マツダSUV人気の立役者CX-5の紹介

マツダSUV人気の立役者CX-5の紹介

MAZDA CX-5 人気のSUVの紹介

 

CX-5

 

 

MAZDAさんにアクセラの定期点検に行き、ついでに画像を大量に撮らせてもらい、

掲載許可を貰って来ましたので、今回はCX-5を紹介していきます。

 

毎回、定期点検や車検時などによく試乗させてもらえて、接客もいつも丁寧・親切にしてもらい

非常に対応のいい店舗で、高級な外観の店舗に変更されてます。

 

ナンバーと店舗の特定されないような配慮でぼかしをいれてますので、

ご了承ください。

 

マツダ CX-5

初代KE系(2012年)二代目KF系(2017年)

に発売されたマツダの販売しているクロスオーバーSUVで、初代KE系

が発売されて、かなり人気が出たので現在もよく見かける機会も

あると思います。

 

2017年に2代目のCX-5が販売されて、たまに見かけるように

なってきて、初代のKE系も心惹かれるものがありましたが、

二代目になりさらにデザインが洗練されてきているなと感じています。

 

2018年に3月8日にマイナーチェンジ(年次改良)が行われた

ばかりで、今後の売れ行きが楽しみですね。

 

やまとしも所有したいですが、家の近所が狭いのと車2台の維持費

と余り走行しないのでアクセラに乗っていますが、ブログで成功したら

CX-5の三代目辺りを購入出来たらいいですけどね。

CX-5エクステリア

こちらはマツダの鼓動デザインが洗練されていて、

カッコいいですが、リアはもう少し主張してほしかったです。

 

カラーのソウルレッドクリスタルメタリックも光などを反射して、かなり綺麗な色で

おしゃれで、他のカラーも綺麗なカラーだとおもいますので、

カラーの選択も悩むところでしょうね。

フロント

 

 

初代(KE系)のフロントも好みでしたが、変更されたことで、

高級感が増したかんじですっきりしたマスクになりましたね、

二代目の方がフロントは好みです。

サイド

 

 

こちらはライトの部分を見ればわかりますが、ぱっと見では

初代との差はそこまでかんじれないでしょう。

バック

 

 

ここはもう少しがんばって欲しかったところで、かなり

地味な感じがします。

CX-5インテリア

インテリアは最近のマツダさんは高級感あるインテリアに

仕上げてますので、評判は高いです。

運転席

 

 

マツコネの画面の大きさに不満がある方もいるでしょうが、個人的には特に大きさは

気になりませんでした。

シートも最近のマツダさんはいいものを使ってますから、座りやすいシートでした。

気になる所は、フロントのピラーの部分でたまに見ずらいところですが、

安全装備がついてますので安心ですが、出来るだけ自分で気をつけましょう。

後部座席

 

 

後部座席は4~5人で乗車しても多少は余裕があるので、余程大柄な

方が乗車しない限りは大丈夫でしょう。

 

トランク

大容量ですので特に不満を感じることはないでしょう。

エンジン

ガソリンエンジンとクリーンディーゼルのラインナップになります。

ガソリン

PE-VPS型(水冷直列4気筒DOHC16バルブ)

PY-RPS型(水冷直列4気筒DOHC16バルブ)

ディーゼルエンジン

SH-VPTS型(水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ)

SKYACTIV-G(ガソリン)

SKYACTIV-Gは高圧縮比13.0によって軽快に走り

また、燃費性能にも優れたエンジンになっています。

SKYACTIV-G 2.5

高圧縮比と2.5Lエンジンで低速と中速の加速と、静粛性に優れ

燃費もこのクラスでは頑張っていると思います。

 

新しく気筒休止という新技術が搭載され、一定走行時に4気筒のうち

2気筒を休止させ燃料の消費を削減して燃費を向上させるものらしいです。

 

走行時に自動で作動し、スムーズに切り替わるため特に気にしなくていいです。

エンジン性能

2WD FF4WD
最高出力:140kw(190ps)/6,000rpm

最大トルク:252N・m(25.7kgf/m)/4,000rpm

最高出力:138kw(188ps)/6,000rpm

最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/4,000rpm

SKYACTIV-G 2.0

こちらも軽快な走りのエンジンでピストン形状を変更し、

高効率化により優れた燃費と低中速の加速性能の向上を

実現しています。

エンジン性能

2WD FF
最高出力:115kw(156ps)/6,000rpm

最大トルク:199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpm

SKYACTIV-D 2.2(ディーゼルエンジン)

こちらがこの車の一番オススメのエンジンですが、長距離走行しない方

で街乗り中心ならガソリンエンジンの方が良いでしょう。

 

ディーゼルエンジンはある程度の高速走行できる環境じゃないと、

煤が溜まる問題などがあるので、修理費が高くつく可能性がありますので、

自分の環境にあったエンジンを選ぶと良いでしょう。

 

やはり、この車はトルクを低回転で最大限に発揮出来るのが

強みなので、山道や急な坂を走行する機会が多い方はディーゼルエンジン

一択でしょうね。

 

