Lenovo(レノボ)のideaPad C340(15)を購入した理由とスペックを紹介

マルチモード対応PC

2019年11月23日(日)購入しようと思っていたサブのPCを

購入しましたので紹介していきます。

商品は購入したばかりなので商品が到着したらブログとYouTubeで

紹介(レビュー)していく予定です。

 

購入したPCはLenovo(レノボ)製のPCのidea Pad C340-プラチナという

製品になり2019年10月8日に発売された商品になります。

 

Lenovo ideaPad C340

 

この記事では何故このPC(パソコン)を選んだのかとPCのスペックを

紹介していこうと思います。

 

購入価格

購入価格は上記の通り¥63,074円で購入しました。

性能を考えるとコスパはかなりあると思います。

タッチ対応・ペン対応のPCでこの価格は凄いでししょう。

 

Vプリカキャッシュバック

 

しかも2019年12月31日まで最大10,000円分のVプリカで

キャッシュバックキャンペーンを行っているので実質さらに

10,000円分安くなりますのでかなりお得です。

 

Lenovo のVプリカキャンペーンを調べてみましたがただPCを購入する

だけじゃだめで、応募ページから申請しないといけないので注意が

必要です

管理人もPCがまだ届きませんのでまだ応募していませんがネットからの

購入の場合はメールなどの購入証明が必要ですので公式サイトで応募方法

を詳しく調べましょう。

 

 

割引のサービスを使いこの価格ですので通常はこの価格より高くなります。

 

  
スポンサーリンク

Lenovo(レノボ)のideaPad C340(15.6インチ)を購入した理由

 

Lenovo(レノボ)のIdeaPad C340を購入した理由は以前からブログや動画編集用などに

持ち運び出来るサブのパソコンを探していましたが、なかなか購入出来ずにいました

がついに購入することが出来ました。

 

なかなか購入出来なかった理由はスマートフォンの買い替えも検討していましたし

最近ではアクションカメラの「GoPro」も欲しくなったりと購入したいものが

どんどん増えたためでした。

 

ブログ運営に最近はYouTubeのアカウントを作成してYouTuber目指して

頑張るつもりなので会社から帰宅後の作業だけでは時間も足りないですし、

家に帰省した時などにも持ち帰って使えますので時間があればパソコンの

作業を増やせるのでサブのPC(パソコン)があれば便利です。

 

他にも現在自宅にはノートパソコンが1台しかないのでほぼ管理人(やまとし)が

占領して使っているので奥さんと子供にも使う機会を与えたいですし、

願わくばブログとYouTube動画を作成に協力して欲しいと思い購入を決断しました。

 

大きさが15.6インチと大きいのが気になりますが最新の10世代のCPUの

ice Lakeにこだわったために15.6インチしかなかったのが残念ですが

スマートフォンもPCも大きいのが好きですし手が大きいので15.6インチでも

良いだろうと決断しました。

 

ほとんどが自宅で使うと思うので自宅使用なら大きいPCの方がストレスなく

使えるので自宅使用が多いなら大きいサイズが良いでしょう。

 

購入理由は単純にブログやYouTube動画作成の作業量を増やすのが目的です。

Lenovoを選んだ理由はコストパフォーマンスが高くネットで調べてみても

他のHPやマウスやDELLよりも人気が高いですし、値段の割に高スペック

なのでコストパフォーマンスが高いPCを探していた管理人にはぴったりでした。

 

Lenovoは他のシリーズを展開していますのでどのPCにするか一日悩んで決めました

が最終的には最新の10世代のice LakeのCPUを搭載している点とタッチパネルを

搭載していてアクティブペンに対応してコンバーチブルタイプだったのが決め手でした。

スペックは下記で紹介しますが購入要因はスペックで決めました。

 

購入したPCへのリンクを貼りましたので活用ください。

検索して同製品を探すのに手間がかかるので直接行けるように公式ページに

リンクを貼りました。

 

Lenovoのidea Pad C340(15)プラチナのスペックを紹介

 

ideaPadの特徴はマルチモードに対応していてコンバーチブルタイプのPCに

なっているので汎用性が高く、色んな用途で使えるのが強みになっていて

タブレットモードで使えるのが便利そうです。

 

指紋認証にも対応していて加速度センサーもついています。

Webカメラに最近のPCには付いているモデルが少ないタッチパネル対応で

アクティブペンが使えるのが魅力なので購入した要因になりました。

 

長時間バッテリー駆動、高速充電にも対応で最大約14時間のバッテリー駆動

が可能なのも魅力です。

 

Lenovo IdeaPad C340(15)の製品仕様
※81XJ0005JPの仕様になります。
〇 プロセッサー(CPU)
インテルCorei5-1035G1 プロセッサー(1GHz 6MB)
ターボブース時 3.60GHz コア数4

