軽自動車購入(新車)試乗編「日産・HONDA・スズキ」

軽自動車購入(新車)試乗編「日産・HONDA・スズキ」

軽自動車(新車)試乗&見積もりしてきました

 

軽自動車(新車)を試乗&見積もりをしてきました。

今回、試乗に行ったのは日産とHONDAとスズキの3社に行ってきました。

日産は当初はいく予定がなかったのですが、新車の販売台数(7月)が

ホンダ「N-BOX」が1万9668台スズキ「スペーシア」が1万1843台で

日産「デイズ&デイズルークス」が1万1703台ということで意外と健闘して

いましたので、購入価格が安ければ選択肢に入る可能性も出てきたので

一応観に行きました。

画像などは撮影などの許可などをもらい掲載しています。

予算は150万ぐらいで検討していて多少は高くなってもいいかなという感じ

で考えています。

最近の軽自動車は機能満載で高価格になっているのは知っていますので

ある程度は高くなるのは想定しないといけないですから

 

奥さんの通勤用に使用で、子供が大きくなっての運転も視野に入れているので

子供も連れて行きましたが、スマホのゲームばかりして興味がなさそうでしたが

一応感想を聞きました。

 

まずは日産「デイズ&デイズルークス」を試乗&見積もり

 

日産デイズ(前)

今回試乗した車は日産デイズ ハイウェイスターに試乗しました。

店員さんが助手席に乗り4人での試乗になりましたので

かなり動力の不安が出て来ますが最近の軽自動車の動力性能を

図るには良い機会です。

運転は奥さんがしましたので奥さんの感想になり、やまとしは

後部座席に乗った感想になります。

動力性能は4人での乗車+エアコン使用なのでやはりパワー不足

を感じたようで、13年落ちのムーブカスタムとの差があまり感じられなかった

みたいで、やまとしも後部座席に乗った感じでは基本ムーブカスタムと大差は

ないと感じましたが、試乗者にはアラウンドビュー/バックビューモニターが

搭載されていたので最近の軽自動車の凄さが垣間見えました。

試乗が終わり見積もりを取ることにしましたが、デイズを見積もりしたつもり

がデイズルークスの見積もりになっていましたが、価格を比べるにはいいので

良しとします。

見積もりしたグレードはデイズルークスのXというグレードで

付属品の価格が18万ぐらいでの見積もりになります。

車両本体価格が1,451,520+約18万で

見積もり価格が約1,900,000万ほどでした。

高い!

もちろん値引きや下取り価格が含まれていないのでこれより交渉しだいで

安くなる要素はありますので一概に言えないですがそれでも高い印象です。

とりあえず最近の軽自動車が高いのが再確認出来たところで他のメーカーに

行くことにしました。

安い普通車を購入してガソリン代や税金面で軽自動車の購入価格を考慮

すればそちらの方が良いと考える方も結構いると思うのでそちらも

検討しても良いでしょうね。

試乗者がデイズでしたのでデイズルークスには試乗していないので

機会があればデイズルークスにも試乗してみたい所ですが

今後、試乗に行くかは現状では微妙な感じです。

 

日産デイズ(横)

 

ホンダ「N-BOX(カスタム)」を試乗&見積もり

 

次は軽自動で一人勝ちで本命のN-BOX(カスタム)を見に行くことにしました。

到着するとさすがホンダさんというか客が多い

試乗車の空きが一つもないということで、とりあえず外で車を見た後

中でパンフレットなどを見ながら話を聞くことにしました。

対応してくれた方が結構テキパキと親切に対応してくれたので好感が持てました。

新古車などでいい車がないかと尋ねてパソコンでみせてもらうと逆に

価格が高くなり店員の方も強気の設定に驚いていました。(汗)

前から程度のいい新古車も検討していましたが、値段的には5万円ほどしか

変わらないということで新古車の購入は断念しました。

時間が経ち試乗車が準備出来たとの事なので試乗に向かいました。

今回の試乗車はN-BOXのG・スロープL Honda SENSINGというスロープ仕様車

という絶対に購入しない車で部座席は少し狭い仕様ですが、

今回は店員さんは同行しないということで自由な試乗ができることになりました。

やっぱりお客さんが多いから対応に忙しく同行できないのでしょうね。

 

N-BOX(正面)

上の画像が試乗に使用した車になります。

フルLEDヘッドライトが標準でついているのはポイント高いです。

旧型はハロゲンだったと思うので新型との見分けはライトで分かるかと思います。

 

N-BOX(斜め)

 

少し斜めの画像です。斜めの画像はやはり何にしてもカッコよく見えますよね。

 

N-BOX(横)

 

