Amazonのセールで悩んだ末に購入したアクティブ ノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスBluetoothイヤホン(4,000円台)など購入品を紹介!

イヤホン

Amazonで5日間のビッグセール「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」セールが11月27日(金)9:00から12月1日(火)23:59分までの期間開催されていて、Twitterなどでもタグ#Amazon5日間のビッグセールや#Amazonや#アマゾンブラックフライデーなどのハッシュタグがトレンド入りしたりと盛り上がりを見せていますが、管理人(やまとし)もブログの記事を一時お休みして購入したい商品を探して悩んだ末にアクティブ ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン Blutoothイヤホン他を購入しましたので紹介していきます。

下記記事のWi-Fiアダプタが安ければ購入しましたが、安い方の製品だけ今回のセールの対象でしたので残念でしたが気になる方はチェックしてみてください。

 

関連記事

ドスパラから購入したゲーミングPCのGALLERIA(ガレリア)RT5も購入して1年近く経とうとしていますが、その間に感じたことでドスパラのGALLERIAシリーズなどでは標準で無線LAN接続やBluetooth通信のためのアダプタなどがつ[…]

マザーボード

 

関連記事

購入した完全ワイヤレスイヤホンの「TOZO NC9」が届いたので開封して紹介していきます。Amazonのセールで4,199円(税込)で購入した商品で、完全ワイヤレスイヤホンでありながらアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能が付きながら[…]

TOZO NC9

 

 

スポンサーリンク

アクティブ ノイズキャンセリング搭載で4,199円で購入したTOZO NC9 完全ワイヤレスBluetoothイヤホン

 

AirPods Proにも搭載されているアクティブノイズキャンセリング(ANC)が搭載されていてわずか4,199円で購入したTOZO NC9をまずは紹介していきます。

今回のAmazonのセールでは完全ワイヤレスイヤホンやヘッドホンなどの製品で有名なメーカーの物が多いと感じたので、くまなくセールを検索して悩んだ結果TOZOというブランドの NC9を購入しました。

最初はTOZO TZ12ワイヤレスイヤホンという商品が気になり、タッチコントロール&LEDデジタルディスプレイにIPX8防水機能とワイヤレス充電対応で記事作成時の価格が3,499円となり安いのでこれにしようかと思っていましたが、TOZOブランドを検索するとNC9という製品が見つかったのでノイズキャンセリング搭載の製品だと思ったのでチェックしてみたら記事作成時4,199円とかなり安いので調べてみたところ、楽天ショッピングや価格.comなどで調べてみたら16,872円という価格しかなく、外国からの取り寄せ商品になっていました。

Yahooショッピングでは約6,000円ぐらいの価格でAmazonの標準価格と同等でした。海外のレビューサイトを調べてみると69.99ドル日本円で7,300円ぐらいの価格でしたので製品が良ければかなり価値がありそうと感じたので購入しました。

海外レビューサイトでは不自然なレビューを削除して4.0なので中々の高得点ですし、レビュー数がかなり多いので海外では有名な商品なのでしょう。Amazonでも商品が取扱い開始されたのが2020年の3月からなのでまだ日本での評判は出回っていないようなので身銭を切って購入して紹介していきます。

 

BluetoothヘッドセットはJabra miniという製品を所持していますが、片耳ですし、ノイズキャンセリング搭載Bluetoothヘッドセットは持っていませんので購入したくなりました。知事がノイズキャンセリング搭載のAir Pros ProやSONYのヘッドホンなどを所持していて話はよく聞いていますが周りの雑音などが聞こえなくなるとのことですが、あまり周辺の音が聞こえなくなるのも危険ですが、飛行機に搭乗するときや乗り物に乗るとき(運転はしない)ときに付けているだけでも効果があるとの事なので役に立つ機会もありますし、寝るときも付けていたらぐっすり寝れるかも知れませんので初購入してみました。

記事では子供が購入した完全ワイヤレスヘッドホンを紹介していますが、毎日耳に付けて使っていますので気に入っているのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

アクティブノイズキャンセリング搭載のTOZO NC9の詳細

 