ナチュラル・サウンド・スムーザーを搭載でディーゼルエンジンの

気になる音は軽減されており、運転時には気にならないレベルだと思います。

エンジン性能

エンジン性能
最高出力:140kw(190ps)/4,500rpm

最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/2,000rpm

安全性能

360°ビュー・モニターが新たに追加され、安全性能がさらに拡大されました。

4つのカメラ(前後左右)により危険を察知し教えてくれるものです。

他にも安全性能サポカーS・ワイドに該当していて、マツダの安全装備

は評判が高いので安心できると思います。

 

安全性能はCX-3もサポカーS・ワイドなので

気になるかたはこちらで紹介しています。

 

 

CX-5スペック

ガソリンエンジン(主要諸元)

車種20S/20S

 PROACTIVE

25S L Package25S

25S PROACTIVE

25S L Package

駆動方式2WD(FF)2WD(FF)4WD
エンジンタイプSKYACTIV-G 2.0SKYACTIV-G 2.5
トランスミッションタイプ6EC-AT6EC-AT6EC-AT
全長×全幅×全高4,545×1,840×1,690
乗車定員5名
車両重量1,520~1,5301,550~1,5601,610~1,620
サスペンション 前/後マクファーソンストラット式/マルチリンク式
エンジンPE-VPS型PY-RPS型
最高出力kw

(PS)

/rpm

115

156

6,000

140

190

6,000

138

188

6,000

最大トルクN・m

(kgf/m)

/rpm

199

20.3

4,000

252

25.7

4,000

250

25.5

4,000

総排気量(L)1.9772.488
燃費(JC08モード)16.014.814.2
燃費(WLTCモード)14.613.813.0

 

ディーゼルエンジン(主要諸元)

車種XDXD PROACTIVE

XD L Package

XD

XD PROACTIVE

XD L Package

駆動方式2WD(FF)4WD
エンジンタイプSKYACTIV-D2.2
トランスミッションタイプ6EC-AT
全長×全幅×全高4,545×1,840×1,690
乗車定員5名
車両重量1,610~1,6301,670~1,700
サスペンション 前/後マクファーソンストラット式/マルチリンク式
エンジンSH-VPTS型
総排気量(L)2.188
最高出力kw

(PS)

rpm

140

190

4,500

最大トルクN・m

(kgf/m)

/rpm

450

45.9

2,000

燃費(JC08モード)19.018.0
燃費(WLTCモード)17.416.6

詳しい情報が知りたい方はマツダ公式CX-5のページで確認ください。

マツダ公式CX-5のページはこちらです。

CX-5価格

ガソリン車
駆動方式2WD(FF)4WD
グレード20S20S

PROACTIVE

25S

L Package

25S25S

PROACTIVE

25S

L Package

メーカー希望小売価格

( )内は消費税抜き価格

¥2,494,800

(¥2,310,000)

¥2,689,200

(¥2,490,000)

¥2,986,200

(¥2,765,000)

¥2,721,600

(¥2,520,000)

¥2,916,000

(¥2,700,000)

¥3,213,000

(¥2,975,000)

 

ディーゼルエンジン
駆動方式2WD(FF)4WD
グレードXDXD

PROACTIVE

XD

L Package

XDXD

PROACTIVE

XD

L Package

メーカー希望小売価格

( )内は消費税抜き価格

¥2,808,000

(¥2,600,000)

¥3,002,400

(¥2,780,000)

¥3,299,400

(¥3,055,000)

¥3,034,800

(¥2,810,000)

¥3,229,200

(¥2,990,000)

¥3,526,200

(¥3,265,000)

CX-5まとめ

 

年次改良によりさらなるパワーアップを遂げたCX-5

360°ビュー・モニターや気筒休止などの新機能も加わり

かなりお買い得になっています。

 

安全装備やAWDの評判も高いようですから、予算があるなら

ディーゼルを購入しトルクフルなエンジンとさらに磨きが

かかったエクステリアで注目をあびましょう(笑)

CX-3の新型とアテンザの新型も発表されてますので、そちらも

楽しみですね。

 

2018年12月 CX-5マイナーチェンジ

 

2018年10月25日に発表があり2018年12月に

CX-5がマイナーチェンジを行う予定だという情報が入ってきたので追記します。

まず2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」追加されます。

ただ、価格の高騰と燃費の悪化が予想されるので心配なところであります。

 

SKYACTIV-G 2.5T

直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン

最高出力:169KW(230ps)227hp/5,000rpm

最大トルク:420Nm(25.6kgm)/2,000rpm

トランスミッション:6速AT

その他の変更点は

・マツダコネクトが7インチから8インチに拡大

・Android AutoとApple CarPlayに対応

・フロントシートに快適な風が流れる「シートベンチレーション」の追加

・先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の性能向上

となっていますが他にも変更点はあるかも知れません。

やはり気になるのは価格と燃費でしょう。

ただ、アテンザほどの見た目の大きな変更点はなさそうなので

9月の決算時期に購入した方でもそこまでショックはないかも知れませんね。

 

カテゴリの最新記事