横の画像です。横から見たらやはり箱型で広さがありそうに見えますので

無駄がないつくりに見えます。

センタータンクで室内の広さも確保できるつくりになっていて他にはないつくりで

ポイントが高く内装と外装の質が高いので人気高いのはうかがえます。

自転車なども余裕で詰めるようなので自転車を積みたい方は最有力候補でしょう。

 

N-BOX(内装)

内装の画像ですがAピラーも小さく見晴らしがかなりよく色々と小物入れなども

ついているのでポイント高いです。

試乗した感じでは見晴らしがよくて動力性能にも不満がないとの事で、

標準仕様でも58PSあるのと燃費も良いのでそつはない作りでしょう。

試乗したあと見積もりを取ることにしました。

見積もりしたグレードは売れ筋のN-BOX G・Lというグレードです。

車両本体価格が1,531,440に付属品が23万ほどです。

見積もり価格が196万円オーバーになりました。

高い

まあこれから値引きや下取り価格でいくらか交渉次第で安くは

なるとは思いますが、N-BOXでこの価格ならN-BOXカスタムは確実に

200万オーバであるでしょうから恐ろしいです。(汗)

最近N-BOXカスタムがかなり見かけるようになったので

みんな200万以上のお金をかけて購入していると思うと凄いと思いますが

車1台の所有なら良いですが、2台だとあまりお金をかけたくないのが現状ですね。

普通車なら普通にハイブリッド車が買える値段だしN-BOXカスタム買うぐらい

なら普通車で安く済ませたい気がしますが、本当はN-BOXカスタムが欲しいです

がここは我慢です。

一応N-BOXカスタムも写真に撮らせてもらいました。

 

N-BOXカスタム(前)

 

まずは正面からの画像です。

やっぱりカッコいいですし、前の型よりデザインは好みです。

 

N-BOXカスタム(横)

 

横からの画像です。

黒のカラーがいいですね、デザイン的にもソツのないつくりで好感が持てます。

 

N-BOXカスタム(後ろ)

 

内装(バックから)かなり広く床面も低いので自転車など大きな物も

積めるのは魅力です。

内装の座席などの出来も高く高級感があります。

 

N-BOXカスタム(内装)

横側からの内装です。

やはり内装の出来が高く高級感があります。

ポケットなどの小物入れが多いのも評価が高いです。

内面も黒で上手くまとまっていて好印象です。

ここで帰って次週に持ち込む予定でしたが納期と車検の兼ね合いから

スズキさんにもいくことにしました。

 

スズキ「スペーシア(カスタム)」試乗&見積もり

 

スズキも最初から行くことに決めていてN-BOXとスペーシアが

現在の有力候補だったので楽しみにしていました。

今回は見積もりから先に取ることにしました。

見積もりしたグレードはスペーシア HYBRID Xというグレードです。

車両本体価格1,468,800円+付属品価格67,000円ほどで

支払い価格は167万ほどでした付属品を安くした分かなり安くなりました。

ここからさらに交渉してかなりお買い得な価格を提示してもらいましたが

とりあえずかえってから見比べて検討することにしましたが、

購入価格にはかなり魅力を感じました。

そしていざ試乗へ

スペーシアカスタム(前)

 

試乗した車はスペーシアカスタムでした。

いかつい顔ですが個人的には好みですが奥さんはスペーシアの方がいいとのこと

 

スペーシアカスタムサイド

 

少し斜めの画像です。

ここらへんは他と似たような外観ですがHYBRIDの文字で見分けがつきます。

 

サーキュレーター

 

内装には他にはないサーキュレーターがついているのはポイントは高いです。

 

スペーシアカスタム内装

 

適当に撮った内装でハンドルなどが見えてますが高級感はあります。

 

スペーシアカスタム内装

 

最後に内装を撮りましたが良いグレードなのとカスタムなので高級感はあります。

 

それでは試乗の感想ですが、N-BOXと基本的には同じで見晴らしが良く

動力性能にも特に不満は感じないとの事です。

助手席に乗っていた感じでも基本的にはあまりN-BOXと違いは感じない

感じでしたの後は好みの問題だと思います。

 

軽自動車(新車)試乗&見積もり まとめ

 

家族で共通ではN-BOXが良いのですが、スペーシアの掲示してもらった

価格にもかなり魅力を感じていてまして、現状ではN-BOXとスペーシアが

五分五分の感じですが、もう少し見積もりを良くみながら検討しようかと思います。

N-WGNも一応見積もりとりましたが来年新型が出る可能性が高いのと

見積もり価格が高かったので候補からははずれるでしょう。

今週以降に再度ホンダとスズキに交渉に行き良い条件を引き出せるように

がんばろうかと思います。

 

カテゴリの最新記事