ドスパラのコスパ最強モデルのGALLERIA RT5 Ryzen 5 3500のゲーム性能をベンチ測定!

GALLERIA RT5 3500

以前の記事でドスパラのGALLERIA RT5  Ryzen 5 3500搭載モデルの動画編集

でのパフォーマンスを測定してみましたが、GALLERIAはゲーミングPCということで

ゲーム性能を計測してみました。

 

その前にNVIDIA GeForceのドライバーを所持GALLERIAではクリエイティブ作業用の

「Studioドライバー」を使用しているのでゲームに合わせた設定ではないですが

「Game Ready ドライバ」も「Studio ドライバー」もSNSで調べてみましたが

特にベンチマークでのスコアの違いは見れませんでしたし、逆にスコアが良かったり

と実際に遊んでも体感できる差はなさそうなのでゲーム使用が多い方は

「Game Ready ドライバー」を選択し、画像編集や動画編集などのクリエイティブ作業

が多い方は「Studio ドライバー」を選んでおいた方がいいでしょう。

 

ドライバーはGEFORCE  EXPERENCEを導入してダウンロードしてください。

 

ドスパラのGALLERIA RT5の関連記事
関連記事

2020年2月にドスパラのゲーミングPCのGALLERIA RT5のRyzen 5 3500搭載モデルを購入しましたが購入前から気になっていたのは、会社の知人が昨年購入したiMac 27インチとの動画編集ソフトDavinci[…]

iMac vs GALLERIA RT5
関連記事

無料で使える動画編集ソフトのDavinci Resolve 16を快適に動かすために購入したTHIRDWAVE(ドスパラ)のゲーミングPCのGALLERIA(ガレリア) RT5Ryzen 5 3500の構成パーツなどを詳しく[…]

GALLERIA RT5 3500内部
関連記事

LenovoのIdeaPad C340を購入しましたが、動画編集ではスペック不足で重かったのでドスパラのゲーミングPCのGALLERIA (ガリレア)RT5の新モデルを購入しましたので構成内容やスペックなどを紹介していきます[…]

GALLERIA RT5 ryzen 5 3500モデル
関連記事

レノボのノートパソコンのIdeaPad C340を購入してものの動画編集には耐えられる性能ではなかったのでグラフィックボード搭載でデスクトップパソコンで10万円以下で購入できるものを探し購入しましたのでその時に候補に[…]

グラボ搭載PCのアイキャッチ
関連記事

ドスパラで購入したTHIRDWAVE製のGALLERIA RT5を購入したものの液晶モニターは暫定的にFHDの液晶テレビを使っていますが、頻繁に液晶モニターを探していましたところ、Googleのおすすめ記事に表示され[…]

ゲーミングモニター

 

  

FINALFANTASY XIV 漆黒の反逆者ベンチマーク

 

まずは定番のFINAL FANTASY XIV 漆黒の反逆者ベンチマークから計測していきます。

ゲームのベンチマークを測定するのは、はじめてでどんな感じになるのか心配でしたが

特に難しくもないですが、細かく設定出来るのでこだわる人は細かく設定すると思いますが

基本は1920×1080のFHDで遊ぶと思いますし、モニターがTVでFHDまでしか設定

出来ないのでご了承ください。

 

ちなみにTVにゲームモードが付いていますのでゲームモードに設定してあります。

 

ファイナルファンタジーシリーズはPS2以来、全然遊んでいませんでしたが興味は

あり、色々なプラットフォームで展開しているのは知っていましたが久しぶりに画面を

みるとまた遊びたくなりますね。

 

FF14ベンチフルスクリーン

FF14ベンチマークソフトより出典

 

結果は上記と下記のようになりました。

FF14 ベンチマーク 漆黒のヴィランズ ベンチマーク結果
● 画面サイズ:1920×1080
● 品質:高品質(デスクトップ)
● スコア:12,869
● 平均フレームレート:99.5601
● 最低フレームレート:42
● 評価:非常に快適(非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定
でお楽しみください。

 

診断結果でDirectXのバージョンが11になっているのを確認しましたが

調べてみたら最新のDirectXバージョンの12でした。

 

