2018年2月よりサイト運営開始、日々、見た目や記事の修正を頑張っていますので、何回も足を運んで下さいね。

スマートスピーカーが便利そうなので、情報を集めてみた

スマートスピーカーが便利そうなので、情報を集めてみた

今、話題のスマートスピーカーを比較

 

スマートスピーカー?

 

今、メディアや雑誌やネットでも話題のスマートスピーカーだけど

BGMとして使うなら、どのスマートスピーカがいいのか、

雑誌やショップやメディアの情報などをもとに勝手に比較しつつ

紹介していきます。

 

2018年、現在スマートスピーカーを扱ったサービスを

行っているおもな業者は

  • Google   Google Assistant
  • Amazon Amazon Alexa
  • LINE   Clova
  • Apple  Home Pod(日本ではまだ)

などでありますが、今後もスマートスピーカー業界は発展してくることが

予想されますので、目が離せない展開になるでしょう。

LINE Clova

こちらはLINEのサービスであるが、世界的にみてもまだシェアは

あまりないでしょうが、日本はLINEが普及しているのでプロモーション

しだいでは、今後、伸びる可能性があるかもしれませんので紹介します。

LINE Clova Friends

 

LINE Cliova Friends

出典:LINE Clova公式サイトより

 

 

こちらはLINEから販売されていてるスピーカでリーズナブルな価格で

販売されていて、見た目がかなり可愛くて、カバーなども取り付け可能な

商品になっていて、AIアシスタント「Clova」を搭載し音声で

操作出来るようになっています。

Clova Friendsの特徴は?

 

  • 見た目が可愛い
  • バッテリー内蔵(2,850mAh)
  • 音楽再生(約4,000万曲)※LINE MUSICの登録が必要
  • LINE通話が出来る
  • 占いができる
  • カバーがあり、おしゃれ「単品で購入の場合1,620円(税込)
  • コンパクト
  • ニュースや天気や人物の検索などが出来る
  • 値段がリーズナブル「Clova Friends+カバー 8,640円(税込)」
  • LINE Clovaアプリがある

音楽の音質は見た目よりはいい感じらしいが、声での認識が

あまり精度が良くないとの情報がありますが、やはり

LINEが扱えるのが強みだと思います。

 

値段的にも最安で6,000円中盤から後半ぐらいで

キャンペーンなどで安く購入出来る可能性もあるので

なるべくお得な価格で購入出来ればラッキーでしょう。

 

音質や認識なども通信の環境にもよるので一概には

言えませんが、スマートスピーカー入門用としては及第点

だと思います。

LINE Clova WAVE

 

LiNE Clova WAVE

出典:LINE Clova公式サイトより

 

こちらはLINE Clova対応の製品の中で高性能で少し値段が

お高い製品になっていて、デザイン的にもおしゃれなスマートスピーカー

になっています。

AIアシスタント「Clova」を搭載し、音声で操作出来るようになっています。

Clova WAVEの特徴は?

 

  • 見た目がおしゃれ
  • LINEのメッセージの送受信が出来る
  • 音楽やラジオの再生が出来る
  • 家電の操作が出来る
  • ニュースや天気などの情報を知ることが出来る
  • LINE MUSIC(約4,000万曲)の再生が可能(LINE MUSICの登録が必要
  • スピーカー20Wウーファーと二つのツイーター
  • バッテリー内蔵
  • Bluetoothで接続が出来てBluetoothスピーカとして使用可
  • 値段が14,000円(税込)と他の高級スピーカーよりお得

LINE Clova WAVEは音質の評判はかなり良いようで

音楽再生などを主に使用する方には満足出来る端末だと思います。

 

ただ、やはりAIアシスタント「Clova」の音声認識に不満が多いようで

音声認識の向上のアップデートに期待したい所ですね。

 

こちらはLNE Clova搭載、第一弾ってことでLINE通話には対応してない模様

なので注意が必要でしょう。

Google Assistant

こちらはGoogleがサービスをしているGoogle Assistantを利用した

サービスでGoogleから販売されている商品になります。

 

キャンペーンなどでGoogle Home Miniがもらえるなどの、広告

を見たことがあると思うので認知度は高いでしょう。

 

他のサードパーティーからもGoogle Assistant対応のスピーカーが

販売されているので端末の選択が沢山あります。

Google Home Mini

Google Home Mini

出典:Google ストアより

 

  • Googleのサービスであること
  • 非常にコンパクトになっている
  • 予定やリマインダー、ニュースなどの情報が得られる
  • 音楽再生が出来る「Spotify(Netflix視聴プランのメンバーシップが必要)]
  • Google Play Musicに対応
  • Chromecastと連携して動画などのサービスを利用できる
  • いろんなアプリとの連携があり便利
  • 値段が手頃である「6,480円(今なら5,800円)」
  • マイクロUSBが使用できる
  • カラーのバリエーションがある