同じTOZOブランドのTZ12よりアクティブ ノイズキャンセリングが付いている分、音質面での性能的にはどちらが良いかはわかりませんし、負けている部分があると思うのでノイズキャンセリングがいらないならTZ12の方が良さそうと感じています。

TOZOはスマートフォンのケースなども販売していて評価も高いのでそちらの評価も参考にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

アクティブ ノイズキャンセリング

Air Pods Proにも搭載されている機能で外向きの内臓されているマイクで周囲の雑音を集めて同等のアンチノイズで最初にノイズを低減し、内向きの内蔵されているマイクで耳内側の音を集め、再びアンチノイズを発生し2回目に騒音を打ち消してくれる機能になり、耳に聞こえる90%のノイズを防ぐ機能になります。外部の音が聞こえなくなりずらくなりますので、交通量が多いところや危険が近づいた時の反応が遅れる可能性もあるので注意も必要になりますし、会話が聞こえづらくなるので使用には十分に注意しましょう。

外部の音が聞き取れるモード

雑音だけ消してくれて聴きたい音だけ聞こえるのでワイヤレスイヤホンを外さなくてもいい素晴らしいモードですね!実際に試してみないとわかりませんが個人的には理想のモードになります。

デュアルノイズキャンセリングマイク内臓

ダブルマイク ノイズキャンセリングで環境騒音を抑えることが出来るので通話時のノイズを低減出来そうなので聞こえやすいかも知れません。専用の内臓マイクと2つの外側マイクで聞きたい音だけ検出し、外部のノイズから分離します。

ワンステップでペアリング

充電ケースから2つのイヤホンを取り出すだけで自動的にペアリングします。Bluetoothを有効にすることでペアリングできるようです。これは所持している昔のJabra miniでも自動でペアリングできるので最近では標準機能ではないでしょうか?

外出での充電

TOZO NC9は1回の充電で8時間以上、充電ケースをフル充電すれば最大25時間持つと言われていますが、コメントを見る限りそれよりもは落ちそうです。

その他の詳細

YouTube動画で確認するとケーブルはUSB-C対応でイヤーパッドは6セットの中から自分に合うものを選ぶ感じですね!人間工学に基づいたデザインで、両方のイヤホンともIPX6防水機能で9.2mmの大型スピーカードライバー採用で強力な低音パフォーマンスと記載されてますので中・高音が気になるところではありますね!通常の2.04倍のドライブエリアだそうです。

Bluetooth 5.0テクノロジーとのことですが、所持しているiPhone12ProもBluetooth5.0どまりですし特に問題はないでしょう。

HSP、HFP、A2DP、AVRCPをサポートとの事で標準的な仕様ですが我慢するしかないでしょう。

TOZO NC9にはタッチコントロールセンサーを搭載しているのでボタンの位置を確認する手間が低減出来そうですが慣れが必要かも知れません。

TOZO NC9のまとめ

 

アクティブノイズ キャンセリングが搭載された製品としては4000円から5000円台で購入出来るなら最安の部類になると思いますのでアクティブ ノイズキャンセリングが欲しい方は買いかも知れませんが、商品が届いていないので現状では何とも言えませんが外国では評判高そうなのと日本でのレビューも悪くはなそそうですが、SONY製品やAppleのAirPods Proにはかなわない感じですが、値段を考えるとコスパは良さそうです。レビューの書き込みも使用している端末によっても違いがありそうですので、追記や新記事、YouTube動画などで確認してからの購入検討が確実だと思いますが到着は11月から12月のはじめになります。

個人的にはアクティブ ノイズキャンセリング搭載のイヤホンは初めてになりますので楽しみですが、TOZO TZ12の方もワイヤレス充電に対応や10mmの大型スピーカードライバー搭載など気になります。

後日、TOZOのことやNC9のことを徹底的に調べましたが、高級機には及ばないものの値段を考えると良さそうな商品ではないかとは思いますので届いたらレビューします。

TOZOがどこの国のブランドかはわかりませんでしたが、恐らく中華のブランドだとは思います。まだ新しいブランドのようなのでこれから有名ブランドになる可能性もありますので注目してみましょう。

TOZOのスマートフォンケースもYouTubeで拝見しましたが評判がいい感じなので期待は出来そうです。

 

公式ホームページはこちらです。

FacebookやTwitterもありましたのでチェックしてみると良いでしょう。

他の気になったブランドは?

