次期アクセラは2019年か?現行のアクセラをおさらい

次期アクセラは2019年か?現行のアクセラをおさらい

次期アクセラも発売も近いので現行のアクセラスポーツを紹介

 

マツダ「アクセラスポーツ」

やまとしの愛車アクセラスポーツの現行型のアクセラスポーツの紹介です。

マツダではデミオに続き値段がお手頃な車種になっていてます。

 

現行は3代目アクセラになり、マツダでは主力の車種になっていて、

アクセラスポーツ、アクセラセダン、アクセラハイブリッドの3パターン

が販売されていて、エンジンもガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、

ハイブリッドの3パターンが販売されています。

 

2代目以前のアクセラスポーツはこちらのサイトでも紹介していますので、

さらにおさらいしたい方は閲覧してください。

 

 

次期アクセラスポーツもおそらく2019年にSKYACTIV-Xエンジンを

初搭載して発売されるでしょうから、期待は高く他のメーカーも

新エンジンのSKYACTIV-Xは気になるところでしょう。

 

アクセラスポーツエクステリア

アクセラスポーツ(フロント)

マツダ「アクセラスポーツ」

 

ヨーロッパティストあふれる外観でカッコいい見た目になっていて、

2代目の外観も良かったですが、さらに洗練されて他社の車種には

ない見た目になっています。

アクセラスポーツ(サイド)

アクセラスポーツ(サイド)

横から見た外観は初代からあまり変わってない感じがしますね、

4代目のアクセラスポーツから変更される感じがしますので、

更なる見た目のアップに期待しましょう。

アクセラスポーツ(バック)

アクセラスポーツ(バック)

 

個人的には先代よりも気に入っていて、満足は出来ると思います。

アクセラスポーツインテリア

アクセラスポーツ(運転席)

アクセラスポーツ(運転席)

先代と比べるとかなり高級感がアップしていて、サイドブレーキの位置

が変更されているのは、先代でのサイドブレーキの位置の評判を受けて

変更されたのでしょうかね。

アクセラスポーツ(後部座席)

アクセラスポーツ(後部座席)

こちらもシートなどの質感が上がり高級感が増していますが、

基本的にはあまり違いは感じられないでしょう。

トランク

こちらも広さなどもあまり変更はなく使い勝手は同じでしょう。

動力性能

エンジンがガソリン、ディーゼル、ハイブリッドの3パターンの

ラインナップになっていて、購入ユーザーにとって選択が多いのは

良いことでしょう。

SKYACTIV-G 1.5(ガソリンエンジン)

ガソリンエンジンには直噴ガソリンエンジンSKYACTIV-G 1.5

採用されていて、高圧縮で燃費も先代アクセラスポーツより、

改善されていて、このクラスとボディでは頑張っているかと思います。

最高出力:82kw(111ps)/6,000rpm

最大トルク:144N・m(14.7kgf/m)/3,500rpm

SKYACTIV-HYBRID(ハイブリッド)

こちらはTOYOTAからハイブリッドエンジンを供給して、

ハイブリッド専用ガソリンエンジンSKYACTIV-G2.0が

採用されているので、高い燃費性能と動力性能を発揮しています。

エンジン最高出力:73kw(99ps)/5,200rpm

エンジン最大トルク:142N・m(14.5kgf/m)/4,000rpm

モーター最高出力:60kw(82ps)

モーター最大トルク:207N・m(21.1kgf/m)

 

SKYACTIV-D(ディーゼルエンジン)

こちらはディーゼルエンジンで1.5Lと2.2Lのディーゼルエンジン

がラインナップされていて、高圧縮で燃費と主力の両立を実現しており

、ディーゼルエンジン(軽油)なのでガソリンより単価が安いので、

経済的なためお財布に優しでしょう。

 

特に評判が高いのは2.2Lの方で、出力とトルクが高いので、

坂道などを通る機会が多いかたには満足が出来るでしょうね。

SKYACTIV-D 1.5(ディーゼルエンジン)

最高出力:77kw(105ps)/4,000rpm

最大トルク:270N・m(27.5kgf/m)/1,600~2,500rpm

SKYACTIV-D 2.2(ディーゼルエンジン)

最高出力:129kw(175ps)/4,500rpm

最大トルク:420N・m(42.8kgf/m)/2,000rpm

安全装備

360°ビューモニターが新しく採用されていて、安全装備に

死角がなくなりました。

 

マツダさんの車種は死角になる部分があるので、購買ユーザーには

嬉しい追加だと思います。

 

すべてのグレードに先進安全技術が標準装備し、

サポカーS・ワイドに該当しています。

 

安全装備の詳しい説明などは公式ホームページか、

CX-3を紹介しているページで記載していますので、

そちらでご確認ください。

 

 

グレード&スペック

マツダさんの主力の車種だけあってグレードが多いので、

グレードの選択肢は多いでしょう。

1.5Lエンジン(ガソリン車、ディーゼルエンジン車)

車種15C/15S/15S PROACTIVE/15S L Package15XD/15XD PROACTIVE/15XD L Package
駆動方式2WD4WD2WD
エンジンタイプSKYACTIVE-GSKYACTIVE-GSKYACTIVE-GSKYACTIVE-D
トランスミッションタイプ6EC-AT6MT6EC-AT6EC-AT
寸法(全長×全幅×全高)4,470×1,795×1,4704,470×1,795×1,4804,470×1,795×1,470
乗車定員5名5名
車両重量(kg)1,2801,2601,3601,360
サスペンション 前/後マクファーソンストラット式/マルチリンク式マクファーソンストラット式/マルチリンク式
エンジン水冷直列4気筒DOHC16バルブ水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
総排気量(L)1.4961.498
最高出力 kw(ps)/rpm82(111)/6,00077(105)/4、000
最大トルク N・m

