現在使用中のスマホ【ZenFone3 ZE520KL】日本版

ZenFone3 アイキャッチ画像

Zenfone3 ZE520KL

リングとカバーはついてきません

ガラスフイルムを貼っていますので見た目が違います。

Zenfone3 ZE520KL裏

 

スポンサーリンク

ZenFone3 ZE520KL(日本版)のレビュー

 

現在使用しているのはASUSさんから2016年に発売された

ZenFone3 ZE520KL(日本版)SIMフリーです。

この端末×3台をIIJMIOと契約した時に一緒に購入しました。

しかも同じ色のパールホワイトを3台購入(笑)

やっぱり車などもパールホワイトとか塗装代金かかると

わかっていてもみんな買っていますよね?

家もそんな感じで選びましたしパールホワイトの方が高級感がありますね。

スポンサーリンク

ZenFone3 ZE520KL(日本版)とは

 

ASUSさんから2016年10月07日に発売され当時

SIMフリー端末では価格.comでも上位を維持していましたが

今は年月も経ったこともあり10位以下にランクが落ちていますが

それでもキャンペーン価格などで安くで購入できるため新たに使用する

人もいるのではないでしょうか?

この端末は2016年と2017年の2年連続でBCN AWARD SIMフリー部門で

最優秀賞を受賞しているので人気商品であったのは納得です。

 

ただし最近はZenFone5の発表もあり型落ち感が出てくるでしょうが

まだ性能的にもミドルレンジの端末であるのでしばらく使えるでしょう。

最近の端末は値段がどんどん高額になっているので買い替えは容易じゃないですね。

スポンサーリンク

基本性能は?

 

2018年3月現在Androidバージョン7.0になっており

他の国ではAndroid8.0が使える地域もあるようで

管理人も気になっていましたが、日本版はどうなることでしょうね。

ミドルレンジのプロセッサーQualcommのSnapdragon625(オクタコアCPU)】

を採用しメインメモリーに3GBと今でもサクサク動くので十分すぎる性能です。

グラフィック機能にAdreno506を採用しているせいか画像なども

綺麗な方でゲームなどでも特に不便はないですね。

画面も5.2インチの液晶を採用されちょうど使いやすいサイズになってます。

バッテリー容量が2,650mAhと少なめですが普段使いでは2日ぐらいは

持つと思います。

だいたい毎日充電して100%にしちゃうタイプなのでハードに使っても

なんとか1日は持つでしょうが、念の為に充電できるものを持って

いたほうが良いでしょう。

 

この端末の主な特徴は

 

  • USBタイプCを採用
  • デュアルSIMを採用(DSDS対応)3G/4Gの同時利用が可能
  • AUのVoLTEに対応
  • 液晶に5.2インチのTFT液晶を採用
  • 2.5D加工(Gorilla Glass3)を採用
  • 1600万画素(ソニー製のカメラ)を採用
  • フルHD解像度(1920×1080)
  • 指紋認証センサー
  • ハイレゾ(イヤホン・ヘッドホン対応で)
  • FMラジオが聞ける(イヤホン等使用で)

 

 

4月19日よりAndroid8.0アップデートがはじまっていたそうです。

  1. Android8.0のへのアップデート
  2. Googleセキュリティーパッチ
  3. Y!mobile VoLTEをサポート

まとめ

管理人は2018年に出る予定のiPhoneの廉価版を購入予定ですが

それまでこの端末を使い続けるつもりですし

もしかしたら他のIPadや個人用のPCに費用を使うかもしれないので

価格と性能次第でこの端末を使い続けるでしょう。

 

性能的にもまだ申し分ないですし

キャンペーンなどでも安くで手に入れられる機会があるようなので

コスパのいい端末を探している方にはおすすめ出来るでしょう。

ZenFone3 アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!