 

Anker Soundcoreシリーズ

 

Anker Soundcoreシリーズもブラックフライデーセールの対象なので気になりましたし、評判が高いので良いと思います。

cVc8.0ノイズキャンセリングを搭載した安価なモデルもありますが、アクティブ ノイズキャンセリングと違い通話時のノイズを低減してくれる機能なので周りの雑音を消す機能ではないので間違わないようにしましょう。

Anker(アンカー)でもアクティブノイズキャンセリング付いたものは高価になりますし、パッと確認したイヤホンでも7000円台になりますので、TOZO NC9はかなりコスパ良さそうです。

ただ音質はAnker Soundcoreシリーズは評価が高いので聞き比べてみないとわかりませんね!

Anker Soundcore Life NCにアクティブノイズキャンセリングが搭載されていますが、それでも7,499円と高くなります。

 

SOUNDPEATS

 

ここは子供が使っているブランドでTRUE AIRを使っていますし、管理人(やまとし)が勧めたメーカーで安い割には物が良いメーカーです。

 

関連記事

管理人(やまとし)宅で使っているiPhoneやiPad(Pro)やiPad mini5やAndoridスマホでも使える最近購入した商品を紹介します。 管理人宅ではAndoridスマホが多数に最近購入したiP[…]

TRUEAIR他

 

最初に購入しようと思ったのがSOUNDPEATS SOINCという製品で2020年の10月に取り扱われた製品で記事作成時にAmazonの売れ筋ランキング9位と売れていますのでこれにしようと半分以上は決めていましたが、アクティブノイズキャンセリングを試したくなったので断念しました。

AptX AdaptiveやAACもサポートしBluetoothバージョンが5.2搭載でQCC3040を採用していながら、記事作成時3,735円とお得な値段ですので、TOZO NC9を見なければ確実にこれを購入していたでしょう。

 

 

SOUNDPEATSとAnker製品とBeatsXがランキング数は多いですし、上位に多いので安定を求めるなら無難だと思います。

BeatsXシリーズもiPhoneと互換性が高い製品ですのでApple製品を多く持っている方には良いと思いますし、今回のセールでも大幅割引なのでお得ですし気になっていたメーカーですがアクティブノイズキャンセリングの関係で候補から外れました。

 

 

JPRiDE(ジェィピーライド)

 

ここもブラックフライデーに対応してお買い得になっているので気になりました。

音質にも評判が高く売れ筋ランキングにも10位にランクインしているTWS-520が一番の気になった商品でしたが商品自体が2019年の製品だという事とバッテリー駆動時間が短いということとアクティブノイズキャンセリングの関係で候補から外れました。

 

BeatsX

 

ここはApple製品は互換性が抜群でAppleのチップを搭載しているのでiPhone12Proに使うには一番いいかも知れませんが、ここも結局アクティブノイズキャンセリングを試したい欲求があるので候補から外れました。

 

関連記事

iPhone12とiPhone12PROの予約注文が2020年10月16日の21時より開始され、iPhone12PROの128GBのゴールドを予約しました。購入するか迷いましたが衝動買いで購入しました。他にもMagSafe充電器と20W U[…]

iPhone12PRO

 

ただ50%以上の割引率の商品もありますし、売れ筋ランキングに多数入っていますので通常の方はこちらを選んでおけば間違いなさそうですが、レビューをみて壊れやすいのかな?と思ったのも購入から外れた理由ですがApple製品との相性は抜群でAirPods Proまでの予算を出せない方には候補のブランドになるでしょう。

 

 

Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーセールで他に購入したもの

 

購入した商品はブランドHisea-jpの車載ホルダーをiPhone12ProやiPad mini5を使うために購入しました。

サンバイザーや後部座席で使える車載ホルダーでクリップ式になっていてエアコンの吹き出し口にも使えそうですし、クリップなのでデスクなどでも使えるので汎用性が高いです。