Google Home Miniはやはり値段がお手頃であることと、

Googleのサービスであることが一番大きいと思います。

 

マイクロUSBが使えるためモバイルバッテリなどを使用して、

車での使用も可能だど思います。

 

シェア的にAmazonのAlexaついでGoogleのGoogle Assistantは2位であるが,

Google Assistantもシェアを猛追していてシェアが拡大しているので、

今後、シェアを伸ばしてくることも考えられるので、Google Home MIniで

操作などを覚えておくのもいいかと思います。

Google Home

 

Google Home

出典:Google ストアより

 

こちらはMiniより価格が高くなっていてデザイン的にも

かなりおしゃれなデザインになっています。

 

基本的なことはGoogle Home Miniと共通ですが、

こちらの方が大きい分スピーカーが高性能になっていますが、

電源の確保が必要なので、ほぼ家での使用が主でしょう。

 

スピーカの性能も人それぞれの評価があり、高評価の

方もいれば、低音があまり良くないなどで評価がわかれていて

値段の高さほどの性能は感じられないかも知れませんが、

デザインの良さで家に一つ置いておくだけで、オシャレになります。

カラーバリエーションはないですが、ベース(底部分)を別売りで

変更出来るようになっているので、見た目にこだわりたい方は

好みの色に購入してはいかがでしょうか?

設定もアプリなどで簡単に出来るのと見た目にこだわるなら

この端末でしょう。

Amazon Alexa

こちらはAmazonのサービスでスマートスピーカーでは、

世界的にみても圧倒的なシェアをほこっていますが、当初は

80パーセント以上のシェアがありましたが、50パーセント台

まで落ち込んできています。

 

他のメーカーもスマートスピーカーに参入してきたので、落ち込むのは

仕方ないですが、それでも50パーセント以上は凄いです。

 

Amazonさんの音楽サービスはプライム会員なら一番安く運用出来るのも

強みですが、今後、価格競争が進めば同等ぐらいにはなるでしょう。

 

Amzonでは

  • Echo Dot  ¥5,980    ¥4,980
  • Echo         ¥11,980   ¥9,580
  • Echo Plus ¥17,980

※価格は記事掲載時の値段です。

の3種類を販売していて、スピーカーの性能が違います

Amazon Echo

 

Amzon Echo

出典:アマゾン公式サイトより

 

このスピーカは中間グレードでEcho Dotとともに売れ筋の

グレードになっていて、見た目はシンプルなドラム缶型のデザインに

なっています。

Amazon Echoの特徴は?

 

  • 音楽の再生「Amazon Music Unlimitedの入会が必要(有料)4000万曲」
  • 音楽の再生「prime会員特典(無料)100万曲」
  • 天気・ニュースなどの情報を音声で確認できる
  • スケージュール管理が音声で出来る
  • 対応した家電の操作が出来る
  • Kindle本の読み上げが出来る
  • 話しかけることで学習する

音楽聞き放題サービスのMusic Unlimitedを使用したい場合

プライム会員で100万曲で良ければ実質無料でEchoでの

運用出来るようですが、100万と4,000万曲での

違いがどれほど違うかはわかりませんが、

他にも色々と割引で安く運用できるプランがあり価格での

優位は揺るがないでしょう。

 

※少し料金プランが個人的にわかりにくいので、実際にご確認ください。

Harman Kardon Allure

 

ハーマンカードン

出典:アマゾン公式サイトより

 

こちらはAmazon Alexa対応スピーカーのなかでは値段は高いですが、

音質はプロも認めるほどの高級な音が出せる逸品らしいです。

 

ただ、音量が急に大きくなる問題があるようなので、注意が必要ですが、

修正されたら音質は一番良いでしょうね。

 

他にも高いですが、Harman Kardon(ハーマンカードン)のシリーズが

発売されていますが、レビューなどの情報がないのでわかりませんが、

音にこだわるならここのメーカーだと思うのでチェツクしてみてください。

スマートスピーカーまとめ

この他にもアップルもスマートスピーカーに参入して、

他を猛追してくることが良そうされますが、しばらくはAmazonが

シェアを持ち続けるでしょう。

 

Googleの動向や日本ではLINEがどこまで検討するかも

気になるところでしょうから、スマートスピーカー市場の

競争から目が離せない展開になることでしょう。

 

製品の端末も各サービスでたくさん発売されて来ていますから、

自分の好みの製品を調べて購入するのがいいでしょう。

家電カテゴリの最新記事