DirectXバージョンの確認はWindows10の検索窓に「dxdiag」を入力し

DirectX診断ツールのDirectXバージョンを確認しましょう。

 

久しぶりに高画質のゲーム画面をみましたがかなりグラフィックが綺麗で

動きもなめらかで久しぶりにゲームで遊びたくなりますね。

 

FF14ベンチマークの計測スコアとプレイの目安

 

7000~

非常に快適

非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィク設定でお楽しみください。
5000~6999

とても快適

とても快適な動作が見込めます。グラフィク設定をより高品質にしても、とても快適に動作すると思われます。
3500~4999

快適

快適な動作が見込めます。グラフィク設定を高品質にしても快適に動作すると思われます。
2500~2499

やや快適

標準的な動作が見込めます。余裕があればグラフィク設定の調整をお勧めします。
2000~2499

普通

標準的な動作が見込めます。
1500~1999

設定変更を推奨

ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなりますので、その場合はグラフィク設定の調整をお勧めいたします。
1000~1499

設定変更が必要

ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。グラフィック設定の調整が必要で、調整により改善される可能性があります。
1000未満動作に必要な性能を満たしていません

FF14ベンチマーク配布サイトより出典

 

スコア自体は一番上の評価ですので幸先のいいスタートになりましたが次はFF15の

ベンチマークをテストしていきます。

FINAL FANTASY ⅩⅤ Windows Editionベンチマーク

 

次はFF14ときたらFF15もベンチマークを計測したいところなので

計測してみましたがFF14より新しいこともあり少し重めになってます。

 

まず最初に普通に遊ぶと思われる設定にしてみました。

 

画面サイズ1920×1080
品質標準品質
画面モードウインドウ(フルスクリーンの方が見やすい)

 

FF15ベンチマーク (標準品質)

 

結果は「快適」でスコアは8409点でした。

FF14と見た目は変わらないのでもっと良い結果がでると思いましたが

この設定で快適なら設定を調整すればさらに良くなりそうですし高品質でもいけそうです。

 

そこで更なる評価を上げるために品質だけ下げてみました。

画面サイズ1920×1080
品質軽量品質
画面モードウインドウ

 

品質を「標準品質」→「軽量品質」に変更しました。

 

FF15ベンチマーク(軽量品質 )

 

結果はスコアは「10,859点」で評価は「とても快適」でした。

この時に映像を見ながら感じたのは影の描写などが遅れて表示されているのが

気になりましたがプレイしていたらあまり気にならないかも知れません。

 

軽量品質か標準品質を選ぶかは好みのわかれるところなのでご自身で判断ください。

 

FF15ベンチマークの計測スコアとプレイの目安

 

12000~

非常に快適

非常に快適に動作します。高フレームでの動作が可能で、よりリッチな表現のグラフィックス設定を行うことも可能です。
9000~11999

とても快適

とても快適な動作が見込めます。高フレームでの動作が可能で、より高品質のグラフィク設定を行うことも可能です。
6000~8999

快適

快適な動作が見込めます。グラフィク設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。
4500~5999

やや快適

標準的な動作が見込めます。余裕があればグラフィク設定の調整をお勧めします。
3000~4499

普通

標準的な動作が見込めます。
2500~2999

やや重い

ゲームプレイは可能ですが、部分的に動作が重くなります。グラフィク設定の調整をお勧めいたします。
2000~2499

重い

ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。グラフィック設定や解像度の調整で改善される可能性があります。
0~1999

動作困難

動作に必要な性能を満たしていません

FF15ベンチマーク配布サイトより出典

 

FF14よりスコアの上限が高くなり厳しくなりましたが「快適」や「やや快適」が

出ていれば十分だと思いますので少なくても「普通」の評価が出るくらいのスペックの

ゲーミングPCは購入しておきましょう。

 

GALLERIA RT5でも「快適」や「とても快適」が出ているので高品質に変更してみても

良いでしょう。

 

FF15結果

 

1920×1080標準品質の結果でGALLERIA RT5 Ryzen 5 3500モデルに

搭載されているNVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERのスコアで比べると一番

いいスコアでGTX 1660 Tiにも勝っていますので健闘しているのではないでしょうか?

