前から気になっていたPCスピーカーのコスパモデルを買ってみたら!?

Creative Pebble

以前から気になっていて購入してみたいPCスピーカーがありましたが、他のPCスピーカーなども気になりだして中々購入できませんでしたが、思い切って購入してみましたので紹介していきます。AmazonのPCスピーカーランキングでも上位を占めているスピーカーで、記事作成時に10位以内に4製品が入るほどの定番商品なので購入を検討している方が多いと思いますので少しでも購入の参考になればと思います。

管理人が購入したのは一番安いモデルのCreative Pebble ホワイトで購入価格は1,980円から5%引きで購入しましたがタイムセールなどで安くなることはなく一定した価格で通常は販売されてますので買い時は買いたいときが買い時と言えるでしょう。

 

関連記事

現在メインで使っているドスパラ(Dospara)の GALLERIA RT5(THIRDWAVE製)に内臓の無線LAN子機 TP-Link Archer TX50Eを取り付けたので取り付け方法を紹介していきます。同じTP-LinkのArch[…]

TP-Link Archer TX50E

 

関連記事

いつも使っているゲーミングパソコン「GALLERIA RT5」に無線LAN子機「TP-Link Archer TX50E」を増設したことでBluetoothが使えるようになりBluetooth関連の記事などを調べるようになったので現在わかっ[…]

ヘッドホンを付けたやまとし&阿久聖羅

 

PCスピーカーのコスパ高いCreative Pebble ホワイトを開封する

 

スピーカー箱表

箱の前面はこんな感じでした。特に大きさを調べていませんでいたのでどのくらいの大きさか気になっていましたが思っていたよりは大きめの箱でした。

スピーカー箱上

箱の上部をみればだいたい想像出来るかと思いますが結構大きめに見えます。

接続方法

側面は接続方法が書いてありますが特に説明書いらずでわかると思いますし、説明書もほぼ英語なので説明書はみなくてもいいでしょう。

 

説明書がたくさん

 

取り扱い説明書

 

取り扱い説明書類はたくさん入っていますが、ほぼ英語で見てもわからないので上記の絵で判断しましょう。特にステレオミニジャックとUSB2.0のケーブルだけなのでわからない方はいないと思います。

 

クリエイティブ・メディア Creative Pebble ホワイト スピーカー本体を確認

 

スピーカーセット

 

スピーカー本体は2個セットになっていて、電源供給用(USBバスパワー)のUSB2.0ケーブルと3,5mmステレオミニジャック付きですが、コードがごちゃごちゃしているのでコードが見えないように下に穴を開けようかと思っています。

 

スピーカー左(L)

スピーカーの左(L)です。後ろのコードの線の上に(L)と書いてありますので確認ください。音楽を聴いているときに金色の部分を触ると振動が感じられます。

スピーカー右(R)

 

次は右側のスピーカーです。ボリュームのつまみが付いていて、○にすると電源OFFで緑のランプは消えます。右に動かすと緑のランプが点灯し、音が大きくなります。

 

スピーカー裏

 

スピーカーの裏側です。大型のパッシブラジエーターを備えていて丸い部分を触ると振動しているのが感じられ重低音の効いた奥行きのあるサウンドが楽しめます。

滑り止め

 

下側には滑り止めのマット付きですがホコリが付いてました(汗)コードがじゃまで掃除しずらいのでスッキリまとめたいですね。

PCスピーカーCreative Pebble ホワイトの詳細

 

価格.conや家電批評でも2020年のBEST BUYやパソコン周辺機器部門 PCスピーカー金賞を受賞するなど人気があるスピーカーで価格も安いのでコスパ高いモデルになっています。Creative Pebble(ブラック・ホワイト)、Creative Pebble V2、Creative Pebble V3、Creative Pebble Plusと種類があり、高いモデルでも4000円ちょっとなのでコスパ高すぎです。

 

Creative Pebble ホワイト詳細
ブランド クリエイティブ・メディア
メーカー クリエイティブ・メディア
製品サイズ 114×113×116mm
重量 792g
スピーカー構成 2.0chステレオ
スピーカー出力 総合4.4W RMS
ドライバー 2インチ(5cmぐらい)×2

USBバスパワーのUSB2.0ケーブルをUSB電源アダプターなどに繋ぐとイヤホン端子が付いたスマホやタブレットやテレビでも使えるのがいいですね。PCにUSBをつないだままiPad mini5で再生できるか試しましたが無事に再生されました。

管理人はPCスピーカーとして使っているので他の機器で聞くことはないでしょうけど、ノートパソコンの方が音質がいいかもしれないので聴き比べて見たいところです。

Creativeはスピーカーやヘッドホン等のPC周辺機器、オーディオ機器を30年以上開発販売している実績があり、日本法人が運営するCREATIVE STOREのみが正規販売店です。

実際に使ってみた感想をまとめ

 

管理人が使っているPCスピーカーは特になく、モニターに付いている3Wのスピーカーを使っていることが多いですが、Bluetoothが使えるようになってのでイヤホンで聞いたり、ヘッドホンで聞くことが多いです。有線でヘッドホンを聞くのが一番いいかもしれませんが、面倒くさいこともあり気になっていたCreative Pebbleを試してみたくなりました。実際に音楽を再生して聴いて試してみましたが、明らかにモニターのスピーカーより高音質です。音が小さいと普通ですが、スピーカーに顔を近づけると音の良さがわかります。音を最大まであげることがまだないので最大音量の音質はわかりませんが、音量を上げると音の良さがわかります。Amazonのレビューを読んでみると低音の評価が高いのでスピーカー後ろに付いているパッシブラジエーターが生かされている感じですね!スピーカーに顔を近づけて曲を聴いてみると良いでしょう。

関連記事

購入した完全ワイヤレスイヤホンの「TOZO NC9」が届いたので開封して紹介していきます。Amazonのセールで4,199円(税込)で購入した商品で、完全ワイヤレスイヤホンでありながらアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能が付きながら[…]

TOZO NC9

Creative Pebble V2と迷いましたが、壊れたらV2の方を試してみたいところです。音質に関しては個人的には特に不満はないですがコード類がごちゃごちゃしているのでPC以外で使うとなると近くで使うしかないのでPCスピーカーとして使うのが妥当でしょう。問題はどのくらいの耐久性があるかどうかですが長期に渡って使ってみないとわからないので、もし新しいスピーカーを購入したら壊れたということです(笑)

なんといっても値段も安くコスパが高いモデルなのでPCスピーカーの入門用としては最適だと思います。予算がだせるならV2やV3などの方が高音質なのでなおいいと思いますので検討してみましょう。デザイン的には丸いスピーカーはおしゃれですし、カラーはブラックとホワイトから選べるので好みで選びましょう!管理人はブラック製品が多いのでアクセントとしてホワイトを選びましたが黄ばむか心配です(汗)値段から考えると音も満足出来るレベルですし、購入してよかったと思いますがV2の方が良かったかな?と思う毎日です。

 

Amazonで詳細を確認する 

スポンサーリンク
Creative Pebble
最新情報をチェックしよう!