閲覧いつもありがとうございます!フォローやシェアもよろしくです。

アップルペンシルの代用にスタイラスペンを購入

スタイラスペン購入

スタイラスペンをipad mini用とandroid用に購入しました。

購入したipad miniに使う為とandroidでも使うつもりでのスタイラス購入

ですが、本音はアップルペンシルが高価であることから、アップルペンシルの

代用に安価なスタイラスペンを購入したいと思い購入したスタイラスペンは

こちらになります。

 

関連記事

2019年3月19日、突然発表されたipad mini5(アイパッドミニ5)と言われていた、ipad miniの新型が発表されました。合わせてipad Air(アイパッド エアー)の新型も発表されどちらを購入しようか迷った方[…]

 

箱(高級感あり)
箱(高級感あり)

 

MEKO 第2世代
MEKO 第2世代 スタイラスペン

 

MEKO 第二世代スタイラスペンです。

MEKO 第一世代のスタイラスペンはAmazonのベストセラー1位の商品で、人気が高く

コメントを見ても評判が良かったので、改良されたMEKOの第二世代のスタイラスペン

を購入することにしました。

スタイラスペンといえばギャラクシーノートシリーズにもついていますので

ギャラクシーノートでもペンを使いたくて購入した端末でしたが、結局ほとんど

使いませんでしたが、スタイラスペンを使う用途もどんどん増えて来ましたので

今度こそはスタイラスペンを使いたいと思います。

 

 

 

MEKO 第二世代スタイラスペンの詳細

 

 

まず、このMEKO 第二世代スタイラスペンに決めた理由は

MEKO 第一世代のスタイラスペンAmazonのベストセラー1位の商品であることと、

値段もブラック/ブルーは購入価格が1,399円と手頃な価格であることが決め手です。

Amazon’s choiceであることも決めてですが、カスタマーレビューを見ても評判が

良いようで、他にもスタイラスペンがたくさんありましたが持ちやすそうなデザインと

好きなブルーのカラーでありながらブラック/ブルーは他より安いのが良いですね。

まずは内容物を紹介します。

 

MEKO内容物
MEKO 第二世代スタイラスペン内容物

 

高級感ある箱の中にブラックとブルーのペンがそれぞれ一本ずつ入っています。

クリーニングクロスに説明書らしきものがありますが、大した説明ではないですし

特に説明書がなくてもスタイラスペンの使い方は簡単です。

替えの導電繊維の替え芯が2つディスクタイプの替え芯が4つっています。

 

スタイラスペンは導電性スポンジというものを購入してスタイラスペンを自作した

ことがありましたが、まだ自作のスタイラスペンは会社に残っていますが、

現在は使っていません。

 

筒状の物に導電性スポンジを詰めるだけの簡単なスタイラスペンの自作でしたが

反応自体は良かったのですが、筒状の物で良いものがなかったのが欠点でしたが

今回のMEKO 第二世代スタイラスペンは第一世代から改良がなされて

持ちやすくなったり、クリップが付いた事でポケットやケースの引っ掛けられる

ように改良されているのは嬉しい変更点であります。

 

対応機種が、ipadやAndroidタブレット、iphone、AndroidのスマートフォンやPCでの

利用もタッチ対応のPCでは使えると思います。

 

ipad mini 新型でもアップルペンシル対応になりましたので、出来ればアップルペンシルを

購入した方が細かな文字などが書けると思いますので、予算がある方はアップルペンシルを

購入した方が一番良さそうです。

 

今回の商品を紹介するためにMEKO 第一世代のYouTube紹介動画やアップルペンシルの

詳細を調べましたが、アップルペンシルは最新のipadやipad Airとipad miniとipad proでしか

使用出来ないので汎用性は低いので、MEKO 第二世代スタイラスペンの反応具合などが

良ければ色んなデバイスで使えるので、良いかと思いますけどまだ肝心のipad miniが

届いていませんので、今後、追記する予定です。

 

もしかしたらギャラクシーノートのペンがipad miniに使えるのではないかと調べてみましたが

どうやら方式が違うようで使えないようです。

 

スタイラスペン 導電繊維タイプ

 

MEKO  第二世代 スタイラスペンはディスクタイプと導電繊維タイプ

の2in1のスタイラスペンになっていますので、どちらかを選んで

使用することになります。

導電繊維タイプのスタイラスペンから紹介します。

 