メモリ容量やCPUでも違いが出るので一概には言えませんが…

 

PHANTSY STAR ONLINE 2ベンチマーク結果

 

こちらは結果だけになります。

 

スコア90114
プレイの目安快適に動作すると思われます。お好みの設定でお楽しみください。

 

FF14やFF15に比べて軽めのゲームだと思いますので問題ないでしょう、

昔、セガサターンやドリームキャストでハマった口なので最近アニメの方も

見ています。

 

ドラゴンクエストⅩ ベンチマークソフトでテスト

 

FINAL FANTASYときたらやはりドラゴンクエストⅩのベンチマークソフト

でテストしたくなりますので計測してみました。

 

ドラクエベンチ

 

グラフィック設定標準品質
解像度1920×1080
表示方法ウインドウ
評価すごく快適
スコア18442
総評すごく快適に動作すると思われます。グラフィックス設定や解像度を高めにしても、快適に動作すると思われます。

 

今更、ドラゴンクエストⅩをプレイする人も少ないとは思いますが管理人は

長らくドラゴンクエストをプレイしていないので気にはなります。

 

CINEBENCH Release 20でベンチマークチェック

 

有名なベンチマークソフトのCINEBENCHでもテストしてみました。

結果は2553ptsということですがRankingで確認してみると

古いCPUや高性能なCPUが混ざっているので何とも言えません。

 

無料版のベンチマークテストなので特に参考にならないかもですね。

 

CINEBENCH

 

まとめ

 

現在はまだGALLERIA RT5のゲーミングPCとしてのベンチマークでのテストは

これだけですが、更にテストする可能性もありますので更新されたらチェック

してみてください。

 

FPSなどやeスポーツで使われるソフトなどのチェックをしたいところでは

ありますが、おそらく本気でゲームをプレイしたい方はこのGALLERIA RT5

シリーズは購入しない可能性もありますがヘビーゲームの一番下にランクされて

ますので1920×1080の解像度なら大抵のゲームは動くと思います。

 

個人的にはモンスターハンターワールド:アイスボーンが気になりますが

こちらもPSPから遊んでいないので、操作方法を覚えるのも大変ですが

機会があれば遊んでみたいですね。

 

ドスパラのGALLERIA RT5 Ryzen 5 3500搭載モデルはゲーミングPCとしては

十分な性能があると思いますが、プレイする人によりこだわりがあったり

ヘビーゲーマーかライトゲーマーにより評価はわかれるところだと思いますが

ライトゲーマーには満足できるスペックなので迷ったら候補に入れてみてください。

 

管理人もGALLERIA RT5は動画編集用に購入しましたがNVIDIA STUDIOドライバー

を入れているのでDavinci Resolve 16でも快適に動いてくれますし、ゲームがしたく

なっても十分な性能があるので通常のユーザーには満足できると思います。

 

ノートパソコンでも動画編集用にゲーミングパソコンを購入する人もいるようなので

ゲームだけじゃなく動画編集用に購入するのもありです。

 

ただし動画編集するだけならCPUとメモリが重要で4K以上の動画編集や

重いエフェクト処理をしない限りではグラフィックスボードは不要なので

動画編集用のクリエイト作業用のパソコンを購入するのが確実です。

 

ゲームもしたいし、動画編集もしたい方にはコスパはいいので選択肢に

入れてみても良いと思いますし、クリエイト作業用のパソコンは高めの

価格設定になっていますし、安いモデルはスペックが低いので個人的には

GALLERIA RT5のRyzen 5 3500搭載モデルを購入しました。

 

プレイステーション Now(ナウ)でPS4やPS3のソフトも遊べますので

PS3やPS4を購入していない管理人は興味がありますし、ソフトバンクから

GeForce Now powered by SoftBankが発表され、eスポーツも日本でも

盛り上がる可能性も高いのと、ゲーミングパソコンも需要が拡大しているので

BTOパソコンメーカーでもゲーミングパソコンを一番アピールしてますので

遊びすぎない程度ににゲームを楽しみましょう。

 

ゲーミングパソコンの入門用としてはGALLERIA RT5はコスパが抜群なので

このブログでもまだまだ紹介していく予定です。

 

当サイトは上記のPCメーカーを使っています
GALLERIA RT5 3500
最新情報をチェックしよう!