事はこちらです。

 

関連記事

知人のデミオ13Sツーリング画像の加工等の許可は本人より許可済み 目次 1 会社の知人が購入したMAZDAデミオ13Sツーリング(MT)2 MAZDA デミオとは2.1 現在発売中のグレード3 […]

デミオ(MT)

 

 

まずは画像から紹介します。

今回お借りしたのは綺麗な赤のカラーで最近は赤のカラーをマツダさんアピールしていますので、

この赤のカラー(ソウルレッドクリスタルメタリック)は人気が高いですが、

通常のカラーより5万以上高い値段になるようですので、特にカラーを気にしない方は

安いカラーを選びましょう。

 

デミオ(フロント)斜め

 

デミオ斜め

 

ミラーは収納したままでしたが、ご了承ください。

かなり綺麗な色で光の反射などで写り込むため撮影泣かせの色ですが、個人的には好きな色です。

購入したN-BOXにもこのカラーを採用して欲しいです。

 

デミオ(サイド)

 

デミオサイド

かなりコンパクトなつくりで、日本の道路事情ではこれぐらいで十分でしょう。

2人ぐらいの乗車や1人の乗車が主な方ならコンパクトな方が燃費にも貢献出来ますし

狭い道を通る時にぶつける心配もないでしょうし、動力性能的にも有利です。

 

デミオ(バック)

 

デミオバック

 

デミオのバックは割と好きですね。CX-3なんかも好みですね。

デザイン的にはアクセラがコンパクトになった感じで、たまにアクセラかデミオか一瞬わからない

時もありますが、個人的にはアクセラのように横幅が増えた方がカッコイイですね。

 

マツダ デミオ 再レビュー(インテリア)

 

次はインテリアの装備などを見てみましょう。

だいぶ以前のデミオより高級感がアップしたとの情報があるので楽しみです。

知人の車の内装は色々と取り付けてごちゃごちゃしてましたが、シンプルですが

高級感はあります。

現在乗っているアクセラスポーツはプラスチックパーツが多いので高級感がないので

うらやましいですが、収納力はアクセラスポーツの方が上ですね。

 

エアコンボタン他
ウインド用

 

左の画像はエアコン関係のスイッチ関係とDVDのスロットにスマホ関係のUSBなどですね。

右の画像はウインド関係のスイッチです。

 

オーディオ系ボタン他
サイドブレーキ他

 

左がオーディオ関係のスイッチですね。

右がサイドブレーキとドリンクホルダーです。

収納が小さいので知人はアームレストを

取り付けていましたし、個人的にも収納するスペースの必要性を感じましたが、

後部座席や助手席になにか100円ショップで買ってきて取り付けるだけでもいいでしょう。

 

デミオ後部座席
デミオ(トランク)

 

デミオの後部座席とトランクです。

後部座席はアクセラよりも狭いですが、前に座席を動かせば何とか4人は

乗れるでしょうが、基本的には1~2人の乗車の車でしょう。

トランクは割と収納出来そうなのでトランクを小さくすれば後部座席が広くなるかも

知れませんが、基本1人から2人の車なのでこれでもいいでしょうね。

 

メーター類
フロント内装全体

 

次はメーター類とフロントの全体画像です。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイは未搭載なのでスピードメーター付きです。

最近は色々とボタン類が多くなってきていて覚えるのが大変ですね。

奥さんもN-BOXの機能を覚える気がないので、やまとしが覚えないといけないでしょう。

 

通勤などでデミオを運転した感想など

 

通勤で往復運転などをした感想を書きます。

アクセラスポーツと比べた感想になりますのでご了承ください。

まず、感じたのはアイドリングストップがスムーズに反応するのであまり気にならないことです。

アイドリングストップは強く踏んだら確実に効きますが、特に効かせたくない時は

じんわりと踏めば効かないようにできるようです。

これは大事な事だと思うので上手くコントロール出来るように頑張りましょう。

 

坂道を走った感想ですが車重が軽いので割とスイスイと登りかと思いましたが

アクセラスポーツの方がスイスイと登ります。

あまり踏まないように登りましたので踏めば音は大きくなるでしょうが、

登るとは思いますので、まあ想定内ってところでしょう。

 

ドライビングセレクションという機能でSPORTモードにすると力強い走行に変更

出来るようですので今回は試し忘れしましたが、便利な機能があるようなので

ご自身の好みで使うのが良いでしょう。

 

以前のデミオではかなり足元が窮屈に感じましたが今回も狭くはありますが

気になるほどではなかったので改善してあるのでしょうね。

 

通常の運転では出足が少しだけ遅い感じがしますが、特に気になるほどではないでしょう。

通常の運転ではいきなり乗っても特に運転に不自由や運転のしにくさなどを感じることは

ないと思いますが、アクセラスポーツに慣れているので運転のしやすさはアクセラスポーツ

の方が上だと思いますが、小柄な方にはデミオの方が良いかも知れません。

 

燃費の方は知人が18km/L以上いくとの報告もありましたので、

マニュアルよりオートマの方が燃費性能が良かったので、乗り方によってと

環境次第では20km/Lを目指せるかも知れませんね。

 

まとめ

 

今回、アクセラスポーツの代車でデミオをお借りしましたが、実際デミオを運転してみて

デミオの完成度は高いと感じましたが、一人や2人の乗車の場合ですので

4人以上の乗車がある方はアクセラスポーツ以上のクルマが必要でしょうね。

次期デミオも色々と大幅に変更されるみたいですが、燃費性能や動力性能のアップが

見込めそうな気がしますので、楽しみに待っていましょう。

今回の1300ccのデミオは販売が終了したので、中古などでの購入になるでしょうが、

一人や二人の乗車が主ならかなりおすすめだと思いますので試乗してみて

購入の車種に検討してみてはいかがでしょうか?

 

アクセラスポーツも、もうじき次期アクセラの発表がありますので期待しましょう。

カッコいいアクセラを期待しましたがリーク情報の画像を見た限りでは

かなりマイルドな感じに変更されたようで現行のアクセラスポーツと同じに感じましたが、

実際の写真などを見てみないとわかりませんので、次期デミオや次期アクセラに注目しつつ

すぐに車が欲しい方次期アクセラや次期デミオまでのつなぎで中古でデミオを購入して

値段がこなれたころに新しいアクセラやデミオを購入するのも良いでしょうね。

 

関連記事

 

 

関連記事

目次 1 次期アクセラも発売も近いので現行のアクセラスポーツを紹介2 アクセラスポーツエクステリア2.1 アクセラスポーツ(フロント)2.2 アクセラスポーツ(サイド)2.3 アクセラスポーツ(バッ[…]

マツダ「アクセラスポーツ」

 

 

関連記事

画像はやまとしの愛車アクセラスポーツ15S前より綺麗に切り取ってみました。 目次 1 やまとしの愛車アクセラスポーツを紹介(仮)1.1 初代アクセラスポーツ(BK)1.2 2代目アクセラスポー[…]

アクセラスポーツ(BL系)

 

THE THOR(CTA)当サイトで使用中の有料Wordpressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」
高機能なテーマになっていてSEOや集客に強いテーマになっています。
標準でAMP・PWAに対応し、カスタム投稿などにも対応していて自由度も高く
標準使いでもプロの作成したようなデザインが出来ます。
テーマのダウンロードはこちらからどうぞ!
詳細を公式ホームページで見る
MAZDAデミオ
最新情報をチェックしよう!
広告