VRoidスタジオとVRoidモバイルを使ってみたら使いやすくなっていたので紹介!

VRoid Studio&Mobile

VRoidスタジオを所持しているデスクトップパソコンGALLERIA RT5

ダウンロードして久しぶりに使ってみようと思ったので、Windows版を

使ってみたら以前よりもキャラクター作成が簡単になっていて、サンプル

からキャラクターを作成し、VRM出力してキャラクターを動かして動画

作成しましたので、簡単に作成方法などを紹介していきます。

 

スマートフォンアプリのVRoidモバイルもあわせて使ってみたので紹介

します。3teneFREEというソフトを使いVRoidスタジオで作成した

キャラクターを動かしたり、エフェクトを追加してTwitterにも投稿

しましたので動画を参考にしてみてください。

 

VRoid StudioはLenovoのノートパソコンにダウンロードして以前少し

だけ触ってみましたが難しそうですし、時間がかかりそうなので使って

ませんでしたが時間が経ってだいぶ使いやすくなっていたので簡単に

キャラクターを作成して色々と試してみましたので紹介していきます。

VRoid Hubに作成したキャラクターをアップロードしてアピールする

事も出来るので作り込みがいがありますね。

 

記事を書きながらVRMファイルや衣装素材を大量に無料で手に入れたので

かなりハマりそうですし、凄いソフトだと思いました。

 

VRoidスタジオが簡単になっていたのでキャラクターを作成してみた

 

VRoidスタジオを久しぶりに使ってみたのは、オリジナルキャラクターを

作成してYouTubeやSNSなどで活用しようと思ったからです。

現在はカスタムキャストというスマートフォンアプリを使い毎日ログイン

して背景やパーツとコインを集めていますが、VRM出力するには有料に

なるので無料でVRM出力できるVRoidスタジオがどう進化しているか確かめ

たいと思ったのでソフトをダウンロードして使ってみました。

 

 

VRoid(PC 版)

 

まずソフトを起動するとサンプルモデルとあなたのモデルが表示されますが、

最初はサンプルモデルで気になったモデルを使い作成しましょう。

キャラクターにより衣装有無や髪型の違いなどがありますので注意しましょう。

キャラクターを作成する前に右上にある3Dプレビュー画質の設定を高画質

しておいた方が良いでしょうけど、パソコンの環境によっては通常の方が

いいかもしれません。

 

VRoid(PC版)編集画面

 

VRoidスタジオの編集で出来ることは「顔編集」「髪型編集」「体型編集」

「衣装編集」「共通設定」「撮影・エクスポート」が出来ます。

「撮影・エクスポート」でキャラクターを動かしたり、ポーズを作成

したり、撮影が出来ますので最終的にはVRM出力を目指しましょう。

 

撮影エクスポート

 

「撮影・エクスポート」では作成したキャラクターを走らせたりジャンプさせたりと

動かせますが動画は撮影出来ないのは残念ですが、バージョンアップで動画撮影も

実現は出来そうな気がします。まだバージョンが0.11.1と低すぎるのは正直

びっくりしましたし、バージョン1.0ぐらいにはなっているとは思いましたが

VRoidモバイルの方が開発がメインなんでしょうね…

動画キャプチャーも別ソフトなどで対応出来そうなので試してみるのもいいでしょう。

 

衣装パーツなどは無料配布されていたり、有料販売されているので下記サイトで

探してみてください。Twitterなどで検索すると衣装の無料配布しているアカウント

も見つかりますので「VRoidスタジオ」などで検索してみてください。

 

 

 

BOOTHはPixivアカウントと連携していますのでアカウントを作成すると良いでしょう。

BOOTHに大量に無料で手に入るVRMキャラクターや衣装が手に入りますので凄いです。

 

ココナラでもクリエイターにキャラ作成を依頼できます。

 

ポージング

 

ポーズも自由自在に作成出来ますのでライダーキック風のポーズを作成してみました。

背景も画像や好きな色を選べるのでグリーンバックにしてクロマキー合成で

使っても良いでしょう。下記の画像はグリーンバックにして風を当てていますので

髪がなびいています。

 

風付き(グリーンバック)

 

最終的にはVRM出力で作成したキャラクターをエクスポートして外部ソフトを

使い、動かして使います。用途はYouTubeの立ち絵に使ったりSNSで動画を

アップして使ったりとVTuberキャラクターとして活躍できるでしょう。

 

VTuberを目指す&VRM出力したキャラクターを動かすソフト「3tene」

 

3teneFREEバージョン

 

3teneFREEの初期起動画面は、最初はシンプルなUIだと思いましたが背景を表示

させたりフル画面にすれば大きくなりますが、初期状態ではかなり画面が小さい

ので設定の変更をした方が良いでしょう。

システム設定のウインドウ設定で大きさを変更出来るので安心です。

 

フルスクリーンも可

 

まずは3teneの公式サイトでソフトをダウンロードしましょう。

 