〇 OS 

Windows 10 Home 64 bit

〇 ディスプレイ

15.6 FHD IPS LEDバックライト マルチタッチパネル
(1920×1080、約1,677万色)

〇 メモリー

8.0GB DDR4-2666 DDR4SODIMM 2666MHz
(内、オンボード4GB)

〇 ストレージ

256GB SSD(PCIe NVMe/M.2)
光学ドライブなし

〇 標準保証

1年間 引き取り修理

〇 電源アダプター

65W

〇 Office ソフトウェア

なし

グラフイックス

CPU内蔵(インテルUHDグラフィックス)

〇 バッテリー

3セル リチウムイオンポリマーバッテリー

〇 指紋センサー

指紋センサー

〇 ポインティングデバイス

タッチパッド+Active Pen

〇 ワイヤレス

IEE802.11ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN(WiFi準拠)
+Blutoothのバージョンは製品出荷時のOSバージョンに依ります。)
Blutooth v4.2が濃厚

〇 センサー

加速度センサー

〇 寸法・質量(バッテリー・パックを含む)

W364×D250×H20.5mm
本体重量 約2Kg

〇 インターフェイス

USB3.0×2(内、Powerd USB×1)
USB Type-C×1
HDMI×1
オーディオ マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック×1

〇 バッテリー

3セル リチウムイオンポリマーバッテリー(固定式)
使用時間(JEITA2.0)約10時間
充電時間(パワーオフ時)約3.5時間

〇 本体カラー

プラチナ

 

製品詳細

各部名称は上記画像になります。

 

マルチモード

上記の画像のようにマルチモードで使えてActiveペンが使えるのがideaPad C340

の注目するポイントでしょう。

 

マルチモードでペンが使える

 

上記のようなスタイルに変形させてペンを使って文字を書き込みしたり

ポインティングデバイスとして使えるのがおすすめポイントです。

 

HPのPCやDELLのPCやLenovoの他のシリーズなどでも週末セールなどや

ブラックフライデーのセールなどでお得な製品がありますがタッチパネル対応

でペンが使える製品はあまりセールでは割引されそうもないのですし、これだけの

スペックで安いものなら5万円台で購入出来るのでコスパは高いと思います。

 

Webカメラに指紋認証もついていますし、日本製のPCなら10万以上はする

製品になると思いますので

 

LenovoはIBMとNECや富士通のPC部門も買収していて米モトローラも傘下に

収めていますので品質も上昇してきていると評判が高くなってきているので

海外のメーカーではおすすめなメーカーで安くPCが購入出来て高性能なので

LenovoのPCを選びました。

 

まとめ

 

今回の記事ではLenovoのideaPad C340(15)を購入した経緯の説明と

スペック面の紹介をしましたが、商品が届いたらファーストインプレッション

でのレビューなどをブログとYouTube動画で紹介していく予定です。

 

CPUのベンチマークでの点数などは下記で確かめるのがいいでしょう。

 

CPUの性能を見る限り動画編集は重めの物にはきついかもですが

軽めの動画編集では使えそうですので商品が到着したら試してみたいですね。

 

ネットでの評価は実際に試してみての評価ではなくCPUのスコアなどで

判断されている可能性が高いので実際に試してみないとわからないと

思いますが動画編集を毎日がっつりやる方以外なら十分な性能だと思い

ますし、気になるならCore i7を搭載のPCをえらびましょう。

 

気になるPCの出荷日ですが最短1~2週間と記載されていましたので

到着に時間はかかるでしょうね。

 

受注生産の品なので時間がかかるのでしょうけど他の商品では1~2日で

出荷できる商品もあるようなのでPCの到着を急ぐなら最短で届くPCを

チョイスしても良いでしょう。

 

LenovoのPCはコストパフォーマンスが高く安くで購入出来ますし、

IBMと富士通とNECを買収してPC部門が強化されているので品質も安心

出来そうですし、価格.comなどで調べてみても人気が高くなっていますし

人気ランキングでも上位にいますので期待出来そうです。

 

最新の10世代のインテルのCPUを搭載しているのも好感が持てますし

単体で購入すれば代金の半分ほどの値段ですのでこれだけ機能が搭載されていて

6万円台前半で購入出来るのはコストパフォーマンス高すぎです。

 

メモリーを後で16GBに乗せ換えたり、2.5インチのSSDをもう一つ積める

ようですのでダブルSSDでも使えそうですので性能を向上させたり容量を

増やすことが出来ますので後から性能を強化出来るのは嬉しいところです。

 

2in1タイプのPCは汎用が高くどのような用途でも使えるのでメインのPCとしても

十分に性能を発揮出来るでしょう。

 

その場合はoffice(オフィス)付きを選んだ方が良いでしょう。

 

後は使ってみて何も問題がないことを祈るのみです。

 

直接購入した商品ページにいけるリンクです。

日本のメーカーが良ければNECも最近は人気が高いです。
画像と一部文章は公式ページより引用・出典
マルチモード対応PC
最新情報をチェックしよう!