以前購入した磁石で吸着させる商品がiPhone12Proに変更したことで使いづらくなったので購入しました。

 

スポンサーリンク

購入価格は数量限定商品で1,300円で購入しました。

 

ProCaseの14から16インチのラップトップスリーブブリーフケースこちらも購入しました。

所持しているノートパソコンのLenovoのideaPad  C340を持ち運ぶために購入しました。パソコンの収納バッグは所持していますがかなり古くて汚いので新規一転購入です。

こちらも数量限定で1,519円で購入しました。

 

スポンサーリンク

 

この2点で2,819円で購入しました。

 

TOZO NC9が届いたので簡単なレビュー

 

TOZO NC9がAmazonから届いて音楽を聴いて使ってみたので簡単に紹介します。詳しくは新記事で書く予定なので閲覧ください。

ペアリングが非常に簡単ですが使い方を覚えるには少し時間がかかるかもしれません。音楽を聴いた感想は特に不満がないレベルで他の高級イヤホンと比べてみないとわかりませんが個人的には有線で聞いている感じと同じで、音飛びや接続が切れたりといった問題はないですが時間でいったん停止されるようで。再生を押すとすぐにつながりましたので安心ですし、まだ使い方を完全に覚えていないので覚えていきます。

聴く音楽の音質やコーデックの種類によっても左右されそうです。問題のアクティブ ノイズキャンセリングですが、確かにタッチして切り替えてみるとわかりますが、はっきりと違いがわかりますし、イヤホンを外すとかなり違いがわかります。ただ完全にノイズや雑音を消してくれることはないですし、BOSEやSONYやAppleのANC搭載機にはたぶんかなわないと思います。

ただ息子に試しに聴かせてみたところヤバいと言ってましたので、息子のイヤホンよりは性能が高いかも知れません。

何時間か音楽などを聴きながらこの記事を書いていますが、音質的には個人的には問題ないですし、家にあるイヤホンの中では一番音が良いと思います。

価格は高くなりましたが、Amazonでも20%オフのクーポンが記事作成時には追加されていて実質約4800円ぐらいになっていますのでお得になってますのでお買い得だと思います。

レビューによるとAAC/SBCにも対応していると書いていましたのでわかる方は確認してみてください。音質的にも個人的は文句ないですし、正直このイヤホンはもっと話題になっても良いかと思いますが耐久性はまだわかりませんので現時点では何とも言えませんね!別記事でレビュー記事を書くのでそちらも確認してください。デメリットとして英語の音声が良くわからないので勉強します(笑)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

Amazonのブラックフライデー&サイバーマンデーセールでは現在のところ3商品購入しましたが、届いていないので届いたら紹介していく予定ですし、まだまだ開催期間もありますし、限定の商品でお買い得なものがあったらまだまだ購入していこうと思います。年末としては最大級のお買い得なセールになりそうですし、どうせ購入するなら少しでも安く購入した方がお得ですが、最近Amazonでの購入が多いのでお小遣いがどんどん削られていきますが皆さんの購入の参考や手助けになるべくブログとYouTube動画で紹介していこうと思います。

YouTueの投稿頻度は少ないですが今後は本数を増やしたいですし、動画自体は撮影してありますがブログ優先で活動してるので今回購入したノートパソコンのブリーフケースを使って持ち運んで活動出来るように頑張りたいですね!

今回は何と言ってもハイブリッド アクティブノイズキャンセリング搭載のTOZO NC9の到着が楽しみですし、外国での評価が高いのかレビュー数がかなり多いのが気になりますが、日本ではあまりなじみがないブランドなのでやまとしが宣伝して広めていきたいですが商品が届いて検証しないとわかりませんね!

購入したいものはたくさんありますが、お買い得な商品を探すのが大変なので、SNSやwebやYouTueなどを活用しながら探していきたいですね!

 

関連記事

購入した完全ワイヤレスイヤホンの「TOZO NC9」が届いたので開封して紹介していきます。Amazonのセールで4,199円(税込)で購入した商品で、完全ワイヤレスイヤホンでありながらアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能が付きながら[…]

TOZO NC9

 

イヤホン
最新情報をチェックしよう!