導電繊維(標準)
導電繊維(フル装備)

 

導電繊維(アップ)
導電繊維(アップ)

 

スタイラスペンの導電繊維の方を自分のスマートフォンのZenFone3 で

試してみましたが、導電繊維の方はいまいち反応が悪かったので

調べてみましたら原因が判明しました。

 

使っているZenFone3には画面にガラスパネルを貼っているのが原因でした。

他にも保護フィルムなどを貼っていると反応が悪い場合があるそうですが

少し押し込みながら文字などを書けば反応するのがわかりましたので

コツをつかめば何とか書けるでしょう。

そこで、他の方のスマートフォンで試してみました。

 

 

まず HUAWEI P20 Lite SIMフリーの端末から試しましたが、凄い反応が

良かったので、驚きましたがおそらく保護フィルムやガラスパネルを付けて

ないから反応が良かったのでしょう。

どちらかを付けていたら反応が鈍る可能性があるかも知れません。

 

次はiphone XRで試してみましたが、ちゃんと反応しました。

こちらもガラスフィルムや保護フイルムを付けると反応が鈍るかも知れません。

 

ipad 2013でも試しましたが、何も付けてないので反応は良好ですが

やはり少し押さえるようになぞった方が反応はいいです。

 

スタイラスペン ディスクタイプ

 

恐らくこちらが本命の方だと思いますので、2in1のスタイラスでなくても

良いかも知れませんね。

スタイラスペンのディスクタイプが100均でもあるようなので

反応が良ければそちらでも良いかも知れませんが、個人的には100均の

スタイラスペンには抵抗がありますが、100円なのでお試しで購入するのもいいでしょう。

 

知人がスタイラスの100均を購入しましたが、替えのペン先がないので

注意が必要だと思います。

 

ディスクタイプ(標準)
ディスクタイプ(フル装備)
ディスクタイプ
ディスクタイプ(アップ)

 

 

お絵かきアプリでもこのディスクタイプのスタイラスをデモで使っていましたので

ディスクタイプが本命でしょう。

こちらはどの端末でも反応が良く、ガラスパネルを貼っていてもちゃんと反応

しましたので、こちらをメインで使おうと思っています。

替えのペン先が4本ついていますので長期使える事に期待します。

 

まとめ

 

はじめてのスタイラスペンをamazonでの購入でしたが、値段も安くて反応も

上々なので購入して良かったと思います。

ちなみにばらした姿はこのようになります。

 

ばらしたスタイラスペン
ばらしたスタイラスペン

 

MEKO 第二世代 スタイラスペンは2in1のスタイラスペンで

導電繊維タイプのスタイラスとディスクタイプのスタイラスが使えて

替えのペン先もついていますので、長期使用できることでしょう。

MEKO 第一世代より改良されていて、持ちやすくなっていますし

クリップも付いていますのでポケットやケースに付けられるので

便利に改良されていると思います。

 

新型のipad miniが届いてないので試していませんが、嫁の旧型のipad miniでも

ちゃんと反応しましたので、アップルペンシルにはかなわないとは思いますが

十分にアップルペンシルの代替にはなるでしょう。

 

現在はスマートフォンにお絵かきアプリをダウンロードしましたので

お絵かきしてみてスタイラスペンを試してみようと思います。

知人のipad proでも試してもらおうと思いましたが、ipad miniがもうすぐ

したら到着すると思いますので、そちらで試してますので使用感を後日、追記の予定です。

ipadでもディスクタイプは反応がいいので十分使えるのでおすすめです。

 

手書きのアプリやお絵かきアプリにイラスト作成など使えるので

使える用途は多いので、1本所持しておけばスマートフォンやタブレットなどで

複数使えますので、MEKO 第二世代 スタイラスペンはおすすめです。

 

                           

関連記事

2019年3月19日、突然発表されたipad mini5(アイパッドミニ5)と言われていた、ipad miniの新型が発表されました。合わせてipad Air(アイパッド エアー)の新型も発表されどちらを購入しようか迷った方[…]

ipad到着後、ipad mini 新型でこのスタイラスを試してみましたが、
どちらのペン先でも反応は良かったので十分にアップルペンシルの代用のスタイラス
として使えると思います。ただ筆圧を気にする方はアップルペンシルの方がいいでしょう。
スタイラスペン購入
最新情報をチェックしよう!