3tene

出典:3tene公式サイト

 

3teneFREEは無料ですが3tenePRO と3teneSTUDIOは有料になりますので

まずは無料から使ってみてから有料版に移行するのが良いでしょう。

2020年9月30日までV2リリースキャンペーンで3tenePRO V2と3tenePRO V2+Live2Dが

割引価格で購入できますのでお買い得です!詳細は公式サイトでご確認ください。

 

 

VRoidのキャラが読み込めた

 

VRoidスタジオで作成したキャラクター(VRM)をアバターの選択ファイルから

読み込むことで使えるようになります。

 

エフェクトも出来る

 

作成したキャラクターにエフェクトやアニメーションを付けて画像撮影や動画撮影

が出来るので凄いですし、アニメーションパターンなども増やせそうです。

 

アニメーション

 

アニメーション(モーション)のパターンも多くループさせて躍らせることも可能です。

設定でクオリティUltraにしないと画像が綺麗じゃないので設定しておきましょう。

 

グリーンバックも可能

 

背景はグリーンバックやブルーバックも可能ですし、画像も選択出来るので便利です。

 

画像を背景に

 

踊ってみた動画をTwitterにアップしましたので再生して確認ください。

 

 

インスタグラムにもかめはめ波を撃ってみた動画をアップしています

のでご視聴ください。

 

下記のソフトも興味があれば試してみても良いでしょう!

 

VRoidモバイルも簡単にキャラクター作成出来て楽しい

 

VRoidモバイル

VRoidモバイル

pixiv Inc.無料posted withアプリーチ

 

Pixivログイン

 

VRoidモバイルを遊ぶにはPixivアカウントが必要になりますので

アカウントをお持ちでない方は右上の「アカウントを作成」をクリック

して作成します。

 

Pixivアカウントを作成

 

メールアドレスとパスワード入力が必要になりますがメールアドレス入力

だけで強力なパスワード作成してもらえるので、パスワードがなんでも

良いという方は信頼して任せても良いでしょう。

 

連携

 

下にスクロールすると連携できるアカウントもあるのでそちらを使っても良いでしょう。

 

女の子キャラと男の子キャラクターを作成してみた

 

女の子キャラ

 

女の子のキャラと男の子のキャラクターを作成してみました。

基本的に女の子のパーツが優遇されてはいますが、男の子のキャラクターも

十分に作成できますがセンスが必要ですね!

キャラクターの作成は選んでいくだけなので簡単ですし、衣装パーツも多いので

VRoidスタジオより簡単にキャラクター作成出来ます。

 

撮影スタジオで撮影もでき、超人女子戦士「ガリベンガ―V」公式フォトコンテスト

で受賞したらTV番組に作成したキャラクターを出演させることも可能ですので

応募してみましょう。

 

ポケットからキュンです

 

無料の物を購入

 

男のキャラクターは上記のキャラクターで、衣装は無料の物か

コイン0の物を最初で全部購入しておきましょう。

 

男のキャラ

 

男のキャラクターは簡単に作成したので地味ですが髪型のパターンが

少ないので女の子より個性を出すのは難しいですね!

 

まとめ

 

VRoid Studioはキャラクタ―作成の敷居が高いですが無料パーツを配布されてる方もいますので

活用しながら地道に覚えてキャラクター作成していくのが良いでしょう。

VRoid Studioの方が自分で作成する楽しみがあるので管理人はこちらを

覚えていこうと思います。

覚えたら使い方をYouTubeやブログで紹介していきます。

 

BOOTHに登録したらVRMキャラや素材が無料で簡単にGETできますし、かなり多数

アップされていて商用利用可能なキャラクターも多いので断然

VRoidスタジオが良いと思います。

 

VRoid Mobileの方は簡単に誰でも直感でキャラクター作成出来ますし、衣装も多数ありますので

手軽にキャラクターを作成したい方には良いと思います。

 

3teneFREEは非常に便利なツールですが有料版もキャンペーンで安いですし、元々の値段も

高くないのでPRO V2を導入を検討中です。

後はボイスチェンジャーで女の子の声で動画配信したいところですので、既にピックアップ

したソフトなどを試してみて導入しようと思っています。

 

今後、記事などでも紹介していく予定なので気になる方はブックマークしてチェックして

みてください!

 

今回はVRoidスタジオでは簡単にカスタマイズしただけなので本格的にキャラクター作成

していく予定ですのでTwitterにも画像をアップするかも知れません。

無料の素材を大量にダウンロードしましたので、インポートの仕方などを覚えて試しながら

何かアニメのキャラクターでも作成してみたいですね!

 

VRoid Hubから取得したVRMファイルはVRoidスタジオでは直接読み込めない仕様

なのでBlenderUnityなどを活用する必要がありますので調べていこうと思います。

 

スポンサーリンク
VRoid Studio&Mobile
最新情報をチェックしよう!