(kgf/m)/rpm

144

(14.7)/3,500

270

(27.5)1,600~2,500

燃費(JC08モード)

km/L

20.419.217.821.6

 

ディーゼルエンジン

 

車種22XD PROACTIVE22XD L Package
駆動方式2WD4WD2WD4WD
エンジンタイプSKYACTIV-D 2.2
トランスミッションタイプ6EC-AT6MT6EC-AT6MT
寸法(全長×全幅×全高)4,470×1,795×1,470
乗車定員5名
車両重量(kg)1,4401,5101,4501,4401,5201,510
サスペンション 前/後マクファーソンストラット式/マルチリンク式
エンジン水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
総排気量(L)2.188
最高出力kw(ps)rpm129(175)4,500
最大トルクN・m

(kgf・m)/rpm

420

(42.8)2,000

燃費(JC08モード)

km/L

19.618.019.621.418.019.6

※アクセラセダンとアクセラハイブリッドのスペックは割合します

ので公式ホームページでご確認下さい。(スポーツではないので…)

アクセラスポーツ(現行型)まとめ

2代目アクセラ所持のやまとしには現行型のアクセラは、

かなり魅力的で会社に出勤中もアクセラ所有者をよく見かけ、

中には外部パーツなどでかなりカスタマイズしているアクセラスポーツ

も見かけますので、お金をかければさらに見た目がかっこよくなる

とは思いますが、余程アクセラ愛がない限りは他の車種も選択肢に

入ると思いますので個人で判断しましょう。

 

次期アクセラも2019年に発売されそうですから、現行を購入するか

来年まで待つかは個人の判断だとは思いますが、

初期ロットには不安がつきものですがSKYACTIV-X

にはやまとしも期待していますけど、買いたいときが買い時なので

個人の判断でお好きなアクセラスポーツを購入しましょう。

 

2019年発売予定の4代目アクセラスポーツ

 

 

上の画像が次期アクセラスポーツの予定画像でSKYACTIV-Xを搭載して

2019年に発売されるとC思いますが、かなりカッコいいですし

SKYACTIV-Xの実際の性能にも期待がかかるところです。

SKYACTIV-Xエンジンとは?

マツダの次世代ガソリンエンジンで米国ニューヨークで開催された

「2018 Edison Award」の表彰式でエンジン改良部門の

金賞を受賞したとのことでマツダさんは以下のコメントを

発表しています。

 

このたび受賞した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」は、

マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:

火花点火制御圧縮着火」により、ガソリンエンジンにおける圧着着火の

実用化に世界で初めてめどを付けた画期的な内燃機関です。燃費改善率

は現行ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」比で最大で20~30%、

トルクは全域で10%以上、最大で30%改善する見込みであり、環境

性能と走りの楽しさの両立を飛躍的に高めています。

この「SKYACTIV-X」を搭載したマツダの次世代商品は、2019年以降に

全世界で順次導入されていく予定です。

 

出典:マツダさんのコメントより抜粋

関連:マツダ公式サイト

※SKYACTIV-XのことはCX-3のページにも記載しています

 

他のメーカーも試験していたらしいけど難しい技術で上手く行かなかった

らしい技術なのでクリーンディーゼルに続きマツダの技術力はすごいです。

 

少し調べた感じだとマイルドハイブリッドの技術も加わった感じに

なりそうなので、実際のスペックは、はかりしれないですね。

 

また、TOYOTAと資本提携して米国に合併新工場を建設して2021年に

稼働を目指すらしく、SUVやEVなどの共同開発を行う予定らしいです。

 

トヨタとの提携はアクセラハイブリッドから始まったと思いますが

いよいよ本格的に活動が始まるようで、今後、TOYOTAの力も

加わりマツダが成長していくかもしれませんが、負けじと

やまとしもブログで頑張っていきます。

 

新型(次期)アクセラは2019年3月に発売

 

日本の新型(次期)アクセラは2019年3月に販売される予定のようです。

2018年11月ぐらいから恐らく事前予約が始まり

SKYACTIV-Xを初搭載しての販売になります。

ガソリン車初の(SPCCI)圧縮自己着火とスパークプラグ点火を併用する

世界で初の技術でマツダ車が初搭載になります。

 

全面シャーシが一新され、リアがマルチリンクからトーションビーム

変更になるようで、ハンドリングにどう影響があるか懸念されますが

楽しみに待ちましょう。

SKYACTIV-Xは発進時にモーターアシストする12Vの

マイルドハイブリッドとの組み合わせになりますので価格の

高騰も懸念されるでしょうが、高燃費と高出力を実現出来れば

少し高くなっても売れる可能性はありますが、初期ロットには

不安が付き物なのでしばらく静観して評判が良ければ購入するのも

いいと思います。

ボディサイズも現行型とほぼ同じとの事で安心ですが後部座席の

広さをもう少し拡大して、Aピラー周辺の視界の確保が実現出来て

いることに期待します。

すでに実車を見たとの報告もあるようなので情報が公開されるの

を楽しみに待っていましょう。

 

カテゴリの最新記事